Contents
  1. [inter-music] interdisciplinary musicology
    1. person
    2. books
    3. Gabon: Music Of The Bibayak Pygmies
    4. Anton von Webern
    5. library
      1. MLAJ(音楽図書館協議会) http://www.kunitachi.ac.jp/users/mlaj/
  2. 2
  3. Internet Games
  4. [com] COM, OLE, Win32
      1. PEフォーマットの解析
      2. レジストリーの確認 ntregmon.exe
      3. プロセス、スレッド、ウィンドウハンドル、インスタンスハンドル、メッセージ
      4. http://www.osakapref-sb.ed.jp/vips/vol4.html
      5. http://msdn.microsoft.com/library/techart/msdn_lassesen.htm
      6. GetActiveObject
      7. http://www.att.or.jp/perl/faq/perlwin32faq/perlwin32faq12j.html
      8. http://www.hi-ho.ne.jp/hawk/ole.html
      9. http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q238/6/10.ASP
  5. [Ruby and Win32]
      1. WIN32API使い方
    1. cursor.rb
      1. Win32API at Ruby
      2. ActiveScriptRuby http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9251/ruby/
      3. VisualRuby http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/vruby/
      4. WIN32OLE at Ruby
      5. Ruby for WIN32
      6. 非矩形ウィンドウ at WIN32
      7. その他
  6. 6
  7. 7
  8. PSION
      1. 販売
      2. 例のあれ
  9. 単位
  10. foundations for the arts
  11. [Ruby/Python]
    1. Lightflow with Ruby
  12. graphics modules for Python
      1. python-graphics - PyGraphics -- Enables use of Gist and Narcisse from Python
      2. python-pil - The Python Imaging Library.
  13. 耳式体温計
  14. 新しいオルタナティブ文化
      1. David Toop
      2. 伊東乾
      3. パスカル・カッサニョー
      4. かわぐちよういちろう
      5. 討論
  15. percussion museum
  16. When the Mosaic born
  17. research
  18. VBScript
  19. DOS
  20. 20
  21. [GIF patent and PNG]
  22. banner
  23. 23
  24. GD at Ruby
    1. Ruby extentions関係
  25. lab
  26. Design
  27. 江崎玲於奈
      1. 失敗学
  28. [apache]
      1. document in Japanese
  29. [CGI]
      1. HTTPヘッダ
    1. CGIがうけとる環境変数
  30. 電脳生活の諸問題
      1. 坂村健教授
    1. 東大情報学環 須藤修教授、電子マネー
    2. 富士通、総合デザインセンター長、加藤公敬。
    3. 慶應理工、藤井健、ITS
  31. ACPI対応ethernetカード
    1. Windows2000 ACPI ethernet
  32. [GA]
  33. [TOEFL]
  34. 34

0006

[inter-music] interdisciplinary musicology

シャトル・ゼミの一環として、学際音楽学研究会を開いている。
http://www.gnusic.net/~setoh/music/
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5799/lab/ims.html

person

西尾 http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5799/

	http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5799/lab/index.html{{br}}

瀬藤康嗣 http://platinum.sfc.keio.ac.jp/~setoh/profile.html
阿部大雅 http://dolphin.c.u-tokyo.ac.jp/~abeg/UPhomepage/UPhome.html
大仲文毅 http://www.sfc.keio.ac.jp/~fmtk/index.html
http://artists.mp3s.com/artists/14/chromatic_agent_system.html

books

from setoh
藤枝守氏『響きの考古学』音楽之友社

from 加藤さん
『新しいアンサンブル入門』春秋社、1992
『リズムはゆらぐ』白水社、199?
東京経済大学コミュニケーション学部助教授山田晴通研究室
http://camp.ff.tku.ac.jp/YAMADA-KEN/default.html
渡辺潤氏 http://www.tku.ac.jp/~juwat/index.html

from eto
音楽心理学関連図書案内 http://www.psych.let.hokudai.ac.jp/~abesite/ajpom/book/mbooks-j.html

  • ムーア、B・C・J(大串健吾監訳)、「聴覚心理学概論」誠信書房、1994年、定価4500円(税抜)

http://www.aist.go.jp/NIBH/ourpages/kurakata/Moore/moore.html

  • 赤松友成「イルカはなぜ鳴くのか」文一総合出版、ISBN4-8299-3047-0

http://www.nrife.affrc.go.jp/akamatsu/books.html

  • ロジャーペイン、宮本貞雄+松平頼暁訳「クジラたちの唄」青土社、1997.
  • ピーター・ファン=デル=マーヴェ「ポピュラー音楽の基礎理論」ミュージック・マガジン、1999.
  • 柴田南雄: 音楽の骸骨のはなし, 音楽の友社, 1980(初版 1978)
  • 三輪眞弘の「東の唄」

http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/SongsOfEast.html
http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/CDtexts.html

  • 小林康夫編「現代音楽のポリティックス」書肆風の薔薇、1991.

