Contents
  1. ホテルジャンキーズ
  2. chat at symposium
  3. Sinusoidal Modeling
  4. iMovie2
  5. JavaSound
  6. Awareness
      1. 共有場所の提供
      2. 周囲の人間に関する情報の提供
      3. 偶発的な出会いの提供
  7. WISS2000
  8. URL library on Ruby
      1. Ruby Win32OLE
      2. how to compile
  9. シーケンサー
  10. 有隣堂
  11. protocols
      1. http://www.average.org/digicam/
    1. 橘家鶴蔵 http://www.butaman.ne.jp/~tsuruzoh/
    2. Fuji DS-7プロトコル解析 http://www.yk.rim.or.jp/~mamo/Computer/DS-7/detail.html
    3. Aerial photos by Radio Control http://www.rc-soar.com/tech/dwaerialphoto.htm
    4. Exif file format
    5. 富士通チップセットらしきデジカメ
  12. [JavaSound]
  13. [aulization]
      1. http://www.public.iastate.edu/~CYBERSTACKS/Wave.htm
  14. LaTeXインストール
    1. http://www.matsusaka-u.ac.jp/~okumura/texfaq/
  15. 15
  16. 16
  17. accessibility
  18. htmllint
  19. 19
  20. NPR
  21. sonification study
      1. Sonification of Web servers
      2. WebMelody
      3. Winberg, F. and Hellstrom, S. O.
      4. Investigating Auditory Direct Manipulation: Sonifying the Towers of Hanoi.
  22. apache
      1. 任意のファイルをcgiにする方法
  23. [midi] MIDI
  24. Sinusoidal Modeling
    1. ピクルス『聴覚生理学』二瓶社, J.O.Pickles "An Introduction to the Physiology of Hearing"
      1. Curtis Roads et al.(Edit), "Music Signal Processing", Swets & Zeitlinger Publishers
  25. CSS
      1. CSS parser
  26. camera control digital camera from serial
      1. ●Digital Cameras on Fujitsu chipset http://www.average.org/digicam/
      2. ●Came http://www.butaman.ne.jp/~tsuruzoh/Computer/Soft/Came/readme.html
      3. http://www.devdrv.co.jp/
    1. serial解析
  27. Auditory Demonstrations on Compact Disc
  28. [HTML to XHTML]
  29. logo types
  30. [XML on Ruby]
  31. Algorithmic Composition
  32. TOEFL
  33. NTT CS基礎研
  34. etc.
    1. インターネットのゆらぎ
  35. CGI
  36. NetSound
    1. AHA: Audio HTML Access
  37. Squeak
    1. [MVC] Model View Controller
      1. AOKI Atsushi http://www.sra.co.jp/people/aoki/
  38. [paper] Word論文投稿フォーマット
  39. [Win32]
  40. Music
      1. Granular Synthesis
    1. Computer Music Tutorial
  41. [emacs]
  42. [RedHat] How to set IP address on RedHat Linux
  43. [MediaLab] MediaLab
      1. ACG
  44. 英語 翻訳 添削
      1. http://international.ne.jp/scvg.html
  45. [OOP] What is Object Oriented Programming?
    1. What is ActiveX, OLE, COM, DCOM, COM+ ?
    2. 参考書籍

0008

Sinusoidal Modeling

Sinusoidal Modeling and Lemur http://www.cerlsoundgroup.org/Lemur/AboutLemur.html
http://www.cerlsoundgroup.org/Kelly/ICMC95/BandwidthOscillators.html
http://www.gozen.demon.co.uk/godric/godric.html

http://www.iua.upf.es/~xserra/links/research.html

sines+transients+noise
Scott N. Levine http://www-ccrma.stanford.edu/~scottl/


sinusoid modelによる解析をするソフト
Lemur @イリノイ大
Additif @IRCAM
SMA @バルセロナ

iMovie2

http://www.apple.co.jp/imovie/
http://www.apple.co.jp/imovie/whatsnew.html

iMovie2はiMovieで不満だったところがかなり直されている。

  • 分割したクリップを元に戻せるようになった。
  • クリップ棚にいくらでも置けるようになった
  • オーディオをロックできるようになった。(オーディオがずれて困っていた。)
  • クリップの速度を変えられる。( ちょっとスローモーションかけたいだけな

のに、Aftereffects使わななきゃいけないのは面倒だった。)

  • タイトルの位置などがコントロールできるようになった。

あとはタイトル、トランジションなどのレンダリングが速くなっててくれると
うれしいのだが。

USでは$49 http://www.apple.com/imovie/

JavaSound

http://java.sun.com/products/java-media/sound/
http://java.sun.com/j2se/1.3/docs/guide/sound/
javasound.pdf の guided tourに、Instrumentsを定義する方法がのっている。

http://java.sun.com/products/java-media/
http://java.sun.com/products/java-media/jmf/
Java Speechを使うと音声合成、音声認識をしてくれる。


Tritonus: Java Sound for Linux http://tritonus.sourceforge.net/
http://tritonus.sourceforge.net/developer.html


