0005

[iii] 東京大学大学院情報学環・学際情報学府

http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/

千代田線根津駅から坂を登っていき弥生門から入るのが近い。
工学部二号館は一階にレストランが入っている。
http://www.u-tokyo.ac.jp/map/map01j/e25-j.html

音響空間情報論シャトル・ゼミナール

シャトル・ゼミナールとは、あちこちで自主的なゼミのようなものがはじまり、
それらを相互に結びつけるものを意味している。

参加人数30人弱。約半数が情報学府生。SFC、矢上、東大、芸大、ムサビ、早稲田、
理科大、ICU、阪大、埼玉大など様々なところから来ている。SFCから来ている学生が
多いようだ。学生以外の参加は、SFC、東大、芸大など。おおよそアート系を指向し
ている人が多い。

初日は5時間かかって自己紹介をした。電子メディアを使い自己紹介を効率化するこ
とが重要である。ホームページでWho's whoがわかるような状態にできないか。

課題: やりたいこと、やろうとしていることをペラ紙にまとめてくること


http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/~qq06216/itoken.html

person

小野順子 http://www.02.246.ne.jp/~onore/
東京大学大学院新領域創成科学研究科・環境学 http://www.media.k.u-tokyo.ac.jp/
加藤光 http://www.media.k.u-tokyo.ac.jp/a-kato.html
木村泰一郎 http://www5a.biglobe.ne.jp/~tai-k/
佐藤由紀(悠木) http://www.yuuki-s.com/
中杉啓秋 http://www.sfc.keio.ac.jp/~keishu/
福田貴成 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/8174/
松村誠一郎 http://home3.highway.ne.jp/baby_s/
水田圭 http://www.geocities.co.jp/Milano/7539/
矢内里 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6668/
平倉圭 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4209/

原島苗村研究室のHP http://www.hc.t.u-tokyo.ac.jp/
原島博 顔学会  http://www.hc.t.u-tokyo.ac.jp/jface/index.html
淡野哲 無機能造形 http://www1.odn.ne.jp/~cbi09570/
有馬純寿 昭和40年会 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/2453/s_40simpo.html
阿部大雅 UP 都会の小百姓(歳森勲とのコラボレーション)
http://dolphin.c.u-tokyo.ac.jp/~abeg/UPhomepage/UPhome.html
伊東祥次 ICCニュースクール http://www.ntticc.or.jp/pub/ic_mag/ic029/html/184.html
江渡浩一郎 SoundCreatures http://www.canon.co.jp/cast/artlab/topics/index-j.html
瀬藤康嗣 DENCA, FLOW http://platinum.sfc.keio.ac.jp/~setoh/profile.html
久保田晃弘さんなどとのGNUSICの仕事 http://www.gnusic.net/
水田圭 写経’98シリーズ(鈴木清とのコラボレーション)
http://www.mole.co.jp/parapara/workshop/k_suzuki/talk_suzuki.html

books

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/8/010961+.html#SERIES
http://www.iwanami.co.jp/hotnews/kogaku/index.html
http://www.cgarts.or.jp/CGbooks/joho/index.html
http://www.cgarts.or.jp/CGbooks/CGbooks.html

「<意識>とは何だろうか」
河本英夫「オートポイエーシス」(青土社)

links

http://lecture.ecc.u-tokyo.ac.jp/~quenitox/
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5799/lab/index.html

[iis] 東大生産技術研究所

今度の6/1,2に東大生産技研 openday
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/announce/
六本木のこの建物は今年で取り壊されてしまうので、公開されるのはこれが最後とのこと。


藤森照信教授「建築緑化の新しい試み ―タンポポとニラとマツの家― 」
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/dept5/fujimori.html

建築の緑化について、世界各地での試みと、自分で初めた実験的建築とをスライドで
紹介しながら解説をする。

基本的に、その建築のいい悪いをどう判断するか。それは直観としか言えない。どう
も変だ、これはいい感じがする、など。そこにちょっとづつ身体的説明の言葉が続く。
天気が曇で屋根が全部緑だと欝陶しい、人間の誇りはどうしたんだ、階段がついてる
けど上る人がいない、などなど。全てのデータは建築史的に厳密に検証されるのだろ
うが、根底にあるのはこの直感的判断であること。これが最も面白い部分。