Gabon: Music Of The Bibayak Pygmies

http://www.ntticc.or.jp/newschool/93/93_j.html
1993年 ICC New School 第9回目、高橋悠治と浅田彰による時間をテーマにしたレク
チャーがあった。様々な民族音楽などのCDを聞きながら進んでいったのだが、その中
でピグミー族の少年が裏声で歌っていて、別の少年がそこに少しずらしたリズムで加
わるという曲があった。この曲が面白く心に残った。後に坂本龍一氏が、中心の無い
音楽、フラットな社会構造における音楽として参照していた。

http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000003IDH/o/qid=960647476/sr=8-1/ref=aps_sr_pm_1_1/002-0582875-5056007
Etudes de "jodis" -- GABON Musique des Pygmees Bibayak / Chantres de l'epopee.
Enregistrement er notice: Pierre Sallee. 1989 Paris. Ocora C 559 053

Gabon: Music Of The Bibayak Pygmies
Ocora (Fra); ASIN: B000003IDH
1. Mebasi Jeu Vocal
2. Etudes De Jodls:: Une Voix / Deux Voix / Trois Voix / Cinq Voix / Six Voix
3. Sequences Polyphoniques: 5 Voix Et Tambour / Et / Choeur Et Percussions
4. Sequences Polyphoniques
5. Chant Et Sanza: Mboumba Patrice Et Leontine
6. Dialogues Avec Les Esprits: Kose / Tsinghi
7. Chantres De I'epopee: Par Akwe Obiang, (Fragment)

  • クヮベナ・ンケティア(J.H.Kwanbena Nketia)、龍村あや子訳「アフリカ音楽」晶文社.

AfroPoly http://www.jah.ne.jp/enterdir/jah_radio/afropoly/
http://www.jah.ne.jp/enterdir/jah_radio/afropoly/text/017.html
http://www.jah.ne.jp/enterdir/jah_radio/afropoly/text/018.html

Anton von Webern

Complete Webern / Boulez
Uni/Deutsche Grammophon - #457637 / May 9, 2000
ASIN: B00004R9F0
http://www.amazon.com/exec/obidos/ts/music-glance/B00004R9F0/qid=960648809/sr=1-1/002-0582875-5056007

library

MLAJ(音楽図書館協議会) http://www.kunitachi.ac.jp/users/mlaj/

http://www.geidai.ac.jp/
http://www.geidai.ac.jp/labs/koizumi/
http://www.africanmusic.org/

2

http://www.microgroup.co.jp/ktc/hpbooks/hp01.htm
2ちゃんねるの本
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/
IEにセキュリティーホール

朝日新聞 6/19月 夕刊 13面 「どこまで進化 携帯電話」
サイバード千葉功太郎氏

[com] COM, OLE, Win32

豊田孝「COMアーキテクチャと実践スクリプティング」翔泳社、1998.
http://www.asahi-net.or.jp/~cj6t-tyt/
COMとは何かについて詳しく、誠実に書かれている。

PEフォーマットの解析

pedump by Matt Pietrek
http://www.suddendischarge.com/ExecutableTools.html
http://msdn.microsoft.com/library/techart/msdn_peeringpe.htm
http://codeguru.earthweb.com/misc/winpe.shtml
http://www.hakodate-ct.ac.jp/~lan/test/free/test/free/tcl8.0jp/win/winDumpExts.c
dumppe by Andrew Schulman
http://www.tbcnet.com/~clive/vcomwinp.html
http://www.fantastic-fishing.com/SCHOOL/Unauthorized%20Windows%2095%20Update.htm
http://ftp.uni-mannheim.de/info/OReilly/windows/win95.update/schulman.html
http://www.ora.com/windows/

quickview.exe (Windows2000にはついてこない?)
dumpbin.exe (VisualBasicに付属)

レジストリーの確認 ntregmon.exe

どのレジストリーがGet, Setされたかをリアルタイムで表示。
http://ftp.ncr.com/support/nt/tools/ntregmon.htm ソースコードもある
http://www.ntinternals.com/ntregmon.htm ????
http://cgi.itamae.server.ne.jp/security/doc/maximumsecurity/docs/v0000017.htm
http://www.netbiz.net.au/SEARCH/NTREGMON.HTM

プロセス、スレッド、ウィンドウハンドル、インスタンスハンドル、メッセージ

SPYXX.EXE (VisualC++に付属) by Jeffrey Richter

NthandleEx.exe
http://www.internetworking.co.il/ntfiles.htm
http://delta.satweb.co.za/downloads/Jan1999/
http://aquarius.franken.de/software/system/MS/www.sysinternals.com/handshot.htm

APISPY.EXE


application = WIN32OLE.new('Excel.Application')

というコードがあるとして、'Excel.Application'の実体はどこにあるのか?
regeditをひらき、
HKEY_CLASSES_ROOT/Excel.Application
の中に CLSID がある。これが実体だ。
この値を元にプログラムを起動させる。
これをOLEオートメーションサーバーとか言うらしい。


http://search.microsoft.com/japan/SearchMS.asp

InternetExplorer.Application
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/workshop/languages/clinic/scripting091399.asp
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/jpwebwk/languages/clinic/scripting091399.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/jpperiod/period98/MSDNNews/98_56/DRGUI.HTM
http://www.computer-consulting.com/browctrl.htm
http://www.winscripter.com/index.asp?content=/howto/com/progid.html

http://www.osakapref-sb.ed.jp/vips/vol4.html

DWebBrowserEvents
http://www.microsoft.com/java/sdk/40/start.htm?http://www.microsoft.com/Java/sdk/40/packages/pkg_ie_147.htm
http://www.microsoft.com/java/sdk/40/start.htm?http://www.microsoft.com/Java/sdk/40/packages/pkg_ie_151.htm
http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q192/5/01.ASP

http://msdn.microsoft.com/library/techart/msdn_lassesen.htm

http://msdn.microsoft.com/training/free/chapters/mmd6/mmd9800287.htm
http://www3.tok2.com/home/infear/top.html