Java Sound Examples http://rupert.informatik.uni-stuttgart.de/%7Epfistere/jsexamples/
http://rupert.informatik.uni-stuttgart.de/%7Epfistere/jsexamples/jse_basic.html
ここのサンプルは非常にわかりやすい。


http://www.ii.uib.no/~espenr/midistreaming/
MIDIファイルを動的に書き変える方法。


JavaWorld, Java API 徒然草, 1999.04 第八段 「JavaSound」


playing MP3 file on JavaSond
http://www.javazoom.net/
http://www.javazoom.net/javalayer/javalayer.html
http://www.javazoom.net/javalayer/sources.html
http://www.javazoom.net/javalayer/documents.html
The JavaLayer 0.0.8 provides a simple MP3 player for JVM that supports JavaSound 1.0
jlGui 1.0, JavaLayer 0.0.8 and MpegAudio SPI
すげぇ。JavaでMP3をdecodeするんだ。

Awareness

「気付くこと・意識・認識」

「コンピュータを用いて他の人物(特に協同作業者)の存在・行動などを認識させ,
そこから生じるコミュニケーションを支援する技術」

http://www.coe.keio.ac.jp/report/html97/ON/KYOUTUU/on.html
5. Paul Dourish and Sara Bly, "Portholes : Supporting Awareness in a Distributed Work Group", Proc. CHI '92.
6. 岡田謙一,市村哲,松浦宣彦:グループウェアにおけるコミュニケーション支援,情報処理学会誌,8月号,1993.

共有場所の提供

人が集まる共有の場所を仮想的に提供することにより,物理的には離れている人々を一堂に集め存在を知らせる.

周囲の人間に関する情報の提供

周囲の人間に関する情報を与えることによって,コミュニケーション機会の提供する.

偶発的な出会いの提供

現実世界の偶発的な出会いを,なんらかの方法によりコンピュータ上でシ ミュレートすることによって,仮想世界で偶然の出会いを実現する.

アウェアネスについて http://www.coe.keio.ac.jp/report/html96/ON/on.html

WISS2000

シーケンサー

YAMAHA XG http://www.yamaha.co.jp/xg/
XGworks V4.0体験版 http://www.yamaha.co.jp/xg/download/utility/xgwup.html
USB-MIDI Driver V1.00 β for Windows2000 http://www.yamaha.co.jp/xg/download/utility/index.html
YAMAHA CBX Driver V2.00 for Windows2000/NT4.0
最大5ポート/80チャンネルをサポートV2.00のみ、MIDIアプリケーションのMIDI OUTドライバーをMIDI
MAPPERとして、MIDI MAPPER経由でYAMAHA CBXDriverにデータを送ると再生が遅れることがありま
す。この場合は、MIDI OUTドライバーをYAMAHA CBXDriverと設定してご使用下さい。

Roland http://www.roland.co.jp/lib/index.html
Cakewalk Pro Audio9 体験版 http://www.roland.co.jp/lib/download/CWPA9DM.html

有隣堂

http://www.yurindo.co.jp/
アトレ恵比寿店 http://www.yurindo.co.jp/shop/atreebisu.html
03-5475-8384 10:00〜21:00 日〜20:00
アトレ大井町店 http://www.yurindo.co.jp/shop/atreooimachi.html

protocolscreate

http://www.average.org/digicam/

橘家鶴蔵 http://www.butaman.ne.jp/~tsuruzoh/

http://www.butaman.ne.jp/~tsuruzoh/Computer/Soft/
1999/04/06 Came v0.9 対象: アグファ・エプソン・オリンパス・サンヨー製デジカメ ×Nikonのデジカメ
C-1000L/1400L/1400XLでインターバル撮影、シリアルポートが4つ以上ある場合はv0.9d
1999/04/24 Fuzzy v0.2 対象: 富士フィルム製デジカメ
1999/04/17 LiveFuzzy v0.1 対象: 富士フィルム製デジカメ用
シリアルレリーズ・タイムラプス(インターバル)撮影・ライブカメラプログラム。
注意:DS-7/DS-8/Finepix600Zは撮影コマンドをサポートしていない
USBで転送できる?

Fuji DS-7プロトコル解析 http://www.yk.rim.or.jp/~mamo/Computer/DS-7/detail.html

シャッターを切るコマンド利用可: DS-10,DS-20,DS-30,CLIP-IT50,CLIP-IT80,FinePix700,FinePix500
利用不可: DS-7, DS-8, FinePix600Z
http://www.yk.rim.or.jp/~mamo/Computer/DS-7/


http://topo.math.u-psud.fr/~bousch/fujiplay.html
http://www.math.ualberta.ca/~bowman/imaging/


EPSON PM-700Cの紙選び http://www.butaman.ne.jp/~tsuruzoh/Computer/Pm700c/index.html
Olympus C-840L Impressionhttp://www.butaman.ne.jp/~tsuruzoh/Computer/C840l/index.html

Aerial photos by Radio Control http://www.rc-soar.com/tech/dwaerialphoto.htm

http://hometown.aol.com/fickpci/pic.htm
http://www.wco.com/~dgreno/
http://www.wco.com/~dgreno/GalleryStereo.htm
http://www.wco.com/~dgreno/GalleryKites.htm
http://www.wco.com/~dgreno/GalleryRockets.htm
http://www.wco.com/~dgreno/GalleryRobot.htm

