Contents
  1. '60s
  2. [ICANN]
  3. MACHINE
  4. [inter-music] interdisciplinary musicology
  5. etc.
      1. SOI(School of Internet)
  6. electronica Ars Electronica info.
      1. ラマダホテル Ramada Hotel
      2. ゴルデナーアドラー Goldener Adler
      3. ホテルヴォルフィンガー Hotel Wolfinger
      4. ゾマーハウスホテル Sommerhaus Hotel
      5. 03-3582-0936 オーストリア政府観光局
    1. Linz restaurant guide
      1. Kremsmunsterer Stuben
      2. Ursulinhof
      3. Steiglbrau zum Klosterhof
      4. Urbanides (ウルバニデス)
      5. Schlosscafe
      6. Golderner Adler & 1. Linzer Nudeloper
  7. [chaos] ストレンジアトラクタ
      1. 池田満寿夫「美の値段」光文社、1990.
      2. アンディー・ウォーホール、パット・ハケット「ポッピズム」リブロポート、1992.
  8. フーコー
  9. MCIの使い方
      1. http://www.galliver.co.jp/writing/msdn/msdn16/
      2. http://www.galliver.co.jp/writing/msdn/msdn15/index.html
  10. DirectX
      1. DirectMusic
  11. win32api How to use Win32API on Ruby
    1. Rubyと私
  12. Web access statics
      1. analog http://www.analog.cx/
      2. webalizer http://www.mrunix.net/webalizer/
  13. 映画史まだやってます
  14. [Win32]
      1. Temporary Internet Files にアクセスする方法
  15. 人間の安全保障国際シンポジウム
  16. [XML]
  17. USBからシャッターをきれるデジカメってある?????
  18. yugop.com
  19. IPA
  20. David Carson
  21. 22
  22. info
  23. 24
  24. [mac] Mac Mac Mac!
  25. [font] 書体
      1. 東大明朝
    1. ヒラギノ書体
  26. [soho] SOHO
      1. DESK@
  27. [SOAP]
  28. IIJ4u
  29. [patent]
  30. mpeg encode
  31. コンピューター レクリエーション
  32. complete webern
  33. アミエル
  34. [Braitenberg] 模型は心を持ちうるか
  35. [Aaron] コンピュータ画家アーロンの誕生
  36. 37
  37. [aque] 東大芸大美術部
    1. グリーンバーグ
    2. こんにゃく問答 http://member.nifty.ne.jp/~tomikura/rakugo/k.html#KONNYAKUMONDO
      1. 東大図書館 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/
  38. motoc
  39. 40
  40. 電子法
      1. 電子署名法案
      2. Napster裁判
  41. 42
  42. RT100i
  43. StoryServer
  44. [game] ゲームゲームゲーム
    1. ゲーム系サイトリンク集
  45. Gooey
  46. 音楽
  47. [kanade] CMU金出武雄教授
      1. Virtualized Reality http://www.ri.cmu.edu/projects/project_144.html
  48. Tangble Bit展

0007

'60s

最近よく60年代のすごさについて考えている。
WarholのPopismという本を読んだ。
60年代の記録として非常によく書けていて、
そこに大きな断絶があったことがよくわかる。
日常的に目をふれるものを美術の分野にもちこんだのがポップだが、
そこで様々な分野における垣根が壊されてしあった。
いまだにこれをこえるムーブメントは起きていないと思う。

私はは80年代、90年代に育った。
(特に80年代は後にまったくスカだったと評されるような時代だ。)
映画的にはネオ・ヌーベルバーグ、ヌーベルヌーベルバーグといわれる映画群を
ほぼリアルタイムで見てきた。ジャン・ジャック・ベネックス、レオス・カラックス、
リュック・ベッソン。しかし最近のレオス・カラックスの新作「PolaX」を見ても、
ゴダールの再来と言われたような衝撃はない。
むしろだれでもそう指摘するところだが、「映画史」でもなんでも、
ゴダール本人のほうが徹底してつきぬけてしまっているのだ。
つまりいまだにゴダールなのだ。