EnumWindows
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/psdk/jpuipf/_win32_enumwindows.htm
http://www.microsoft.com/japan/developer/library/default.asp?URL=/japan/developer/library/psdk/jpuipf/_win32_enumwindows.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/jpuipf/_win32_enumwindows.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/devprods/vs6/visualj/vjcore/vjcondeclaringmethodthattakescallback.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/odeopg/deovrcallingcallbackfunction.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/devprods/vs6/vbasic/VBCon98/vbconpassingfunctionpointerstodllprocedurestypelibraries.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/VBCon98/vbconpassingfunctionpointerstodllprocedurestypelibraries.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/odeopg/deovrcreatingcallbackfunction.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/odeopg/deovrwhatiscallbackfunction.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/devprods/vs6/visualj/vjcore/vjconinvokingfunctionthattakescallback.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/odeopg/deovrrelatingobjectswithobjectproperties.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/psdk/jsdk/jsdk_pg_how_data_types_are_marshaled.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/jsdk/jsdk_pg_how_data_types_are_marshaled.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/dsmsdn/msdn_drguinat.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/psdk/jpuipf/_win32_findwindow.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/psdk/jpuipf/_win32_findwindowex.htm
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/J041/6/32.htm
[SDK32]Win32 でアプリケーションを列挙する方法

GetActiveObject

http://store.nikkeibp.co.jp/msp/book/10584/10584c.html

http://www.att.or.jp/perl/faq/perlwin32faq/perlwin32faq12j.html

  • OLEタイプブラウザ
  • Visual Basic Editor -> F2でオブジェクトブラウザ画面
  • OleViewプログラム(名前やバージョンはいろいろ)

Microsoft COM Webサイトからダウンロード
http://www.microsoft.com/com/
http://www.microsoft.com/com/resources/oleview.asp

http://www.hi-ho.ne.jp/hawk/ole.html

http://www.hi-ho.ne.jp/hawk/com.html

http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library/devprods/vs6/visualc/vclang/_pluslang__com_ptr_t.3a3a.getactiveobject.htm

http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q238/6/10.ASP

Running Object Table (ROT)

http://msdn.microsoft.com/library/psdk/automat/chap5_9o38.htm
http://msdn.microsoft.com/library/psdk/automat/chap5_22cz.htm
RegisterActiveObject http://msdn.microsoft.com/library/psdk/automat/chap5_2k38.htm
http://msdn.microsoft.com/library/psdk/automat/chap2_9nqr.htm

http://www.microsoft.com/MSJ/0895/activex0895.htm
http://msdn.microsoft.com/library/books/inole/S1232.HTM
GetActiveObject: Retrieves the IUnknown pointer for the most recently
registered active object or a given CLSID through IRunningObjectTable::GetObject.

[Ruby and Win32]

WIN32API使い方

ruby-1.4.5/ext/Win32API/Win32API.c を元に解説する。

getCursorPos = Win32API.new("user32", "GetCursorPos", ['P'], 'V')
のようにして使う。

引数は、
Win32API.new(dllname, proc, import, export)
dllname 読みこみたいdllのファイル名から.dllをとったもの。
proc そのdllの中の実行したいプロセスの名前

import Rubyからdllにわたす引数の形式を文字列で指定。(大文字小文字の違いは無視)
N, n, L, l 数値
P, p ポインター
I, i 整数

export dllからRubyに渡す値。つまり帰り値の形式を文字列で指定。(大文字小文字の違いは無視)
V, v void。つまり返り値無し
N, n, L, l 数値
P, p ポインター
I, i 整数

このようにしてnewしてできたオブジェクトにcall methodをよんでやる。
getCursotPos.call(lpPoint)
というように。

cursor.rb

#!/usr/bin/env ruby{{br}}
# by eto 000628{{br}}
# APIについては http://www.wombat.or.jp/tomoyashuttle/shtml/vbapi/CursorPos.htm を参照{{br}}
# Private Declare Function GetCursorPos Lib "user32" (lpPoint As POINT) As Long{{br}}
# Private Declare Function SetCursorPos Lib "user32" (ByVal x As Long, ByVal y As Long) As Long{{br}}

require 'Win32API'{{br}}

def get_cursor_pos{{br}}
  lpPoint = " " * 8 # store two LONGs
  Win32API.new("user32", "GetCursorPos", ['P'], 'V').Call(lpPoint)
  p lpPoint.unpack("LL")
end{{br}}
get_cursor_pos{{br}}

def set_cursor_pos(x, y){{br}}
  Win32API.new("user32", "SetCursorPos", ['i', 'i'], 'V').Call(x, y)
end{{br}}
set_cursor_pos(100, 100){{br}}

Win32API at Ruby

ソース http://cvs.netlab.co.jp/cgi-bin/cvsweb/ruby/ext/Win32API/Win32API.c
http://www.microsoft.com/japan/developer/winds/sdk/sdk.htm

http://cvs.netlab.co.jp/doc/ruby/examples/Win32API/point.rb
http://cvs.netlab.co.jp/doc/ruby/examples/Win32API/getch.rb
ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/pc/rbcw143-Win32API.zip
きちんとした説明ページはどこにあるのだろう?