Exif file format

http://www.yk.rim.or.jp/~mamo/Computer/DS-7/exif.html
http://www.itojun.org/diary/199610.IWOOOS/exif.html
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4011/dsc-x100.htm
http://www.takenet.or.jp/~ryuuji/minisoft/exifread/

富士通チップセットらしきデジカメ

Sanyo http://www.sanyo.co.jp/AV/DSC/LINEUP/E0.html
DSC-SX550, DSC-SX150の違いは?
USBインターフェイス使用時の転送速度は?
EPSON http://www.i-love-epson.co.jp/products/camera/

[aulization]

http://www.info.waseda.ac.jp/muraoka/members/goto/hotlist.html
http://www.icad.org/

http://www.public.iastate.edu/~CYBERSTACKS/Wave.htm

The Audible Web: Auditory Enhancements for Mosaic http://www.acm.org/sigchi/chi95/proceedings/shortppr/mca_bdy.htm
Sound Arts http://sysx.apana.org.au/Links/links.cgi?AREA=SND
http://www.icad.org/websiteV2.0/Conferences/ICAD2000/ICAD2000.html
WebSound: a Generic Web Sonification Tool, and its Application to an Auditory Web Browser for Blind and Visually Impaired Users
Lori Stefano Petrucci, Eric Harth, Patrick Roth, Andre Assimacopoulos, Thierry Pun
Lori.Petrucci@cui.unige.ch
Keywords: Audio + Haptics, 3D Sound, Earcons, Blind Access

LaTeXインストール

LaTeXをインストールするのは昔はすごく大変だった。いまからインストール
しようと思うなら、悪いこと言わないから以下の本を買ってインストールしま
しょう。すんごく楽です。

http://ms326.ms.u-tokyo.ac.jp/otobe/tex/platex2e1999.html
乙部厳己+江口庄英「pLaTeX2e for Windows Another Manual Vol.1 Basic Kit 1999」ソフトバンク, 1998
ISBN4-7973-0718-8
http://ms326.ms.u-tokyo.ac.jp/otobe/

http://www.matsusaka-u.ac.jp/~okumura/texfaq/

http://www.ce.kochi-ct.ac.jp/~isami/home/int_texj.html
http://www.ce.kochi-ct.ac.jp/~isami/tex/ptex4win.html
http://www.fsci.fuk.kindai.ac.jp/~kakuto/win32-ptex/web2c73.html
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/writing/tex/index.html

http://www.ascii.co.jp/pb/ptex/index.html
中野賢,淺山和典,内山孝憲『日本語LaTeX2eインストールキット』
(アスキー,1997年,ISBN4-7561-1942-5,3800円)

http://www.word2tex.com/

19

http://www.nbpp.co.jp/ebook/page/index2_top.htm
http://www.netyear.net/
http://home.c2.com/~ward/bs2/doc/
http://c2.com/~ward/cocoa/

http://www.glasbead.com

THE SECOND COMING - A MANIFESTO By David Gelernter http://www.edge.org/documents/archive/edge70.html

http://www.orions.ad.jp/urls/index-jp.html

http://www.t3.rim.or.jp/~harunaga/fragment/

http://www.zdnet.co.jp/internet/yilife/0004/gibson/wg4.html
http://www.zdnet.co.jp/internet/yilife/0004/gibson/

A System for Supporting Group Learning that Enhances Interactions http://kn.cilt.org/cscl99/A40/A40.HTM

http://www.ultracyzo.com/news/
http://www.genmagic.com/index.shtml

Zeit展 http://www.welsheute.at/land2000/

ハワード・レヴァイン、ハワード・ラインゴールド「プログラム言語の歴史」アスキー.

SONY VAIO under 200,000yen http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/20000821/sony.htm

横浜トリエンナーレ http://www.jpf.go.jp/j/art_j/exhibit_j/topic_j/triennale/index.html

Jun http://www.sra.co.jp/people/aoki/Jun/Topics/Teddy/index.html

http://www.interq.or.jp/sun/yanagi/bakabaka.swf
http://www.hoogerbrugge.com/

http://mag.aru2.net/mg_lt/mag/m00000311/9.txt_m00000311-933824641.html

http://www.aoi-dc.com/nico/tokiwako/

http://www.genarts.com/karl/second-choice-voting.html
http://alife.santafe.edu/~joke/zooland/

輪切り http://www.coe.keio.ac.jp/report/html97/KOBA/YAZAWA/yazawa.html

http://www.vnunet.com/news/1109563

http://www2.sipeb.aoyama.ac.jp/~ida/books/gnu_rms.html

http://www.jade.dti.ne.jp/~ebakos/proceedings.html
http://www.miwa.to/IamasSong/top.html
http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/megaphonem.html

Lyee http://www.lyee.co.jp/
これなに?