他の分野でもそうだと思う。

マース・カニングハムのダンスを見にいったとき、見る前は、
古きよき60年代のダンスをふりかってみようという程度の考えだった。
しかし彼の新作を見終わってみると、まさしく最新のダンスを見たのだという感蝕が
そこにはあった。60年代が古いなんてとんでもなく、いまだに最先端だったのだ。
もちろん彼の旧作のところは、やはり昔の作品だなという印象はあった。
(あるインタビューで坂本氏も同じようなことを言っていた。)

ファッションで言えばイッセイ・ミヤケがそうだ。
東京都現代美術館でおこなわれた展覧会を見れば、
現在これ以上の質と量をそなえたデザイナーはいないということは
すぐにわかるだろう。
(可能性があるとすればマルタン・マルジェラだろうか。)

60年代をリアルタイムに生きてきた作家がいまだに先端なのだ。
ウォーホルは死んでしまったので別だが。

Webページデザインの問題について考えるとき、いつも思うことがある。
例えば機能を優先すべきか、デザインを優先すべきか、そういった議論があるのだが、
そういった議論はあまりに古い。
60年代になされた数々の仕事の質と量を考えてみて、そういった議論を今するか?
なんの意味もない。

僕がいつも考えるのは、Webページデザインという領域において、
例えば倉俣史朗のようなデザインが可能だろうか、ということだ。
彼がプロダクトデザインの分野でなしとげたような、
新たな素材の開発からはじめて、
まったく独自の世界を作りあげてしまうようなそんな仕事が、
可能なのだろうか、といつも考えている。

倉俣の作品には、ものすごいものがたくさんあるが、実は失敗作もたくさんあっ
たように思う。例えばKYOTOという机。ガラスをうめこんだ素材を使っているが、
最終的にはどうにも安っぽい印象がまぬがれない。
他にもトライしてみたが失敗、といった印象をうける作品がいくつもある。
しかしその逆に成功といえる作品は、デザイン史というものをつきぬけて、
あたかもモノリスのように時空を越えて存在していたのではないかと
思えるような存在になっている。

椅子という人間が座るための物体という非常にわかりやすい機能をもったものが
これほどの表現を獲得したことは、かつてなかったのではないだろうか。
そしてこれから先、このような表現がありうるのだろうか?

倉俣史朗との関連でいけば、吉岡徳仁はとてもがんばっていると思う。
倉俣の作品には女性的なところがあるのに対し、吉岡の作品には物質のむきだし感を
そのまま使うといった男性的なところがある。
そこに単なる継承ではなく自分の路線を感じる。
あるインタビューで語っていたが、始めはプロにしかわからないような最新の
素材の使い方をしていたが、後に普通の人でもわかるような素材も区別せず
使うようになったと。
そこがあの素材むきだし感の元になっているのではないか。

[inter-music] interdisciplinary musicology

The Acoustical Society of America
聴覚心理学の実験用の音源を集めたCD http://asa.aip.org/discs.html
CD26$、送料9$

WindowsでMSPみたいなことができるソフト?
PD by Miller Pucket http://www.crca.ucsd.edu/~msp/software.html
Windows版のMAX/MSP http://www.cycling74.com/support/questionswin.html
今年の6月か7月?

electronicacreate Ars Electronica info.

ラマダホテル Ramada Hotel

Europaplatz 2, 4020 Linz, Austria.
http://www.ramada-hotels.com/Linz.html
Tel: (43) 732 69590 Fax: (43) 732 606090
アメリカ系のホテル。

ゴルデナーアドラー Goldener Adler

Haupstr. 56, Linz, Austria
Fax: 001-43-732-731147-5
Tel: 001-43-732-731147
質素でおちついているペンション。町で一番気にいっている。

ホテルヴォルフィンガー Hotel Wolfinger

Addr. Hauptplatz 19
Tel. +43 732 77 32 92 0
広場に面したホテル。広場に面した部屋はぎしぎしいって古いのだが、
奥のほうにある部屋はとてもきれい。