ActiveScriptRuby http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9251/ruby/

JScript, VBScriptと同じようにRubyScriptが使える。
MIDAS Digital Audio System http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/1409/ruby/midas.html

VisualRuby http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/vruby/

Ruby on Windows link http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/software/rubyonwin.html
mciplay.rb http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/software/ruby.html#mciplay
CyclicAgent http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/software/ruby.html#cyclicagent
MS AgentをRubyから駆動

WIN32OLE at Ruby

WIN32OLE http://homepage1.nifty.com/markey/ruby/win32ole/index.html
mkcom http://homepage1.nifty.com/markey/ruby/script/mkcom.html
Ruby/GTK http://homepage1.nifty.com/markey/ruby/gtk-win/index.html

Access97 meets Ruby http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/1409/ruby/access.html

DAO+Ruby http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/9297/html/ruby.html

http://ruby-lang.jaist.ac.jp:8000/jp/workshop/ws2.txt

Ruby for WIN32

Ruby Win32 http://homepage1.nifty.com/arima/ruby/index.htm

guion http://member.nifty.ne.jp/guion/SOFT/INDEX.HTM
MIDI to score, RubiMidi

WINGKR http://members.xoom.com/badooley/wingkr/
Win32 Gui Kit for Ruby by Bryce Dooley. But it stopped at 10/9/99.

非矩形ウィンドウ at WIN32

http://www.bekkoame.ne.jp/~yoshidam/
http://www.bekkoame.ne.jp/~yoshidam/rubychan0_5.zip

VisualuRuby中のswin.dllが必要
http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/software/vrproject.html
http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/vruby/core.html
http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/vruby/vruby_exe.lzh
『CYGWIN版ruby-1.4.4でのswin.dllの実行形式』をダウンロードし解凍すると、swin.dllがはいっている。

reference http://www.threeweb.ad.jp/~nyasu/vruby/referer/index.html

その他

http://www.isc.meiji.ac.jp/~ee77038/ruby/about/sample.html
sampleのie.rbが、インターネットエクスプローラ制御デモだ。使用ライブラリ win32ole
topics http://ruby.freak.ne.jp/ml/topics.html
ruby api http://www.ueda.info.waseda.ac.jp/~igarashi/ruby/xml.html#rubyapi2
png http://www.isc.meiji.ac.jp/~ee77038/

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/1409/ruby/ruby_link.html
Ruby link
http://www1.mirai.ne.jp/~gyo/xyzzy.html#ruby-mode
ruby-mode.el

foundations for the arts

http://www.yahoo.co.jp/arts/organizations/foundations/
日本芸能実演家団体協議会(芸団協) http://www.geidankyo.or.jp/index.htm
NPOと芸術団体 http://www.geidankyo.or.jp/web/gx_5.htm
日本文化藝術財団 http://www.jpartsfdn.org/
芸術文化振興施策 メディア芸術の振興 http://www.bunka.go.jp/3/2/III-2-E.html

				http://www.monbu.go.jp/hakusyo/1999jpn/j2-ch09.html{{br}}

ローランド芸術文化振興財団 http://www.roland.co.jp/found/index.html
文化庁派遣芸術家在外研修員 http://www.bunka.go.jp/2/1/II-O.html

				http://www.cgarts.or.jp/CGhaken/CGhaken.html{{br}}
				http://www.cgarts.or.jp/CGhaken/hakenetc.html{{br}}

映画部門 http://www.bunka.go.jp/2/1/II-L-1.html

[Ruby/Python]

http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~fukusima/ruby/python-j.html
http://www.goto.info.waseda.ac.jp/~fukusima/ruby/ruby-python-0.3.2.tar.gz
Ruby/PythonはWin32版は用意されていない?

まずdselectでpython-dev
普通にruby-pythonをインストール。以下のファイルがインストールされる。
python.so -> /usr/local/lib/ruby/1.4/i686-linux/python.so
chmod 0555 /usr/local/lib/ruby/1.4/i686-linux/python.so

examples/hello.rbを実行。
examples/html.rbを実行するためには、python-netをいれておく。
formatter.pyを以下から持ってきて /usr/local/lib/python1.5/site-packages にいれた。
http://www.musi-cal.com/~skip/python/Python/Lib/formatter.py
% python html.py http://www.imrf.or.jp/
% ruby html.rb http://www.imrf.or.jp/
これが同じ動作をすることを確認。

Lightflow with Ruby

http://www.lightflowtech.com/
Lightflowはpython用moduleしか用意されていない。
そこでRuby/Pythonを使い接続した。