CharToon Faces for the Web http://www.cwi.nl/FASE/CharToon/WWW9.html

http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/todai/tnlogin.sh

http://www.interq.or.jp/japan/k3j/utaidasisakuin.htm
http://www.interq.or.jp/japan/k3j/warabeuta/komoriuta.htm

NPR

www.npr.org
を録音する。

録音していくときのコツ:

とりあえずは
All Things Considerd
Weekend All Things Considerd
この二つの番組だけチェックすればよい。

このホームページから、左のメニューにあるarchivesを選ぶと過去のニュース
の一覧が得られる。そこから自分の興味のあるニュースだけ選び録音していく。

録音していくのはMDがよい。たとえばMDに10個のニュースを録音したとして、
完全に聞きとれたと思ったニュースは消していく。前半だけ聞きとれたと思っ
たら、そこだけ分割して消していく。
(CD-Rに焼いていくことも考えたが、気軽に録音し、聞きとれたら消していくのが
重要だと思い、試していない。)

基本的に通勤/通学時間を利用することを考えている。

sonification study

Sonification of Web servers

http://tcfs.globenet.it/vitsca.dir/sonif.html
Web serverへのアクセスのsonification

WebMelody

http://isis.dia.unisa.it/SONIFICATION/
ソフトウェアも公開されている。2000年のWWW9で、Best Posterに選ばれている。
MP3の音、完全にノイズミュージック。

Winberg, F. and Hellstrom, S. O.

Investigating Auditory Direct Manipulation: Sonifying the Towers of Hanoi.

Accepted for publication at CHI 2000, 1-6 April 2000
http://www.nada.kth.se/~fredrikw/ToH_prototyp/ToH.htm
algorithm sonification


http://web.etl.go.jp/~yoshinov/prj/wearable/ping/ping.html
http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/Articles/HCIBookmark.html
http://www.brl.ntt.co.jp/sighi/

http://www.brl.ntt.co.jp/sighi/2000/200005.html
(1) HyperAudio: 音を媒介としたマンマシンインタフェースの一手法
可聴音に機械指令信号を重畳した音データ

http://www.hci.ie.musashi-tech.ac.jp/Interaction2001/
インタラクション2001発表募集
2001年3月5日(月), 6日(火) 早稲田大学 国際会議場

http://www.brl.ntt.co.jp/sighi/hcisite.html
http://results.atr.co.jp/cgi-bin/top.cgi?lang=japanese

平成12年10月12(木), 13日(金) ATR 小特集「音楽とインタラクション」


http://www.cs.wvu.edu/~vanscoy/sonification/experiment.html
http://www.cs.wvu.edu/~vanscoy/vsmm99/webmany/FLVS12.HTM
Sonification of Complex Data Sets: An Example from Basketball
Frances L. Van Scoy
http://www.physics.orst.edu/~rubin/TALKS/Blind/index.html
http://www.connected.org/isoc/reports/fri-t7-1.html
sonification
http://www-unix.mcs.anl.gov/~kaper/Sonification/index.html
http://www.ovalwindow.com/most/index.html
http://cage.ncsa.uiuc.edu/adg/Sonification/
http://ourworld.compuserve.com/homepages/Peter_Meijer/eyebrows.htm
http://www.santafe.edu/~kramer/icad/ICAD96/proc96/foner.htm
Wenzel, Elizabeth. (1994). Spatial sounds and sonification. In Gregory
Kramer, (ed.), Auditory display: sonification, audification, and
auditory interfaces. Reading, MA: Addison-Wesley, 1994, 127-150.
http://www.amazon.com/exec/obidos/ISBN=0201626047/
Data Sonification http://www-pablo.cs.uiuc.edu/Project/Pablo/PabloSonification.htm
http://www.ncsa.uiuc.edu/VEG/audio/level_two/navig.html
Audio Navigation of Information Space
http://www.ncsa.uiuc.edu/VEG/audio/index.html
http://www.santafe.edu/~icad/websiteV2.0/References/nsf.html
Sonification Report: Status of the Field and Research Agenda
聴覚化全般についてのレポート
http://www.microweb.com/ronpell/WyWrldShldCrBtSnfctn.html
Why the world should care about sonification.
http://www.santafe.edu/~kramer/icad/ICAD96/proc96/lodha.htm
http://www.owlnet.rice.edu/~walkerb/icad/nsf/NSF-Three_parts.html
http://www.cs.yorku.ca/~billk/icad99.html
http://www.research.ibm.com/research/cmsonification.html
Sonification: hearing data in strange new ways
http://poehlman.clark.net/blindcam.htm
http://www.physics.orst.edu/~rubin/TALKS/CPtalk/DEMO/demo11.html
http://www.cs.uml.edu/~grinstei/tut/node39.html
http://www.cs.uml.edu/~grinstei/tut/node37.html
http://www.computer.muni.cz/software/so1995/s2045abs.htm
http://www.computer.org/cise/cs1999/c4048abs.htm
http://computer.org/proceedings/8192/81920156abs.htm
http://www.cms.livjm.ac.uk/caitlin/phd1.htm
algorithm sonification
http://music.dartmouth.edu/~book/MATCpages/chap.6/6.5.sonif.html

apache

任意のファイルをcgiにする方法

add this to the end of /etc/apache/access.conf
<location /http>
SetHandler cgi-script
</location>

Sinusoidal Modeling

シニュソイダルモデル
最近はsines+transients+noiseと言うらしい。

Scott N. Levine http://www-ccrma.stanford.edu/~scottl/

伊東 乾 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7045/


sinusoid modelによる解析をするソフト
Lemur @イリノイ大
Additif @IRCAM
SMA @バルセロナ

ピクルス『聴覚生理学』二瓶社, J.O.Pickles "An Introduction to the Physiology of Hearing"

Curtis Roads et al.(Edit), "Music Signal Processing", Swets & Zeitlinger Publishers