  • 九州の県の第三セクターの建築
  • ドイツ、カッセル、エコビレッジ。失敗例。町全部が緑化されたエコハウス。
  • イギリス、樹状建築。16C?
  • フランス、木をくりぬき二階建チャペルにしたもの。チャペルというか、ほこら。
  • 日本の、屋根のてっぺんの部分にだけ草をはやしたもの。
  • フランスにも同様の建築。

ここから、自分の建築の紹介にはいる。

  • マツ・ハウス。てっぺんにマツの木がぴょろっと生えてる。その回りを銅でふいて

いる。時間がたつと碌青がつき風化してくる。その調和がいい。
建物全体の印象は「バカ殿」。

  • タンポポ・ハウス。これは自分の家。壁にまで溝を作り、タンポポをうえた。

少女趣味的外見になってしまった。

  • ニラ・ハウス。有名な赤瀬川源平氏の家。小田急線のある駅。駅員が場所を教えて

くれる。家の前のガードレールも芝生で包みこんだ。5月にはニラの花が咲いてきれ
い。たしかにこの家は、外見も男性的でとてもきれい。

藤森教授は基本的には笑顔が顔にはりついたような人だった。なにを語るにも根底に
は直感的判断、そして笑いがあることが印象に残った。

電気工学・電子工学・情報通信工学系 (第3部)

喜連川優研 http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/welcome_j.html
100ノード ATM 結合 PC クラスタ
坂内正夫研 http://www.sak.iis.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

	http://shinpro.sak.iis.u-tokyo.ac.jp/report.html{{br}}

舘村純一研 http://www.media.iis.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
CinemaScape −視覚的映画批評空間− http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/
池内克史研 http://www.cvl.iis.u-tokyo.ac.jp/
e大仏 http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/topics/daibutu/daibutsu-press.htm

	http://www.cadcenter.co.jp/{{br}}

東京大学空間情報科学研究センター http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/
http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/~arikawa/
http://vision.ucsd.edu/


安井至研究室 http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/~utsuno/yasui-j.html

	http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/{{br}}

クジラ追跡ロボット

浦研 http://underwater.iis.u-tokyo.ac.jp/
http://underwater.iis.u-tokyo.ac.jp/top/kujira/kujira.html
自律型海中ロボットによる鯨観測を開始
http://underwater.iis.u-tokyo.ac.jp/top/koukai.html
http://www.lab.kdd.co.jp/kdd/lab/marine/marine.html
KDD研究所海洋関連グループ

東大生産技研がザトウクジラの鳴き声を録音するための自走式海中ロボットを開発した。
from 朝日新聞3/10夕刊

従来クジラの鳴き声を録音するためには水中マイクを使っていたが、自走式ロボット
なら移動するクジラを追いかけながら録音できるため、理想的な状況で録音できそう。

[ruby] Ruby

自分のプログラミングを、Rubyを使って進めている。ものすごい楽だ。


Rubyとはなにか。オブジェクト指向スクリプト言語だ。
とかいうことは、あなたはすでに知っているだろう。
そうじゃなく、具体的にどこがそんなにうれしいのかを知りたいはずだ。

まずうれしいところ。Perlで書いていると、簡単に書けていいはずなのにちょっと面
倒な操作というのが、いろいろある。そういう所を省いて書けるのがうれしい。どこ
をどう楽にするか。そこに設計者のセンスがでてくる。Rubyはそのセンスがすげーい
いのだ。しかし単なる省力化でなく、基盤となる部分は本当のオブジェクト指向であ
るという点が、Rubyを非凡なものとしている。

たとえばperlで、改行付きのprintがほしかったりする。

print "hello, world\n";{{br}}

というとき、いちいち最後の\nをつけるのはめんどくさい。
javaだとprintlnがある。Rubyだと、

puts "hello, world"{{br}}

と書けたりする。単なる改行付きprintではないのだが。

もっと短いのは、p だ。あるオブジェクトをinspectする関数。
デバッグのときにはもっとも頻繁に使うだろうものだろう。

文字数が少なけりゃいいってもんなのか? という疑問も生じるだろう。
いいってもんなのだ。そもそも変数にいちいち$をつけるのが面倒だった。


そうすると気になるのは、ブロックを{}じゃなくbegin endで表現するところ。ここ
はどうかと思うのだが、{}よりa-zのほうが打ちやすいという理屈もありうる。