#!/usr/bin/env python{{br}}
import lightflowPM{{br}}
s = lightflowPM.scene(){{br}}

% ./ball1b.py

Lightflow Rendering Tools
Copyright (c) 1995-2000 by Jacopo Pantaleoni. All rights reserved

%


これをRuby/Pythonに変換した。


#!/usr/bin/env ruby{{br}}
require 'python'{{br}}
require 'python/lightflowPM'{{br}}
s = Py::LightflowPM::scene(){{br}}

% ./ball1.rb

Lightflow Rendering Tools
Copyright (c) 1995-2000 by Jacopo Pantaleoni. All rights reserved

%


問題なく実行可能になった。(0.3.1では対応されていなかった。)
もう少し長い例。


#! /usr/bin/env python{{br}}
from lightflowPM import *{{br}}
s = scene(){{br}}
s.lightOn( s.newLight( "point", [ "position", vector3( 5.0, -5.0, 4.0 ), "color", vector3( 300.0, 300.0, 300.0 ) ] ) ){{br}}

#!/usr/bin/env ruby{{br}}
require 'python'{{br}}
require 'python/lightflowPM'{{br}}
include Py::LightflowPM{{br}}

def list(l){{br}}
  l.gsub!(/vector3/, 'lightflowPM.vector3')
  Py.eval(l)
end{{br}}

s = scene(){{br}}
s.lightOn( s.newLight( "point", list('[ "position", vector3( 5.0, -5.0, 4.0 ), "color", vector3( 300.0, 300.0, 300.0 ) ]') ) ){{br}}

という対応関係になる。Listでデータのやりとりをしているところが、
ちょっと面倒になる。しかし無事Rubyでレンダリングできるところまでいったぜ。


ruby-python-0.3.1 の段階では、上の操作はできなかった。0.3.2から対応。
詳細はruby-extメーリングリスト参照。


ruby <=> python
http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-talk/1528
http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-list/18967

graphics modules for Python

python-graphics - PyGraphics -- Enables use of Gist and Narcisse from Python

The Python Graphics package for Debian/GNU Linux currently supports the Gist package only.
o The Python Gist Scientific Graphics Package is a set of Python

 modules for production of general scientific graphics.

python-pil - The Python Imaging Library.

The Python Imaging Library (PIL) adds an image object to your Python
interpreter. You can load image objects from a varietyof file formats, and
apply a rich set of image operations to them.

Image Objects:
o Bilevel, greyscale, palette, true colour (RGB), true colour with transparency (RGBA).
o colour separation (CMYK).
o Copy, cut, paste operations.
o Flip, transpose, resize, rotate, and arbitrary affine transforms.
o Transparency operations.
o Channel and point operations.
o Colour transforms, including matrix operations.
o Image enhancement, including convolution filters.

File Formats:
o Full (Open/Load/Save): BMP, EPS (with ghostscript), GIF, IM, JPEG, MSP,

 PDF, PNG, PPM, TIFF, XBM.

o Read only (Open/Load): ARG, CUR, DCX, FLI, FPX, GBR, GD, ICO, IMT, IPTC,

 MCIDAS, MPEG, PhotoCD, PCX, PIXAR, PSD, TGA, SGI, SUN, TGA, WMF, XPM.

o Save only: PDF, EPS (without ghostscript).

新しいオルタナティブ文化

討論会 @東京日仏学院 は行けず。
シンポジウム @日仏会館、

David Toop

BBCが権力をもっていた。フリーラジオ。
1958, オーネットコールマン、フリージャズ、サムシングエルス
1959, John Cage、非決定性、David Tudor
1959, James Brown、アールフォークレイジー、ソウルミュージック

伊東乾

パスカル・カッサニョー

演劇空間としてのインターネット。公的空間。

[アカウントを得ることが市民権を得ることにつながるのか?]{{br}}

ハバーマス、公的空間の構築。19世紀に躍進。
20世紀、その修正。または強化。

ダテキョウコ。アバター。

Alpha World。

jodi, remedy

かわぐちよういちろう

いままでの作品ビデオ。

討論

http://www.ifjtokyo.or.jp/

percussion museum

"Octopus Octopassages" 菅原淳とその仲間達演奏、紀尾井ホールにて。
野生味溢れる演奏。八種類の異なる趣向の小品。

とても面白かった。
しかし音楽を聞いて本当に面白いと思って感動したことは、ほとんどない。
今回も、とても面白かったが感動したわけではない。
音楽ってなんだろう、それを聞いて面白いと思うことってなんなんだろう。
そんなことを考えてしまった。

紀尾井ホール http://www.kioi-hall.or.jp/

When the Mosaic born

Mosaicがいつ生まれたか。
http://www.brl.ntt.co.jp/~takada/ml/archive/infotalk/199304/19930423.html

From: marca@ncsa.uiuc.edu (Marc Andreessen) Subject: NCSA Mosaic for X 1.0 available. Date: Thu, 22 Apr 1993 08:02:33 GMT

Version 1.0 of NCSA Mosaic for the X Window System, a networked information systems and World Wide Web browser, is hereby released:

file://ftp.ncsa.uiuc.edu/Mosaic/xmosaic-source/xmosaic-1.0.tar.Z .../xmosaic-binaries/xmosaic-sun.Z .../xmosaic-binaries/xmosaic-sgi.Z .../xmosaic-binaries/xmosaic-ibm.Z .../xmosaic-binaries/xmosaic-dec.Z .../xmosaic-binaries/xmosaic-alpha.Z .../xmosaic-diffs/xmosaic-0.13-1.0-diffs.Z

とのことで、1993年4月22日がxmosaic1.0の誕生日としていいだろう。
それ以前のversion、xmosaic0.1などの誕生日はいつだろう?