Algorithmic Composition

TOEFL

トフルゼミナール http://www.tsnet.co.jp/abroad/

etc.

http://www.cityarts.com/glasbeadweb/
http://rhizome.org/spiral/
http://fargo.itp.tsoa.nyu.edu/~camille/textrain.html

http://www.linguamaster.co.jp/

インターネットのゆらぎ

http://www.ton.scphys.kyoto-u.ac.jp/nonlinear/arcsemi/broadcast/286.html
インターネットの渋滞の統計物理学的解析、高安 美佐子、未来開拓学術研究プロジェクト

http://www.vacia.is.tohoku.ac.jp/~s-yamane/diary/0998.html
インターネット(ってどこ?)の渋滞しているときとしていないときとでは1/fゆ
らぎが観測されるという報告があるとか。


http://www.teu.ac.jp/kougi/tukamoto/ipsj/200003/ie200003.html#001
http://www.ipsj.or.jp/magazine/interessay.html
http://www.ipsj.or.jp/


http://www.ascii24.com/ascii24/news/topi/article/2000/07/31/610493-000.html
http://music.zdnet.com/features/gnutella/


ClarisWorks
現在のiMacなどには標準で付属してくる。


北川一成
http://www.recruit.co.jp/GG/1997/g8-9713.html


http://www.tbid.com/
http://www.tbid.com/pg/clients.html
http://www.sun.com/980113/sunonnet/
Pandora OS http://www.tbid.com/pandora/index.html


ウォーホール、僕の日記
ウォーホール、僕の哲学
平面性、平らだってこと。
最近さかんに宣伝されてる「スーパーフラット」って、「ポップ」とどう違うんだ?


Lorentz attractor
http://glimmung.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~tokita/ButsuriJava/ButsuriJava.html
http://www.asahi-net.or.jp/~li7m-oon/thatta01/th_oldix.htm

CGI

"DOCUMENT_ROOT", "/var/www"create
"HTTP_ACCEPT", "*/*"create
"HTTP_ACCEPT_ENCODING", "gzip, deflate"create
"HTTP_ACCEPT_LANGUAGE", "ja"create
"HTTP_CONNECTION", "Keep-Alive"create
"HTTP_HOST", "eto.imrf.or.jp"

"HTTP_USER_AGENT", "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)"

"REMOTE_ADDR", "202.19.236.93"
"REMOTE_PORT", "3409"create
"SCRIPT_FILENAME", "/var/www/wbm/tell.cgi"
"SERVER_ADMIN", "Kouichirou Eto"create
"SERVER_NAME", "eto.imrf.or.jp"
"SERVER_PORT", "80"create
"SERVER_SIGNATURE", ""create
"SERVER_SOFTWARE", "Apache/1.3.3 (Unix) Debian/GNU"
"UNIQUE_ID", "OYbifsoT7EkAAAvIvoQ"create
"GATEWAY_INTERFACE", "CGI/1.1"
"SERVER_PROTOCOL", "HTTP/1.1"
"REQUEST_METHOD", "GET"create


"SCRIPT_NAME", "/wbm/tell.cgi"

NetSound

大野浩之研究室 http://www.ohnolab.org/index-j.html
http://www.ohnolab.org/researches/stetho/index.html
http://www.ohnolab.org/researches/SensoriumSFC/
可聴化(sonification)

1995 November 情報処理学会分散システム運用技術研究グループ発表会にて発表
「stetho:ネットワークトラフィック可聴化システム」

1996 March 第52回(平成8年前期)情報処理学会全国大会にて発表 「ネットワー
クトラフィック可聴化システムを遠隔地から利用するためのユーザインタフェー
ス 〜stethoシステムへの電話やWWWの応用〜」

1996 September 第53回(平成8年後期)情報処理学会全国大会にて発表 「ネッ
トワークトラフィック可聴化システムの利用例〜Internet World
Exposition'96 "netsound"〜」

「stetho:ネットワークトラフィック可聴化システム」, 成田 哲也、大野 浩之,
情報処理学会分散システム運用技術研究グループ活動報告書 No.2,pp425-432,DSM-951150

「ネットワークトラフィック可聴化システムを遠隔地から利用するためのユー
ザインタフェース 〜stethoシステムへの電話やWWWの応用〜」成田 哲也、大
野 浩之、 第52回(平成8年前期)情報処理学会全国大会公演論文集(1)、pp119-120

「ネットワークトラフィック可聴化システムの利用例〜Internet World
Exposition'96 "netsound"〜」, 成田哲也、大野浩之、西村 佳哲、山口 優,
第53回(平成8年後期)情報処理学会全国大会公演論文集(3)、 pp473-474

http://www.sfc.wide.ad.jp/rg99f/hohno.html
http://yoritomo.fjct.fit.ac.jp/ipsj55/program/
http://yoritomo.fjct.fit.ac.jp/ipsj55/program/55tapro/5l.html
3 コンピュータネットワークと既存電子機器との協調−(3)ネットワークの可聴化−
  ○多田謙太郎,大野浩之,成田哲也(東工大)


http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/Visualization/slide/TOC.html
学会/コンファレンス http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/Visualization/slide/page72.html
http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Visualization.html