内部コードがUnicodeでないというのは、まったく欠点ではないだろう。

    1. が無いのはどうか。使ってみるとわかるが、eachを使うと++を使う機会がほとんど無い。

perlだと簡単にかけたのにpythonだと面倒になっちゃった、
というところが多少あったりする。

if (/.txt$/) then .....{{br}}

みたいな書き方は頻繁に使う。基本的にRubyは「よりすばらしいPerl」を目指している。


ファイルをまるごと変数によみたいとき、

data = open("hoge.txt").read{{br}}

だけでいい。perlだと、

open(FH, "hoge.txt");{{br}}
$data = "";{{br}}
while(<FH>){{{br}}
  $data .= $_;{{br}}
}{{br}}

close FH;
とかいうふうに書いていた。もっといい書き方ある?

テンポラリーファイルを作るという操作も用意されている。


イテレーターという機能がある。
これは名前からはちょっと想像がつかないが、lambdaのような機能だ。
(lambdaとどう違うのか、内部イテレーター、外部イテレーターの違い?
lambdaそのものもある。要確認。)

処理そのものを渡すという記述が自然にできるようになっている。


さてRubyを修得する価値があるかどうかという疑問。

普段Perlを使っていて、その限界を感じている人にはおすすめ。
すごく単純なスクリプトから、すこしづつのりかえていけばいい。

Javaをすでに使っていて、簡単なスクリプト言語も使いたいという人は、
PerlよりRubyのほうがいい。オブジェクト指向的記述が簡単にできる。

すでにPythonを使っている人。これはどうだろう。
どうしてもRubyにのりかえたほうがいいとは言いきる根拠はまだない。

まだプログラミング言語そのものを使ったことがない人はどうだろうか。
参考書の少なさ、回りに使ってる人がいなさそうなところがあり、
そう簡単にはおすすめできないかも。これからの課題だ。

Rubyは使うことによってプログラミング言語に対するセンス自体が磨かれていくとい
う性質をもってるように思う。そこがこの言語のもっともすばらしい点ではないだろうか。

links:

公式Ruby http://www.ruby-lang.org/ja/
リファレンス http://www.ruby-lang.org/ja/man-1.4/
Ruby freaks http://ruby.freak.ne.jp/

	http://dmoz.org/Computers/Programming/Languages/Ruby/{{br}}

download ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/

	ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/contrib/{{br}}
	http://download.yahoo.co.jp/vector/win/prog/ruby/{{br}}
	http://ring.so-net.ne.jp/archives/pc/gnu-win32/old/cygwin-b20/{{br}}
	http://sourceware.cygnus.com/bzip2/{{br}}
	ftp://sourceware.cygnus.com/pub/bzip2/v095/bzip2095d_win32.exe{{br}}
  • まつもとゆきひろ/石塚圭樹共著「オブジェクト指向スクリプト言語Ruby」アスキー、1999.

Rubyの公式本だが、入門者向けではない。

rubyでCGI http://www.hi-fi-net.com/ruby/cgi/
こういう特定目的のページで、fileのopenなどの基本的な操作に慣れて、それから
公式本を読んだほうがいい。公式本はレファレンスとして、またオブジェクト指向
設計入門として読める。

Perlとの比較 http://pluto.im.uec.ac.jp/~sekita-n/jdocs/perl2ruby.html
rb2c http://easter.kuee.kyoto-u.ac.jp/~hiwada/ruby/rb2c/
Ruby/KAKASI http://www.notwork.org/~gotoken/mag/transtech/
html-parser http://www.jin.gr.jp/~nahi/Ruby/html-parser/README.html

	http://www.jin.gr.jp/~nahi/Ruby/html-parser/html-parser-19990912p1.tar.gz{{br}}

HTTPserver http://www.jin.gr.jp/~nahi/Ruby/ruby.shtml#SampleSvr
SMF module http://www.kt.rim.or.jp/~tadf/ruby-en.html#smf
mid2slg http://www.is.hallab.co.jp/~ando/sakuhin/s2.html