20

日々の活動全てを文章で記録するというのは不可能だ。
文章を書くのにも時間がかかる。
全てを記録しようとすると、記録しようとする行為に時間がかかるようになり、
結局行動する時間がなくなってしまう。
活動を記録することに義務やインセンティブがない限りこれは解消しない。

しかし意識的に記録しようとしなくとも自動的に記録ができるシステムが
構築できたとしよう。活動を阻害せずに記録をとることができるようになるとしよう。
このような記録がいったいなんの役に立つだろうか。
いろいろなことに、すごく役に立つと思うのだ。

例えば具体的には、ebayの購入記録を思いうかべてみよう。
ある参加者が、なにを出品したか、なにを購入したか、過去にさかのぼって
全てわかってしまう。この情報は、その人から何かを買おうとしたとき、
売ろうとしたとき、すごく有益だ。
しかしそれだけでなく、その人の趣味というものもわかる。
そこから思いがけない人との繋がりができるかもしれない。

amazon.comでは、これまでの購入記録から判断して、最新の本からおすすめの本を
選んで出してくれるようになった。

これらは商業的な分野である。amazon.comはB2Cといっていいだろう。
この分野においてこのような行動記録をとり販売に役立てるインセンティブが
はたらいているのは明白だろう。

ebayはB2Cというよりも、C2Cという側面がある。
これをWeb based communityと呼んでいる。
普通communityというとお金のやりとりは含まないが、
これはお金のやり取りをするcommunityCだ。
なので購入・出品行動の記録をとり公開する価値があるのはわかる。

お金をからまないWeb based communityにおいても、このような行動記録分析は
有用だろうか。これが有用になるようなシステムは構築できるのではないだろうか。
しかしそれが最終的にどのように利益を上げるのかはすぐには見えない。

また、いわゆる購入記録だけでなく、どんなWebサイトを見にいくかとか、
どのような曲をチェックしているかなども分析できる。
生活の様々な局面が、例えばITSなどのように電子化されていけば、
さらに知ることのできる要素が増えていく。

これを単に販売促進目的で使うこともできるだろうが、
そうではなくその情報を発っした本人が本人の利益となる目的のために
使用するシステムを作ることはできはずではないだろうか。

おそらくもっとも有効なのは、
これが地域通貨のようなメカニズムと結びついたときではないだろうか。

[GIF patent and PNG]

http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2000/0210/lzw.htm
http://www3.cds.ne.jp/~marimo/agree-png/

一般にはGIFファイルを制作したソフトウェアがLZWを使用するライセンスを結んでい
る場合は、つまり例えばPhotoshopなどを使って作ったGIFファイルを公開する場合は
まったく問題がない。しかしある種のフリーソフトのようにライセンスを結んでない
ソフトでは問題になる。

ImageMagikはずいぶん前から、LZWアルゴリズムを使わないGIFファイルしか生成でき
ないようになっているように思う。これだったら大丈夫。特許に抵触しない。
その後、Photoshopのアクションなどで、GIFを圧縮しなおせばいいのではないだろうか。
GDなどその他のgifファイルを生成するフリーソフトもみなこのような方向。

GIFアニメはどうするか。これは大問題。一つの解決作はmpegにすること。
mpeg_encodeというフリーソフトを使うとgif animを作るのと同じくらい簡単に作れ
る。しかしGIFアニメと同じような気軽さで文章にはうめこめないのが難点。


gifsicle http://www.lcdf.org/gifsicle/
http://pantodon.shinshu-u.ac.jp/Bookmarks/Graphics.html

banner

普通の大きさのバナー 468×60
小さいアイコン 88×32

GD at Ruby

まずdselectで
libgd1g
libgd1g-dev
libgd1g-tools
を入れる。gddemoなどで動作確認する。

ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/contrib/
ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/contrib/GD-0.6.2.README
ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/contrib/GD-0.6.2.tar.gz
これを落してくる。解凍し、READMEを読む。

ruby-1.4.4.tar.gz の sample/rename.rb をもってくる。
% ruby rename.rb GD.c > tmp.c
% mv tmp.c GD.c
とする。

extconf.rb をかきかえる。

! $CFLAGS = "-I/usr/include"{{br}}
! $LDFLAGS = "-L/usr/lib"{{br}}
  have_library("m", "floor")
! #$lib_cache.delete("gd")		# disable cache{{br}}
% ruby extconf.rb
% make
# make install
% ruby example.rb > tmp.gif

これでtmp.gifがちゃんとできてればOK。

Ruby extentions関係

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~brew/mine/ja/ruby/hack/class.html
http://kt-www.jaist.ac.jp:8000/~ttate/lang/ruby/howto-ext2.html