John Stasko, Software Visualization: Programming As a Multimedia Experience, MIT Press, February 1998
Brownの「software auralization」というシステム
「アルゴリズムで音楽を生成すること(自動作曲)と、アルゴリズムに対応した
音を鳴らす(software auralization)は似たようなものかもしれないから、こ
の中間のようなものが考えられないだろうかと思う。どんなプログラムでも、
printf() のかわりに気軽に Midi...()を呼ぶというのはちょっと面白いかも
しれない。 (1998/8/3 増井)」

http://www.cs.indiana.edu/hyplan/tkeahey/tkeahey/research/nlm/nlm.html


survey http://www.vogue.is.uec.ac.jp/~koike/papers/bit/bit.html
(Auralization)
J. Bernstein. Mind and machine. New Yorker, 1982.
(邦訳:米澤明憲、米澤美緒、心をもつ機械-ミンスキーと 人工知能-、岩波書店、1987).

M. H. Brown (Algorithm Auralization)
M. H. Brown and J. Hershberger. Color and sound in algorithm
animation. Computer, Vol. 25, No. 12, pp. 52--63, December 1992.

「しかし,オーラライゼーションだけによる情報提示には明らかに限界がある.例えば:
ある瞬間に実行を中断しそれまでの結果を分析することが難しい;
2つの状態を比較して定量的に議論をすることが難しい;
といった問題点があるからである

筆者は,オーラリゼーションはビジュアライゼーションを補うものとして利用
されて初めて活かされるものであると考えている.例えば,システムからの出
力を監視している時,ビジュアライゼーションだけだと監視者はこの出力から
目をそらすことなく集中して見ていなければならない.これは目に負担がかか
ると同時に疲労しやすい.これに対し,オーラリゼーションを併用すれば,監
視者は他の仕事をしていても,なんらかのシステム異常が発生した場合には音
の変化でこれを認識することができる.」


auralization sonification
http://www.cms.livjm.ac.uk/paulvickers/
http://ourworld.compuserve.com/homepages/Peter_Meijer/javoice.htm
http://www.users.dircon.co.uk/~wareing/3daudio.htm
http://mayflower.isl.uiuc.edu/sonification.html
http://www.dcs.gla.ac.uk/icad98/tutorials.html
http://www.dcs.napier.ac.uk/hci/tip/

AHA: Audio HTML Access

http://www-pcd.stanford.edu/frankie/aha/
http://www-pcd.stanford.edu/frankie/www6/PAPER296.html
Frankie James
Computer Science Department, Stanford University
Stanford, California 94305, USA
fjames@cs.stanford.edu

http://www.webpresence.com/sonicon/marcopolo/
http://www.audionet.com/ -> http://www.broadcast.com/

[paper] Word論文投稿フォーマット

Musiccreate

Granular Synthesis

ちがうってば http://thing.at/granular-synthesis/
Granular Synthesisの解説 http://www.academy.qut.edu.au/music/newmedia/Granular_Synthesis/granSynth.htm
Granular Synthesis by Cellular Automaton http://www.sunday.demon.co.uk/project.htm
Gordon B. Getty
Ecologically-based Granular Synthesis http://www.sfu.ca/~dkeller/EcoGranSynth/EGSpaper.html
ICMC 1998, Ann Arbor, Michigan
Curtis Roads, Granular Synthesis
http://www.xs4all.nl/~rexbo/pc_synth.htm
GranuLab http://hem.passagen.se/rasmuse/Granny.htm
chaossynth http://www.nyrsound.com/chaosynth.htm
http://www.hitsquad.com/smm/programs/Chaosynth_NT/
http://website.lineone.net/~edandalex/chaosynt.htm
http://209.211.248.205/links/softwaresynths.cfm
http://www.dolphinmusic.co.uk/smm/

Computer Music Tutorial

The Computer Music Tutorial by Curtis Roads (paper) http://mitpress.mit.edu/book-home.tcl?isbn=0262680823
Representations of Musical Signals by Giovanni De Poli, Aldo Piccialli, and Curtis Roads (eds.)
Music Machine by Curtis Roads (ed.)
Foundations of Computer Music by Curtis Roads and John Strawn (eds.) (OUT OF PRINT)