実はここ、昔ヒトラーが好んで泊ったホテル。
ベランダから演説の練習をしていたという話が残っている。

ゾマーハウスホテル Sommerhaus Hotel

昔学校のサマーキャンプに使う寮だったホテル。
いかにも昔寮だったという感じのホテルで、ベッドで寝てても全然疲れがとれない。
おすすめしない。

もう一つあるが、名前を忘れてしまった。

03-3582-0936 オーストリア政府観光局

千代田線 赤坂駅 6番出口 国際新赤坂ビル 西館 2F
リンツの地図などをgetできます。

http://plaza.globe.or.jp/gio/world/austria2.html
オーストリア政府観光局

     〒107 東京都港区赤坂6−1−20 国際新赤坂ビル西館2階
     TEL 03-3582-0931(テープ案内)
     営業時間:月〜金 10:00〜12:00、13:00〜17:00
     休業日:土、日、祭 

http://www.friends.or.jp/vital/Linz/linz.html

Linz restaurant guide

オーストリア政府観光局に行くと「Linz ist gut」というリンツの
レストランガイドをもらえるので、まずそれをもらったほうがいい。
メニューはだいたいドイツ語なので、料理関係の語彙がのってる
簡易ドイツ語辞書を持ってったほうがいい。

特においしかったところ。

Kremsmunsterer Stuben

オーストリア料理だがヌーベル・キュイジーヌで、
ちょっとフランス料理風に凝っていたりする。非常においしい。

Ursulinhof

町の教会の中庭にあるレストラン。非常に正統派のオーストリア料理。
レーという鹿の肉を食べた。非常においしい。

Steiglbrau zum Klosterhof

Ursulinhofの道をはさんだ向い側に、ビアガルテン(ビアガーデン)がある。
ここでよくお昼を食べた。

この店の横の道を奥に進むと、ケーキ屋が二店並んでいる。
リンツァートルテはここがおいしかった。
左側のほうはサラダレストランのようになっていて、
胃が疲れているときのお昼にちょうどいい。

Urbanides (ウルバニデス)

AEC近くのレストラン。正統派オーストリア料理。とてもおいしかった。

Schlosscafe

お城の上のほうにあるカフェ。見晴しがとてもよく、めしもなかなか。

Golderner Adler & 1. Linzer Nudeloper

庶民の居酒屋という感じ。煮込肉がすごくうまかった。
ここのGolderner Adlerというペンションに長期滞在していた。

食事の名物などは、オーストリアのガイドブックによくでている。シュニッツェ
ルというカツレツみたいのをよく食べる。クノーデルというイモの煮込み、あ
と肉の煮込がとてもうまい。基本的に田舎なので、野生味のあふれる料理がう
まい。レーという鹿の肉がとてもうまかった。川魚のトラウトというシャケも
うまかった。

しばらく滞在しているとどうしてもパスタや日本料理を食いたくなるが、すご
くまずい店が多いので気をつけたほうがいい。パスタは「Monte Verde」が
まあまあおいしかった。日本料理は一軒だけとてもいいところがあるらしい。
最新の「Linz ist gut」に載っている。

ここに書いた以外にも、それなりにおいしかった店はたくさんある。また行っ
てないけどおいしい店もたくさんあるはず。こういうことは地元の人に聞くの
が一番なので、「Kremsmunsterer Stuben」や「Ursulinhof」と同じくらいお
いしいレストランはどこ? といろんな人に聞いてみるのがいいと思う。

[chaos] ストレンジアトラクタ

http://www2.denshi.numazu-ct.ac.jp/~shioya/gakkou/com99/
http://funada11.denshi.numazu-ct.ac.jp/nakamiti/ns/xfractint/
http://www.fns.co.jp/avs/Topics/Chaos/
参考資料:カオスの数理と技術(放送大学教材)

http://www.ohmsha.co.jp/data/books/contents/4-274-07431-5.htm
非線形力学とカオス
J.M.T.Thompson, H.B.Stewart 共著 東京理科大学 武者 利光 監訳 山梨大学 橋口 住久 訳 
A5判 390頁 定価(本体5500円【税別】) 1988/07

http://funada11.denshi.numazu-ct.ac.jp/comp98/tomokazu/doubles.html
カオス−カオス理論の基礎と応用(2章:カオスを電子回路でとらえる) サイエンス社 合原一幸編著
カオスの数理と技術(14章:カオスと電子回路) 放送大学教材 合原一幸

http://eagle.si.hirosaki-u.ac.jp/~slsay/c-trans/

http://www.mag.keio.ac.jp/~masanao/complex/benedikt.htm
http://mitukuni.sci.ibaraki.ac.jp/~wwwjs/Seminar/Lists/Near/20000408195847L.shinya@.txt

池田満寿夫「美の値段」光文社、1990.