Ruby Ring http://kahori.com/ruby/ring/

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/1409/ruby/

http://www.geocities.com/Athens/Agora/7256/ruby.html

bridges to other languages

福嶋正機 http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~fukusima/
Ruby/Pcap --- libpcap interface

	http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~fukusima/ruby/pcap-j.html{{br}}
	http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~fukusima/ruby/pcap/examples/tcpdump.rb{{br}}

Ruby/Python --- using Python modules from Ruby

	http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~fukusima/ruby/python-j.html{{br}}
	http://www.python.org/{{br}}

SWIG/Ruby --- Ruby Module for SWIG

	http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~fukusima/ruby/swig-j.html{{br}}

Perl module for Ruby

	http://www.bekkoame.ne.jp/~yoshidam/Ruby_ja.html{{br}}

perllib for Ruby

	http://www3.phys.sci.kobe-u.ac.jp/~toki/ruby.html{{br}}

Java Ruby Interface

今日のアルディッティ

COMPOSIUM 2000・アルディッティ弦楽四重奏団の20世紀マラソン

@東京オペラシティ・コンサートホール

  • ストラヴィンスキー/弦楽四重奏のための3つの小品
  • ウェーベルン/弦楽四重奏のための5つの楽章
  • ファーニホウ/弦楽四重奏曲第3番
  • ベルク/弦楽四重奏曲op3

聞き逃してしまった。ウェーベルン、ファーニホウ聞きたかったなぁ。

  • バルトーク/弦楽四重奏曲第3番
  • リゲティ/弦楽四重奏曲第2番
  • クルターク/弦楽四重奏曲第2番「セルヴァンスキー追悼の短いオフィチウム」
  • クセナキス/テトラ

リゲティはよかった。

  • ヤナーチェク/弦楽四重奏曲第1番《クロイツェル・ソナタ》
  • リーム/弦楽四重奏曲第10番
  • アンドリーセン/《死に向かって》

リーム、導入部が面白い。

  • シュニトケ/弦楽四重奏曲第2番
  • 細川俊夫/沈黙の花
  • 西村朗/弦楽四重奏曲第2番《光の波》

光の波、後半部分でリズムのホケットを用いている。

全体としての感想を一言で言えば「猫に小判」だ。
こういうのはもう少し音楽をわかってる人が聞いたほうがいいね。

[Aaron] コンピュータ画家アーロンの誕生

パメラ・マコーダック著、下野隆生訳「コンピュータ画家アーロンの誕生」紀伊国屋書店、1998.
http://www.kinokuniya.co.jp/02f/d06/2_060005.htm

ハロルド・コーエンという抽象画家が、40代になってからコンピュータプログラミン
グをはじめ、コンピュータに絵を描かせるというプログラムを開発してきた、その過
程を追ったドキュメント。

最初アーロンが作った絵を見たときの第一印象はあまり面白そうではなかった。とて
もプリミティブな線画、手先が震えてる感じだけを人工的に作りだした、それだけの
ように思った。本を読んでみて、だいぶ印象は変った。

まず時代が違う。FORTRANの時代に作り初めている。

また方向性は、完全にアーティストとして、絵を書くという方向性だけを探っている。

絵を書くための道具を作る、道具を改良する、といった方向にけっして進もうとして
いない。

自分の頭の中にある絵に対する感性をとりだして具現化しようとしたことは、
ものすごく非凡な行為だ。

この本を読んでようやく、前田ジョンがなにをやろうとしていたのかわかった気がした。

[netatalk] AppleTalk上のプリンターをWindowsからプリントアウトできるようにする方法

% nbplkup | cat -v
で、現在のAppleTalk上の名前を調べる。

AppleTalkのゾーンが複数ある場合、
% getzones
でどんなゾーンがあるか調べてから、
% nbplkup "@South Bahn" | cat -v
のようにする。

              EPSON LP-9000PS2:LaserWriter                        65280.160:128
                   ML801PSII+F:LaserWriter                        65280.161:128
                 Alps MD-2010S:LaserWriter                        69.133:251