The Csound Book: Perspectives in Software Synthesis, Sound Design, Signal Processing,and Programming by Richard Boulanger (ed.) (paper)
Interactive Music Systems: Machine Listening and Composing by Robert Rowe (cloth)
Beyond MIDI: The Handbook of Musical Codes by Eleanor Selfridge-Field (ed.) (cloth)
nteractive Music Systems - CD-ROM: Programming Examples by Robert Rowe (software)
The Visual Mind: Art and Mathematics by Michele Emmer (ed.) (cloth)
Designing Information Technology in the Postmodern Age: From Method to Metaphor by Richard Coyne (cloth)
The Music Machine: Selected Readings from Computer Music Journal by Curtis Roads (ed.) (paper)
Leonardo Almanac: International Resources in Art, Science, and Technology by Craig Harris (ed.) (paper)
Foundations of Computer Music by Curtis Roads and John Strawn (eds.) (paper) (OUT OF PRINT)
The Technology of Computer Music by Max V. Mathews, Joan E. Miller, F. R. Moore, John R. Pierce, and J. C. Risset (cloth) (OUT OF PRINT)
A Generative Theory of Tonal Music by Fred Lerdahl and Ray Jackendoff (paper)
Machine Models of Music by Stephen Schwanauer and David Levitt (cloth)
Musical Networks: Parallel Distributed Perception and Performance by Niall Griffith and Peter M. Todd (eds.) (cloth)
Music, Cognition, and Computerized Sound: An Introduction to Psychoacoustics by Perry R. Cook (ed.) (cloth)
The Boston Composers Project: A Bibliography of Contemporary Music by The Boston Area Libraries (cloth)
Language, Music, and Mind by Diana Raffman (cloth)
Art and Innovation: The Xerox PARC Artist-in-Residence Program by Craig Harris (ed.) (cloth)
Noise, Water, Meat: A History of Voice, Sound, and Aurality in the Arts by Douglas Kahn (cloth)
Buildings for Music: The Architect, the Musician, and the Listener from the 17th Century to the Present Day by Michael Forsyth (cloth) (OUT OF PRINT)
Beyond Orpheus: Studies in Musical Structure by David Epstein (cloth) (OUT OF PRINT)
International Electronic Music Catalog by Hugh Davies (comp.) (cloth) (OUT OF PRINT)
Scratch Music by Cornelius Cardew (ed.) (paper) (OUT OF PRINT)

All Journals' Front Matter
Computer Music Journal
Presence: Teleoperators and Virtual Environments
Leonardo
Leonardo Music Journal
Leonardo Electronic Almanac
Chicago Journal of Theoretical Computer Science
Evolutionary Computation
Videre: A Journal of Computer Vision Research
Markup Languages: Theory and Practice
Design Issues

[emacs]

http://www.awa.tohoku.ac.jp/~igarashi/UNIX/emacs.html

#!/usr/local/bin/ruby などはruby-modeに

(setq interpreter-mode-alist (cons '("ruby" . ruby-mode) interpreter-mode-alist))
しかしうまく動かない。なぜ?

英語 翻訳 添削

http://www.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Companies/Communications_and_Media_Services/Translation_Services/English/
http://www.reap.org.nz/~kia/charge.html
英文添削 1,500円/200英単語
http://jetserv.com/eproof_j.htm
英文原稿1単語あたり7円〜 最低料金は5000円からです。
http://www.soma.or.jp/~ali-take/ali/english.htm
基本料金(100円)+単語数*4円(1単語ごと 4円)
http://www.sra.co.jp/people/tateno/link.html
300円 英文添削サービス
http://www.mictokyo.co.jp/mic/cnc/in00/prv002367.htm
http://www.csj.co.jp/whatsbest/education/key7.html

http://international.ne.jp/scvg.html

添削料は一つの英文(単語数400以内、A4ワープロ用紙約一枚)につき3
00円 (送料込み、同種のサービスの10分の1から20分の1の料金!)。 テー
マが決められている

[OOP] What is Object Oriented Programming?

オブジェクト指向プログラミングってなに?

これもまず重要なポイントは、オブジェクト指向という名の元に
マーケティングが行なわれているというところで、
オブジェクト指向のコアとなる部分はなにかを把握しなくてはならない。

逆にオブジェクト指向の前はなんだったかを考えるとだいたいわかる。
オブジェクト指向言語の前の言語は、手続き指向言語といわれる。

手続き指向は手続きを順に書いていったもので、
じゃぁオブジェクト指向というのはなんなのか?

まず私はオブジェクト指向は言語とは直接関係がないという立場をとる。
つまりどんなプログラミング言語を使っても、オブジェクト指向で
プログラムを書いていくことはできる。

たとえばアセンブラでゲームプログラムを書くことを考えてみよう。
いろいろな種類の敵がいるゲームを想像する。
それぞれの敵の種類ごとに、移動ルーチン、衝突判定などを作っていると、
敵の種類が一つ増えたり、全体に影響するようなパラメーターを変更したいとき
やっかいだろう。

そのときたとえば、そのルーチンへのポインターのテーブルを用意しておく。
generic_enemy_move
generic_enemy_collision
generic_enemy_die
など。そしてそれぞれの敵の種類ごとにポインターのテーブルを用意する
enemy1_move = generic_enemy_move
enemy1_collision = generic_enemy_collision
enemy1_die = generic_enemy_die

そうすると、一般的な処理をする敵のルーチンができたことになる。
もし動きの部分だけを一般的な処理からはずそうとすると、
その部分だけ違うルーチンをつくり、ポインターのテーブルにいれてやる。
特定の操作の部分だけをいれかえることができるようになる。

(もう少し説明をちゃんとしよう。)

What is ActiveX, OLE, COM, DCOM, COM+ ?

ActiveX, OLE, COM, DCOM, COM+ とはなにか?

名前だけは知っていて、なんとなくオブジェクト指向のプログラミング技術
というレベルで知ってはいるが、よくわからなくて知ってみたいんだけど、
なんだか恐くてよくわからない、という人は結構いるのではないだろうか。

実際のところ慣れてしまうとそんなに難しい概念ではない。
しかしその前にまず絶対に押えておかなくてはいけないポイントがあって、
それはマイクロソフトはこういった言葉を使って、
意図的にユーザーを混乱させようとしているという事実だ。
混乱させようとしているという言葉が悪ければ、
できるだけうまくマーティングしようとしているということだ。

具体例をあげると、かつてOLEと言われていたものと、
ActiveXと言われているものはほとんどまったく同じ技術のことを指す。
ほとんどまったく同じであるのに、革新的な新技術を売りだそうとしている
ように振舞うのである。マーケティング理論的にはこれはまったく正しいが、
ユーザー(開発者)の立場としては、これに惑わされず本質だけを見ぬくことが
大切である。

DISCLAIMER: 以下、私(江渡)の理解を元に簡単に解説したものなので、おそらく
間違っている部分が多々あるでしょうが、まったく責任はとりませんのでよろしく。


さて、じゃ、いったい何なの?