日本画
日本に100人売れる画家がいるとすれば、そのうち80人は日本画。
日本のマーケットでなぜ日本画が売れるのか。
簡単に言えば政治家へのプレゼントとして使えるからだ。
お金や株券をプレゼントすれば問題が生じるが、絵なら生じない。
絵をプレゼントし、それを換金できる仕組みができている。
政治家は預金や不動産、株券は公表する場合があるが、
絵画や美術品は公表する必要がない。

アメリカの美術館が絵を買う方法
メットがレンブラントの絵「ホメロスの胸像とアリストテレス」を
買ったときの方法から。
まず絵が売りにだされることを察知したら、
いくつかの画商に連絡して、落札させる。
次にお金持ちを探しだし、この絵を買わせる。
そしてそれをそのまま美術館に寄付させる。
美術館への寄付は税制上の優遇処置がある。
そのため寄付した絵の金額分だけ控除をうけられるのだが、
この時絵を「購入したときの金額」ではなく、
その絵の「時価評価額」が控除の金額となる。
つまりこの差額によって、より多く控除されるという仕組みになっている。
お金持ちも美術館も画商もみんな得する。
もちろん日本にはこのような優遇処置はない。

アンディー・ウォーホール、パット・ハケット「ポッピズム」リブロポート、1992.

Jun 4, 1962.
新聞にのっていた、飛行機の墜落事故死の記事を見て、
死のシリーズを初めようと思った。

Jun 4, 1968.
アンディー・ウォーホールが撃たれたとき、彼はほとんど死にかけていた。
病院で手術をしようとしたが、これはすでに見込みがないと判断された。
彼はアンディー・ウォーホールだ、有名人でお金の心配もない、
とマリオ・アマヤが言った。それで医者は手術を開始した。

宇佐見圭司「デュシャン」岩波書店、1984.
岩渕順子「美術館の誕生 美は誰のものか」中公新書、1995.
池田満寿夫「ニューヨークの憂愁 国吉康夫 その生涯と芸術」日本テレビ、1989.
クルト・バット「セザンヌの芸術」美術公論社、1981.

フーコー

フーコーがインタビューにて現代音楽についての考えをのべていたのを読んだ
ことがある。そこでどんなことをいっていたのかもう一度読んでみたいのだが、
どこでそのインタビュー記事を読んだのか、思いだせない。
http://www.vacia.is.tohoku.ac.jp/~s-yamane/diary/0998.html#19980919
http://www.geocities.co.jp/Bookend/2875/geijutu.html

MCIの使い方

mciSendString http://msdn.microsoft.com/library/psdk/multimed/mmfunc_5lrb.htm
MCI http://msdn.microsoft.com/library/psdk/multimed/mci_7vvt.htm
MCI Reference http://msdn.microsoft.com/library/psdk/multimed/mci_25k5.htm

MCIは二つしかAPIがない。
mciSendString これにコマンドをStringで送る。
mciGetErrorString エラーがStringで返ってくる。
なぜ細かく分割したAPIにしなかったのかはよくわからない。

http://coolweb00.cool.ne.jp/kanain/APIHTM/MIDI_L.html
http://www.d1.dion.ne.jp/~kf220jp/winpg/cdctrl/cdctrl.html

http://www.galliver.co.jp/writing/msdn/msdn16/

http://www.galliver.co.jp/writing/msdn/msdn15/index.html

Dependency Walkerを使うとDLLで公開されている関数を調べられる。

win32apicreate How to use Win32API on Ruby

RubyからWin32APIを使う方法がだいぶわかった。
なのでどのように調べるか、そしてどう使うかを簡単に解説しようかと思う。

1. とにかくAPIを探す。
2. それに対応する定義を探す。
msdn.microsoft.com などで定義をさがせる。
VisualBasic用の定義、C++用の定義の両方があると良い。