Designcreate

Peter Bentley http://www.cs.ucl.ac.uk/staff/p.bentley/
Peter Bentley "A Summary of Evolutionary Design" AI in Design '98 (1998)

江崎玲於奈

http://www.mei.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn980623-2/jn980623-2-3.html
[6]エサキダイオード 不純物の添加を多くした半導体を用い、トンネル効果を利用
して、電圧を増やすとかえって電流が減る、いわゆる負性抵抗特性を持つようにした
ダイオード。1957年、江崎玲於奈氏の発明。別名、トンネルダイオード。

  • 江崎玲於奈「創造力の育て方・鍛え方」講談社

http://www.otemachi.ibm.co.jp/company/society/science/shinsain.html
クイズ http://jf3mxu.wisnet.ne.jp/licence/eleq2s1.html
http://www.honya.co.jp/contents/yfuruse/project/1957.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/8930/qed_06.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhs5135/qed.txt

失敗学

http://www.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj1999/sinboj99-11/sinboj991101/sinboj99110174.htm
戸部良一他共著「失敗の本質」中公文庫

[CGI]

HTTPヘッダ

Shishir Gundavaram「CGIプログラミング」オライリー・ジャパン、1996.
http://www.oreilly.co.jp/BOOK/cgipro/
p.44 Content-Type: text/html
p.48 Location: http://www.yahoo.com/
p.51 Pragma: no-cache
など。

CGIがうけとる環境変数

コマンドラインから入力した場合
HTTP/1.1 200 OK
Date: Mon, 12 Jun 2000 07:01:42 GMT
Server: Apache/1.3.3 (Unix) Debian/GNU
Connection: close
Content-Type: text/html

DOCUMENT_ROOT=/var/www
PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin
REMOTE_ADDR=127.0.0.1
REMOTE_HOST=localhost
REMOTE_PORT=4298
SCRIPT_FILENAME=/var/www/http
SERVER_ADMIN=Kouichirou Eto
SERVER_NAME=eto.imrf.or.jp
SERVER_PORT=80
SERVER_SIGNATURE={{br}} SERVER_SOFTWARE=Apache/1.3.3 (Unix) Debian/GNU
UNIQUE_ID=OUSK1soT7EkAAGDOBGg
GATEWAY_INTERFACE=CGI/1.1
SERVER_PROTOCOL=HTTP/1.0
REQUEST_METHOD=GET
QUERY_STRING={{br}} REQUEST_URI=/xxxx
SCRIPT_NAME=/xxxx

IEから入力した場合
DOCUMENT_ROOT=/var/www
HTTP_ACCEPT=image/gif, image/x-xbitmap, image/jpeg, image/pjpeg, application/vnd.ms-powerpoint, application/vnd.ms-excel, application/msword, */*
HTTP_ACCEPT_ENCODING=gzip, deflate
HTTP_ACCEPT_LANGUAGE=ja
HTTP_CONNECTION=Keep-Alive
HTTP_HOST=eto.imrf.or.jp
HTTP_IF_MODIFIED_SINCE=Mon, 12 Jun 2000 06:29:31 GMT
HTTP_IF_NONE_MATCH="3b3c5-6d-3944834b"
HTTP_USER_AGENT=Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)
PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin
REMOTE_ADDR=202.19.236.xx
REMOTE_HOST=xxxxx.imrf.or.jp
REMOTE_PORT=1164
SCRIPT_FILENAME=/var/www/http
SERVER_ADMIN=Kouichirou Eto
SERVER_NAME=eto.imrf.or.jp
SERVER_PORT=80
SERVER_SIGNATURE={{br}} SERVER_SOFTWARE=Apache/1.3.3 (Unix) Debian/GNU
UNIQUE_ID=OUSLEcoT7EkAAGDRG3Y
GATEWAY_INTERFACE=CGI/1.1
SERVER_PROTOCOL=HTTP/1.1
REQUEST_METHOD=GET
QUERY_STRING={{br}} REQUEST_URI=/xxxx
SCRIPT_NAME=/xxxx

続きがあった場合
REQUEST_URI=/http/www.yahoo.com
SCRIPT_NAME=/http
PATH_INFO=/www.yahoo.com
PATH_TRANSLATED=/var/www/www.yahoo.com

電脳生活の諸問題

乃木坂 学術会議にて、TRONシンポジウム。

坂村健教授

東大情報学環 須藤修教授、電子マネー

http://www.sudoh.isics.u-tokyo.ac.jp/

ヨーロッパだとITじゃなくて、ICT。
ナレッジベースドソサエティ。

インターネットで発展したところ。

  • シリコンバレー、スタンフォードを核に
  • サンディエゴ、waveを核にしつつある
  • Research Triangle
  • Austin (シリコンヒル、<!--IBM, ETSがファンド-->)
  • Finland、wave
  • Singapore、金融。