みたいにでてくるはず。

% papstatus -p "Alps MD-2010S:LaserWriter@South Bahn"
とすると、idleだとかなにか反応がかえってくる。
かえってこなかったら、プリンター名のところが間違ってるかも。

% pap -p "Alps MD-2010S:LaserWriter@South Bahn" /tmp/hello.ps
として、なにか適当な小さいPostScriptのファイルを作ってそれをプリンターに食わせる。
そうしてそのプリンターがちゃんとそれをプリントアウトしたら、準備OK。
hello.psは、a2psなどで作れる。

# cd /var/spool/lpd
# mkdir md2010s

などというディレクトリーを作る。

# cd md2010s
# echo "Alps MD-2010S:LaserWriter@South Bahn" > .paprc

などとして /var/spool/lpd/md2010s/.paprc というファイルを作る。

/etc/printcap にかきたす。

md2010s|Alps MD-2010S:\

:sd=/var/spool/lpd/md2010s:\{{br}}
:lp=/dev/null:\{{br}}
:mx#0:\{{br}}
:sh:sf:\{{br}}
:lf=/var/log/lpd-errs:\{{br}}
:if=/usr/lib/atalk/filters/ifpap:\{{br}}
:of=/usr/lib/atalk/filters/ofpap:{{br}}

そして、
% lpc
lpc> status
.....
md2010s:

       queuing is enabled
       printing is enabled
       no entries
       no daemon present

lpc>
のように、md2010sのエントリーがでてくるはず。

% lpq -Pmd2010s
% lpr -Pmd2010s /tmp/hello.ps
とすれば出力できる、はず。

ここまでうまくいけば、あとはsambaのプリント機能にまかせてOK。

しかしそううまくもいかないんだよねぇ…。
変なエラーをだされてもわけわからないよ。
AppleTalkの中身がどうなってるか、不透明すぎる。

designcreate page design resources

favicon.ico の作り方
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/J052/0/29.htm
http://wakusei.cplaza.ne.jp/twn/wwwxx031.htm
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw3/pw003841.html
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw3/pw003172.html

robots.txt の書き方
http://info.webcrawler.com/mak/projects/robots/norobots.html

CSS
http://www.hotwired.co.jp/webmonkey/stylesheets/
http://www.w3.org/TR/NOTE-CSS-potential
http://msdn.microsoft.com/workshop/

CSS filter
http://www.hajimeteno.ne.jp/stylesheet/css1/
http://www.hajimeteno.ne.jp/stylesheet/filter/
http://www.hotwired.co.jp/webmonkey/2000/15/index1a.html
http://www.ipc-tokai.or.jp/~miya-ipc/stylesheet/filter/sample/test_sors.html

www.w3.org でのCSS

body {

 font-family: sans-serif;
 color: black;
 background: white;

} ul, p, td, th, li {font-family: sans-serif;}{{br}}

h1, h2, h3 { font-weight: bold; color: black; background: white }{{br}}

span.activity, span.activity { font-family: sans-serif;

                              font-size: .75em }

p.copyright { font-size: smaller }{{br}} p.large { font-size: 1.1em; }{{br}}

.teaser { color: #c80028 }{{br}} .shortquote { font-style: italic }{{br}} /* #actlist { background-color: #fffbf7 }*/
/* W3C Blue. Doesn't work on NN!

   a:link { color: #004f9c; background: white } */

[lightflow] LightFlow

http://www.lightflowtech.com/
LightFlowの2.0がでていた。

http://www.lightflowtech.com/images/bspline4_b.jpg
なかなか衝撃的な画像である。

[Gamelet.com]

Gamelet.comのDavid Collier氏を囲むパーティー。本郷三丁目駅すぐ近くの雑踏ビル
の3Fにデザイン会社?がありその一部がバースペースになっている。2Fが雀荘。

David Collier氏によるJavaプログラムの数々はとても印象的だった。バナー広告と
同じ大きさのエリアにJavaによるゲームを入れこむ。15KBytesに収めるために、Java
のbyte codeを直接書くツールを独自に作り、それで開発している。6502のアセンブ
ラ書きみたいな感じだろうか。
http://www.gamelet.com/

GameRing, 二次元のRPG風の表現のゲーム。コンストラクションのためのツールを作っ
ていて、とても完成度が高い。ソーシャルな関係性を作るためのゲームに力を入れていた。
http://www.gamelet.com/gamering/