3. それらの定義をもとに、Ruby用の定義を作りあげる。

  • 引数も返り値もまったくない場合は簡単。
  • SetCursorPostのようなものは、数値を二個渡すだけなので簡単。
  • GetCursorPosのようなものは、LONG二個分のバッファーをつくり、

それをポインターで渡してやる。返り値はそのバッファーの中にはいってくる。
それをまたunpackして解読する。

おおよそこのパターンでいける。

C++の定義をみて、
IN OUT hogehoge
となっているところは要注意。
これはバッファーを作ってポインター渡ししないといけない。
これをうまくやらないと、segmentation faultで落ちる。
理由は当然で、intやStringなどで用意したバッファーに書きこもうとするからだ。

Win32APIを使う部分はPerl, Pythonなどと共通のライブラリーを使っているはず。
なのでそれを調べれば上記のようなことはドキュメント化されているはずだと
思うのだが、、、

未完。

Rubyと私

Win32OLEとWin32APIを混在するプログラムを書いている。
個々に動かすと問題ないのだが、統合させると
./hoge.rb:126: [BUG] Segmentation fault
となってしまう。126行目は

   WIN32OLE_EVENT.message_loop

となっている。いったいなにが問題なんだーー???

Segmentation faultじゃ全然ワカラン。デバッガにかけてみようかな…。


添付ライブラリーの説明など http://www1.u-netsurf.ne.jp/~brew/mine/ruby/rdp/
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~brew/mine/ja/softica/
Ruby Net Library 1.1.27

映画史まだやってます

[Win32]

Temporary Internet Files にアクセスする方法

http://leed.t.u-tokyo.ac.jp/~takeuchi/delphi/article/040/040608.html
C:\Windows\Temporary Internet Files\
C:\Document and Settings\eto\Local Settings\Temporary Internet Files\

WinInet.dll WinInet API
http://msdn.microsoft.com/workshop/networking/wininet/wininet.asp
http://msdn.microsoft.com/workshop/networking/wininet/overview/cache.asp
http://msdn.microsoft.com/workshop/networking/wininet/reference/functions/cache.asp
http://msdn.microsoft.com/workshop/networking/wininet/reference/functions/FindCloseUrlCache.asp
http://activex.adsp.or.jp/japanese/specs/inetsdk.htm
http://activex.adsp.or.jp/japanese/specs/SW_API.HTM#_swp_FindCloseUrlCache
http://activex.adsp.or.jp/japanese/specs/SW_STR.HTM
http://activex.adsp.or.jp/Japanese/Specs/SW_API.HTM
http://msdn.microsoft.com/workshop/networking/wininet/reference/functions/RetrieveUrlCacheEntryFile.asp
http://dux.isec.pt/~gordo/html-manual/sweep061.htm


GetCursorPos
http://www.wombat.or.jp/tomoyashuttle/shtml/vbapi/CursorPos.htm
http://www.alato.ne.jp/kazu-/vb/tip12.htm
http://www.alato.ne.jp/kazu-/vb/tip13.htm
http://www.galliver.co.jp/vbtips/sample/vbt0022.html


CreateWindow GetWindow MoveWindow
http://arcpit.co.jp/winapi/api_02/ap020201.htm
http://www.iacnet.ne.jp/island/users/c_lang/sdk/sdk_85.htm

デスクトップ ウィンドウのハンドルを返す
GetForegroundWindow 前景ウィンドウに対するハンドルを返す

ウィンドウの列挙
EnumChildProc(CallBack) 列挙中に子ウィンドウのハンドルを処理する
EnumChildWindows コールバック関数に子ウィンドウのハンドルを渡す
EnumThreadWindows スレッドのウィンドウを返す
EnumThreadWndProc(CallBack) 列挙中にスレッドのウィンドウ ハンドルを処理する
EnumWindows 親ウィンドウを返す
EnumWindowsProc(CallBack) 列挙中に親ウィンドウのハンドルを処理する