世界競争力レポート1999
日本、教育、経営がよわい。

アメリカ。ゆとり教育、体験教育を導入して、失敗。
ブッシュからクリントンにかけて、数学と理科の時間を大幅にふやした。
これからは歴史教育。

デジタル革命。
1995-1998、IT産業はGTPの8%, 実質経済成長の35%
クルーグマンの意見、生産性なんて上ってないじゃないか。
たしかに1994年までは生産性があがってない。
しかしクルーグマン、今年一月に、ITにより生産性があがったことをみとめた。
グリーンスパン、ITがささえている。
ゲネスアロー、ITだ。

MITI http://www.jipdec.or.jp/
e-Business
B2C 日本 アメリカ
1998, 6000億, 2兆
2003, 2兆 20兆
B2B
2003 68兆 200兆

B2C, アメリカ、自動車が一番うれてる。

B2B, 額はB2Cの10倍くらい。電子部品、自動車。
建設業界、670万人いる。半減する可能性がある。
2003年には公共事業の入札がECになる。50兆円産業が動きだす。

B2B、CALS, ASP。金になる。
富士通の<!--竹橋の-->データセンター、NTTのVerioの買収。
B2C、金にならない。不特定多数を相手にすると問題が多数ある。

イトーヨーカドウ、ソニー、とよた、ファミマが決裁銀行に参入。
シティバンクに10万ドル以上口座にあると、コンサルしてくれる。
どの株に投資するといいですよとか。
シアトルの40階の部屋がいいと言えば、とってくれる。
何時のビジネスクラスがいいといてば、とってくれる。
技術+ビジネスモデルがここにある。重要。

B2B
eMarketplace, i2Technology http://www.i2j.co.jp/
NTTコムから出向。コマースワン。

B2C
e-Bay http://www.ebay.com/
参加者の相互評価システムが重要!
売ってる人の取り引き履歴がすべてみれる。
★「Web based community」キーワード
3000種類、1億3000万点の商品が売買されている。
e-Trade http://www.etrade.com/
証券取引サービス。
クッキーやエージェントの使用。
ヨーロッパでは法律でそれをやるなと、水面下でやってる。

Heltheon
Third Age
も同じ。

One to One marketingが重要。
個人情報をとるのが簡単。行動分析ができる。
しかし悪用もできる。
Personalized Information Database
Intelligent Agent
Secure On Line System

MONEX, SONYからでた証券会社。
<!--いつ黒字に転換できるか。企業秘密。Webでとりひきするのは不可能。本契約は紙が必要。発送業務が必要。-->
電子署名法がきまった。来年4月にはPKI、電子署名でデジタル化できる。
暗号で改竄できなくなる。本人確認がお互いできる。

PKI
秘密鍵はICカードにしよう。PCカードなどでつっこむ。
ドイツでは、秘密鍵はICカードにするという法律。
多機能カードを使う。アルゴリズムを複数もつのかな。

多機能ICカード
VISA, Javaカード。
非接触カード。
<!--次世代ICカードシステム研究会。27億、通産からついた。-->

イタリア、シェナ・カード。
表、電子マネー、磁気ストライプ、納税者番号、絶対必要。
<!--なぜか。証券の取引がふくらんでる。スイスの銀行につっこめば、脱税できる。-->
EUは動きだした。納税者番号を付加して、インターネット課税している。
アメリカは議会が反対している。

電子政府。
消費者保護。悪徳業者はグローバルに存在する。法律は通用しない。
セキュリティの確保と認証。
個人情報保護。
知的所有権。

富士通、総合デザインセンター長、加藤公敬。

ヒューマンインターフェースデザイン。
ユニバーサルデザイン、公共機器、ATM

  • デザイン企画部
  • プロダクトデザイン部
  • ソリューションデザイン部

エルゴノミクス。人体のスケールの問題。
キーボードの問題。

ユニバーサルデザイン。バリアフリー。

スペースデザイン、業務分析。

GUIデザイン。

BesTool, 富士通独自のクリップアート、テンプレート、カラーパレット。

ユーザビリティ評価。部屋をつくった。

次期ATMのインターフェイス。

ATM操作性評価。盲人、高齢者などからも評価。

専門家。

ハンドセットとテンキーで操作。音声操作。

全盲の方、郵便局の理由が50%。
仕様が同一。店舗がコンパクト。マニュアルが完備。

銀行、仕様が不統一。店舗が大きい。特に、ガイドロープがくせもの。

点字、音声のみならず、機器の「作動音」がでがかりになる。

視覚、大きい必要はない。冗長になる。
個々のボタンがはっきり区別できるように。四角より丸がいい。

点字はボタンの手前におくべし。

杖をかけるところをつくったが、アナウンス不足だった。

文字はコントラストを大きく、18ポイント以上。
弱視者問題研究会と連絡。

金額は、 1 , 000 , 000 円みたいに、余白をとって表示。

小さいことから改善する。
改善したら、的確に伝達すべし。
デザインにポリシーをもつべし。
障害者の方とネットワークをもつ。

富士通のATMがならんでる様子。

紙の伝票で入力したら、どうなるか。
すごーく人手がかかっている。

慶應理工、藤井健、ITS

ACPI対応ethernetカード

[GA]

GAlib http://lancet.mit.edu/ga/

http://sal.linet.gr.jp/Z/3/GALIB.html{{br}}
http://sal.linet.gr.jp/Z/3/index.shtml{{br}}

34

Last modified: 2006-09-05