JDK1.0.2の制限内で動く3Dのカーレースゲームを作っていた。とてもスムーズ。
http://www.gamelet.com/p/speedway/race.html

マルチプレイヤーゲームシステムも作っている。
http://www.triviabox.com/


ひさしぶりにマットさんとお話した。NASAからでた、今世界中でどこをどんな飛行機
が飛んでいるかをヴィジュアライズする技術のビデオを見せてもらった。リアルタイ
ム版を見てみたい。以前、トーマス・ヴァンサンによる衛星からの画像のエージェン
トをやっていたとのこと。いろいろやってますねー。

あの有名人のNK-EXA 安藤さんに初めてお会いした。わーい。
http://www.nk-exa.co.jp/~andoh/java/d.html
今日は普通の日記みたいでうれしいな。

[ADSL] ADSL

私の会社がようやくADSL接続された。妙なデジャヴを感じた。
よくよく考えたら僕は5年前にDSL接続を体験してたんだった。

1995年にNTT PowernetというNTTのイベントがあり、僕はそこで技術ディレクション
をしていた。そのイベント会場恵比寿ガーデンホールにインターネット接続をするの
に光ファイバーを引くことができず、ケーブルによる1.5Mbps接続をしたのだった。
上りに一本、下りに一本の二本を束ね、対称的な1.5Mbps接続を実現していた。大き
いファイルをftpして本当に1Mbps以上でてるのを確認したときはちょっと感動した。
担当者に「僕の家にもこれ引いてよ」という話をしたのを覚えている。
当時この情報は秘密だった。理由はおわかりだろう。


http://www.mpt.go.jp/pressrelease/japanese/denki/991110j601.html
http://www.zdnet.co.jp/news/0005/30/adsl.html
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/20000428/dgogo12.htm
NTT-MEのADSLサービスを使っている人による記事

shake me

<script>
function shake(n)nosuch plugin | {br

 if (self.moveBy){
   for (i=2; i>0; i--){
     for (j=n; j>1; j--){
self.moveBy(0,i);{{br}}
self.moveBy(i,0);{{br}}
self.moveBy(0,-i);{{br}}
self.moveBy(-i,0);{{br}}
     }
   }
 }

} //shake(7);
</script><a href="#" onMouseOver="shake(7);">shake me</a>

    • >

14

Windows 2000対応SB Live! シリーズ用Live!Ware 日本語版
http://japan.creative.com/support/drivers/sound/sblive-drivers.html

ブライテンベルグ「模型は心をもちうるか」

まったく単純な機械に対する感情移入について。
『ブライテンベルグは研究者であるが同時に神経解剖学者および音楽家でもある。』
http://www.osakac.ac.jp/labs/maeda/Gaiyou-paper.html
僕も勘違いをしていたのだが、彼は模型を作って実験したのではなく、頭の中でシミュ
レーションしただけであの本を書いたのだった。実験の中身については日経サイエン
ス別冊のコンピューターシミュレーションの本にでいた。

[font and typography]

http://www.ops.dti.ne.jp/~robundo/
『文字百景』 http://www.ops.dti.ne.jp/~robundo/moji_hyakkei1.html


http://www.apricoweb.ne.jp/museum/fonthouse/play00.html
ユニバース Adrian Frutiger(1928〜)
フーツラ パウル・レナー(1878〜1956)
タイムズ・ニュー・ローマン Stanley Morison(1889〜1967)
ヘルベチカ Max Miedinger

『1961年になるとドイツのD・シュテンペル社で活字が製造され,名称を「ヘルベチカ」
と付けられました。ヘルベチカとは郵便切手に印刷されているスイスの伝統的なラテ
ン語名ですから,ホフマンを驚かせたといいます。この書体は1960-1970年代にかけ
て,グロテスクの中で世界中でもっとも広く使われた書体となったのです。』

スイスではある時期、法律でHelveticaを使うことを義務づけていたって本当?