EnumWindows
http://hoops.ne.jp/~tipsdance/vbtips/vbtips078.htm
ウィンドウ(全て)の列挙(API)


EnumWindows

FindWindow GetForegroundWindow
http://arcpit.co.jp/winapi/api_02/ap020201.htm

FindWindow

GetForegroundWindow
http://tokyo.cool.ne.jp/masapico/api_GetForegroundWindow.html

http://www1.vc-net.ne.jp/~ssoffice/vb/enumwindow.html
Windows上で開かれているWindowを列挙する

人間の安全保障国際シンポジウム

http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/event/koen/k_anzen.html
平成12年7月28日(金)9:00開会(予定)(17:45閉会予定)
高輪プリンスホテル B1プリンスルーム(東京都港区高輪3-13-1)

緒方貞子国連難民高等弁務官
アマルティア・セン(予定)ケンブリッジ大学教授(‘98年ノーベル経済学賞受賞者)
武見敬三参議院議員(元外務政務次官)
山内昌之東京大学教授
廣野良吉成蹊大学名誉教授    

infocreate

http://www.jnutella.org/

http://www.jnutella.org/docs/other/stallman.shtml
「いかなる種類の出版情報が共有されていようとも、個人や会社が共有を禁止
したり、人々がそれをどのように使用しうるかを正確に指図したりする自然権
を有するという前提を拒否することを我々はお勧めする。合衆国の法体系でさ
え一般にそのような反社会的な考え方は受け入れられていない。」rms
http://www.gnu.org/philosophy/philosophy.html#Laws


gnutellaがなぜうまくいったのか。
いくつかの技術基盤がすでに進行していたことが背景にある。

まずMP3という技術が普及したこと。
特にフリーで簡単にMP3ファイルを作れるシステム、CD Ripper、MP3 encoderが普及したこと。
RealJukeboxのようなツールが提供されている。

しかし忘れてはいけないのは、cddb.comだ。
CDをいれるとその曲名、アーティスト名が表示されるシステム。
エンコーダはこれを元にMP3のファイル名を決定している。
gnutellaの検索システムはファイル名に依存している。
ファイル名の中に、検索に十分なだけの情報が入っていることが前提だった。
ここが一つ決定的な別れ目だったのではないかと思う。

つまりもし映画における同様なシステムを提供しようと考えたとする。
それにはまず、DVD-ROMをいれると自動的にそのタイトル、監督名などがでてくる
システムを作ることが重要だ。
そしてそれをファイル名に押しこめるのか?
というところから逆にシステムを作っていく必要があるだろう。

IIJ4u

http://www.iij4u.or.jp/New/20000120-1.html
緊急避難用にしか使ってないのに毎月1900円払ってるのはばからしいと思って
解約しようかどうか悩んでたんだけど、いつのまにか800円に値下げしてた。
IIJ4Uは本当に値下げするタイミングがうまいなぁ。

コンピューター レクリエーション

A.K.デュードニー「別冊サイエンス コンピューター レクリエーションI」日経サイエンス、1987.
A.K.デュードニー「別冊サイエンス コンピューター レクリエーションII」日経サイエンス、1989.

高校生のとき、あまりに高いので買おうかどうか迷った。図書館で借りて
全ページコピーするのと、購入するのとどっちが安いか計算した。
友達に相談して、覚悟を決めて買った。1800円と2000円、合計3800円だった。

未だにこれにのっている記事は役に立っている。

complete webern

conducted by boulex
すばらしい演奏。むちゃくちゃいいがな。このブーレーズって指揮者はほんと優秀だねぇ。

[Braitenberg] 模型は心を持ちうるか

ヴァレンティノ・ブライテンベルク著、加地大介訳「模型は心を持ちうるか」哲学書房、1987.
Valentino Braitenberg. Vehicles: experiments in synthetic psychology. MIT Press. 1984.
http://www.cs.uchicago.edu/~wiseman/vehicles/

Java version
http://www.mindspring.com/~gerken/vehicles/
http://lcs.www.media.mit.edu/people/fredm/papers/vehicles/