ヴィーナスフォート

http://www.venusfort.co.jp/
Caesars Palace http://www.caesars.com/palace/
http://members.xoom.com/chiiki/chiiki-venusfort/home-chiiki-venusfort.htm
http://www.aquarius.co.jp/aquarius/report99/rp991211.html
http://www.internetclub.ne.jp/TODAY/HIRAMOTO/1999/1029HK.html
三菱総合研究所 取締役・社会環境研究センター長 平本一雄
『シーザースパレスのショッピングアーケード「フォーラムショップ」のコピー版に過ぎない』


  • 大前研一、宮本雅史共著「感動経営学 ヴィーナスフォート誕生秘話」小学館、1999.

http://www.businet.ne.jp/free/seminar/attackers/data/list10.html
http://www.businet.ne.jp/free/seminar/attackers/data/list11.html
http://www.attackers.ne.jp/
http://www.ohmae.co.jp/
大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール 講義風景

http://www2.odn.ne.jp/cac62840/syakai12.html


http://www.binet.co.jp/abmb/98toursnap.html
フォーラムショップスはドゴール設計のデザインによる
ホートンプラザ(サンディエゴ)
ジョンジャーディ設計の著名なサンディエゴ・ダウンタウンのショッピングモール

http://www.wakkun.or.jp/sisyou/venusf.htm
http://www.netcity.or.jp/A-Girl/Junco/19990824.html
http://www2.odn.ne.jp/cac62840/right.html


Dougall Design Associates, Inc., Pasadena, CA
http://www.dougalldesign.com/
http://www.uli.org/prf/detail/V26N9.cfm

The emergence and collapse of money

安冨 歩 YASUTOMI, Ayumu
http://www.sis.nagoya-u.ac.jp/frame/profile/ReSug/yasutomi.html
http://krd.roshy.human.nagoya-u.ac.jp/~yasutomi/
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/staff/yasutomi.html
YASUTOMI Ayumu, `The emergence and collapse of money', Physica-D 82 pp.180-94, 1995.
Kei Tokita and Ayumu Yasutomi, `Mass Extinction in a Dynamical System of Evolution with Variable Dimension', Physical Review E, 60 (1999).

WebCamハードウェア

http://linux.nikkeibp.co.jp/column/hardware/2/index.html
http://www.axiscom.co.jp/products/cam_2100/
http://developer.axis.com/
AXIS 2100 中身がLinuxなので使えそう。

他、キヤノン、Victorから発売されている。

Windows98での自動ログオンのしかた

http://www.microsoft.com/windows95/downloads/contents/WUToys/W95PwrToysSet/Default.asp
ここでPowerToysをダウンロードする。
この中のTweakUIというツールに自動ログオンのタブがあって、そこで設定する。
ちなみにWindows98のCD-ROMにもこのTweakUIは入っている。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se044077.html
http://www.forest.impress.co.jp/library/powertoysj.html
PowerToysの日本語化。特に日本語化しなくても使える。

25

"I Have a Dream." Dr. Martin Luther King Jr. (August 28, 1963)
text http://w3.one.net/~mweiler/ushda/dream.htm

http://w3.one.net/~mweiler/ushda/dream.txt{{br}}
http://w3.one.net/~mweiler/ushda/ushda.htm{{br}}

音声 http://www.webcorp.com/civilrights/mlkfr.htm
http://www.lb.u-tokai.ac.jp/quotes/pattern/dream.html

[IBM space saver] IBM Space Saver keyboard

http://www.watch.impress.co.jp/mobile/column/stapa/2000/03/21/
http://www.pckeyboard.com/
$59.00 UNI04C6 http://store.yahoo.com/pckeyboards/ibmspacesaver.html

二種類ある。
IBM 1393278 Space Saver made in the U.S.A.
Unicomp IBM UNI04C6 made in the U.K.