ACG、Reed Kram paperからrefer

[Aaron] コンピュータ画家アーロンの誕生

パメラ・マコーダック著、下野隆生訳「コンピュータ画家アーロンの誕生」

McCORDUCK Pamela, Aaron's Code, Meta-Art, Artificial Intelligence, and
the Work of Harold Cohen, W.H. Freeman and Company, New York, 1991

http://www.umcs.maine.edu/~larry/latour/aaron.html
http://www.personal.kent.edu/~brosmait/aaron.html
Painting by Number, by Steven R. Holtzman http://www.techreview.com/articles/may95/Holtzman.html
http://www.tcm.org/html/info/exhibits/aaron.html

フィル・フライ氏のカーリーボット
ロボットがユーザーにもたらす感情について、基礎的な考察をするべきなのではないか。
心理学的視点?

37

柴田崇徳+福田敏男「人工生命の近未来――新たな生をつくるテクノロジー――」時事通信社、1994.
pp.36 星野力による一段創発、二段創発についての議論がのっている。

MITの本
子供学
カント
カント

http://www.jp.bol.com/ けっこうすばやく届けてくれた。

川人光男「視覚と聴覚 岩波講座認知科学」
デビッド・マー著、乾敏郎訳「ビジョン」

「アトムの時代」美術出版社
「知の創発」NTT出版
「企業者ネットワーキングの世界」白桃書房

[aque] 東大芸大美術部

宮下良介 http://www.asahi-net.or.jp/~hi3r-myst

	http://www.neti.com/peppers/{{br}}

淡野哲 http://www1.odn.ne.jp/~cbi09570/

グリーンバーグ

「モダニズムのハード・コア」太田出版、1995.
「モダニズムの絵画」「抽象表現主義以降」

「ポスト・ペインタリー・アブストラクション」
(『武蔵野美術 No.110』(武蔵野美術大学出版部、1998)、pp.19-24. に邦訳有り。)

"Clement Greenberg: The Collected Essays and Criticism"
Ed. by John O'Brian. 4 Vols. Chicago: University of Chicago Press, 1986-93.

"Towards a Newer Laocoon." Vol. 1, 23-38.
"The Venetian Line." Vol. 3, 29-34.
"Cezanne: Gateway to Contemporary Painting." Vol. 3, 113-8.

こんにゃく問答 http://member.nifty.ne.jp/~tomikura/rakugo/k.html#KONNYAKUMONDO

東大図書館 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/

RT100i

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/

# show config で全設定表示
# login password
# admin password でパスワード変更

StoryServer

Gooey

ComGooeyZone
ComGooeyZone.exe
GooeyTools.dll
GooeySearchAtl Class

[kanade] CMU金出武雄教授

http://www.ri.cmu.edu/people/kanade_takeo.html

Virtualized Reality http://www.ri.cmu.edu/projects/project_144.html

http://www.cs.cmu.edu/afs/cs/project/VirtualizedR/www/VirtualizedR.html


http://www.ogis-ri.co.jp/vgaia/index_j.html
ビデオの画像から3Dデータを生成するというもの。
すでにこれをリアルタイムで生成するようになっている。
http://www.ri.cmu.edu/project_lists/index.html
The Robotistics Institute 米国カーネギーメロン大学 金出武雄教授
Robotistics Institute: MBV 同研究室内の「Modeling by Videotape」プロジェクトのページ

http://www-art.cfa.cmu.edu/penny/works/traces/Tracescode.html
Trace。CAVEを使ったコミュニケーション作品。
コンピュータ・ビジョンも使っている。
http://www-art.cfa.cmu.edu/penny/
http://www-art.cfa.cmu.edu/penny/info/resume.html
http://www-art.cfa.cmu.edu/takahashi/
http://www.cs.cmu.edu/~illah/EDUTOY/index.html
http://www.netpassport.or.jp/~wtasami/

Tangble Bit展

ICCにて、石井裕、坂根厳夫、岩井俊雄によるシンポジウム。
岩井氏によるミュージック・インセクトの説明ビデオがすごくよくできていた。
坂根厳夫氏のアート&サイエンスの歴史についての概観が、短いながらもとてもよく
まとまっている。MITでなされたケペッシュなどの先駆的研究を参照。

Last modified: 2006-09-05