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/991030/price.html#uside0
http://www.users-side.co.jp/newitem/IBMkbd/index.html
http://www.users-side.co.jp/shopping/item1.cgi?periphe/kbd
http://www.users-side.co.jp/catalog/kbd/IBM/UNI04C6/
Unicomp UNI04C6 keyboard, 85 keyboard

15,800円 Unicomp IBM UNI04C6
実物はUSER'S SIDE本店で触って確かめることができる。
しかしよほどの固いキーボード好きでも、実物を触るとちょっとひくと思う。
すげー固くて重くてごついのだ。でもやっぱりしばらくこれにするか。


http://www.users-side.co.jp/catalog/periphe/IBM/SpaceSaver2J/
http://www.ibmlink.japan.ibm.co.jp/AIS-CONS-cgi-bin/AIScgiDep.pl?db=CONS&year=1999&letter_number=OPT99042&caps=N&perc=90&keywords=
IBM Space Saver Keyboard II / 28L3652 スペース・セーバー キーボード II
9,980円 http://www.clevery.co.jp/parts/pkey.htm
http://www.zdnet.co.jp/magazine/vmag/goods/991015/04.html
IBM Space Saver Keyboard II 英語版


キーボードマニア
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/991106/akibatv.html
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/991113/akibatv.html
http://member.nifty.ne.jp/mstart/dream/

28

http://iimori.esst.kyushu-u.ac.jp/CA/ca-faq/soft/soft.html
cellular automata 日本語訳FAQ(未完成)

ソーシャル・テクスト事件

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/6/0056780.html
アラン・ソーカル,ジャン・ブリクモン『「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用――』岩波書店、2000.
◇ 2000年5月24日 発行
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fn/norettaJ.html
ソーシャル・テクスト事件からわかること、わからないこと
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/halJ.htm
訳者、学習院大学理学部物理学科 田崎 晴明 氏
http://www.naee2002.gr.jp/
NAEE2002「新指導要領の中止を求める」
http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/index-j.html
東北大学大学院理学研究科数学専攻 黒木玄
http://www.physics.nyu.edu/faculty/sokal/
Alan Sokal, Professor of Physics, New York University

しかし基本的にはそんなに気にすべき議論じゃないんじゃないか。
ジャック・デリダが議論に値しないと言っていたのが正しいんじゃないだろうか。

lispcreate emacs lisp

http://shakosv.sk.tsukuba.ac.jp/jdoc/Editors/NEmacs/elisp-jman/html/eljman_130.html
日本語のレファレンス。


  • tabを押したとき、indent-relativeでなく、tab-to-tab-stopにする方法

まだわからない。
http://flex.ee.uec.ac.jp/texi/emacs-jp/emacs-jp_101.html
http://flex.ee.uec.ac.jp/texi/emacs-jp/emacs-jp_106.html

SKK

http://skk.kuis.kyoto-u.ac.jp/skk/index-j.html
http://openlab.ring.gr.jp/skk/index-j.html
http://www.kcn.ne.jp/~simm/emacs/skk.html
http://npl.kyy.nitech.ac.jp/comp-doc/emacs/skk_5.html


その他
http://arafune.ushioda.riec.tohoku.ac.jp/~arafune/Debian/emacs/setting.html
http://www.lab3.kuis.kyoto-u.ac.jp/~tsumura/emacs/hhm.html

emacs lispでfunction keyを使う方法

http://www.okunet.gr.jp/~shigeru/emacsen/emacs2.html
ここを参考にした。
M-x describe-function で format-time-string とすると、使い方がでてくる。


;;; 現在編集中のファイルの設定 by eto991125
(defun eto-open-memo () "open memo" (interactive)

 (find-file (expand-file-name "/hoge/memo.txt")))

(global-set-key [(f3)] 'eto-open-memo)
(defun current-month ()

 (format-time-string "%y%m.txt" (current-time)))

(defun eto-open-log () "open log" (interactive)

 (find-file (expand-file-name (concat "/hoge/d/" (current-month)))))

(global-set-key [(f4)] 'eto-open-log)
(defun eto-open-days () "open days" (interactive)

 (find-file (expand-file-name (concat "/www/d/" (current-month)))))

(global-set-key [(f5)] 'eto-open-days)
(defun eto-insert-today () "insert today" (interactive)

 (insert "==================================================")
 (insert (skk-today))
 (insert "\n"))

(global-set-key [(f7)] 'eto-insert-today)
(defun eto-insert-time () "insert time" (interactive)

 (insert (format-time-string "%k:%M%t" (current-time))))

(global-set-key [(f8)] 'eto-insert-time)

32

Neutral/airbus ニュートラル/エアバス HRCD-005
http://www.linkclub.or.jp/~k-fukui/c10.html

Last modified: 2006-09-05