UNIXのC言語で開発するときのことを考えてみよう。
hello.c というソースをかき、それをコンパイルして、
hello.o というオブジェクトファイルを作り、それとlibcをリンクさせて、
hello という実行形式のファイルが作られる。
(DOS流に書くと、hello.obj, hello.exeになる)

もう少し細かく見る。

#include "stdio.h"{{br}}

main(){{br}}
{
    printf("hello, world!\n");
}

というプログラムがあるとして、printfの実体はどこにあるのだろうか?
実体はlibcの中にある。libcの実体は /usr/lib/libc.a (だっけ?)にある。

では、実体がlibcの中にあるという事実はどうやって知ればいいのか?
それはあらかじめ知っているのだというしかない。
つまりプログラマーはなんらかの技術文章などの手段で、
libcの中にprintfの実体が入っていると知るのだ。
libcの場合はCコンパイラが自動的にリンクしてくれるのであまり気にする必要がなく、
printfなどは最初から入っているのだと考えることができるのだが。

さてprintfの実体のありかはわかるとして、printfの使い方、引数をどのように
指定したらいいのかはどこに書かれているのか? stdio.hに指定されているのだ。
この.hファイルの中にprintfという関数があって、それの引数として
こんなものを取るんだよと書かれているのだ。


さてこのような静的なリンク構造、一つのバイナリーの実行可能形式ファイル
に、必要な全てのプログラムが入っているというのが、古きよき幸せな時代の
UNIXの姿だった。

次に動的リンクがでてくる。DLL(Dynamic Link Library?), so(shared object?)
などだ。

実行ファイルを作る際にlibc.aを静的にリンクさせるのではなく、プログラム
の実行時に動的にリンクさせる方法だ。

さてこのとき上記の問題はどのように解決されるのか?

まず関数の使い方はどうか? という部分はまったくかわってない。
stdio.hをincludeする。

そしてプログラムの実体は?
libc.o? というstubをリンクし、それが実行されるとき、
libc.so というshared object本体を動的にリンクする。
(Windowsの場合は、hoge.libがstubで、hoge.dllがその本体だ。)

そのためDLLの中にはいっている関数を使おうと思うときは、それに対応する
ヘッダーが必要なのである。


ここまで説明すればだいたいわかるだろう。

すごく簡単に説明すれば、DLLのような動的結合の機能と、それと同時にヘッ
ダーに相当する情報も入れこんでしまったものが、OLE, COMなどと呼ばれてい
るものなのだ。
(ここで用語の使い方が問題になるが、ややこしいので後回し。)

さてこのヘッダーに相当する部分、つまり実体となるバイナリープログラムの
使い方、呼び出し方を説明する部分は、どのような仕組みになっているのだろうか?

こっから先がなかなか複雑で一筋縄では行かない部分なのである。
なぜかと言うと、Microsoftはここで、単にC言語だけから呼べればいいように
ではなく、多言語で利用できるようにしたからだ。
なので複数の言語で同じように対応できるようにしたため、
その分、裏でとても面倒なことをしている。
しかし利用する側だけとってみれば、そんなには複雑にはなっていない。

さてOLE, ActiveXでプログラムの実体を提供するもの、これをOLEサーバーと呼ぶ。
上記の例でいえばdllファイルに相当する部分だ。
拡張子では、.dll, .exeなど。
(これが.ocxなのがActiveXサーバーだ。
機能的にどう違うのか、よく知らないがちょっとだけ違うらしい。)
(ここから先UNIXには対応するものがないので、Win32環境だけと考えてほしい。)

ここでこのOLEサーバーに対応するファイルをどう探すか。
たとえば"InternetExplorer.Application"という文字列からレジストリを見にいって、
そこからhogehoge.dllというファイル名をかえしてくる。
(GUID、ClsIDからでもOK。GUIDってなに?って質問は保留。)

そのファイル名のファイルがHDD上のどこにあるかは、
それはDLLと同じで、PATHに入っているところを調べる。

そのファイルをDLLと同じようにリンクする。
で使い方の部分はというと、こいつには一つのインターフェイスがあることが
あらかじめ保証されている。(インターフェイスって何? てのは保留。)
IUnknownというインターフェイスだ。
そしてその中に三つの関数が用意されている。
AddRef 参照を一つ増やす。このオブジェクトを使ってるよと知らせるわけだ。
Release 参照を一つ減らす。このオブジェクトを使わなくなったということ。
QueryInterface あるインターフェイスがあるかを聞く。

ここで、QueryInterfaceでIDispatchというインターフェイスがあるかどうかを聞き、
またそのIDispatchに含まれるInvokeという関数から、
さまざまなインターフェイスを呼びさせるようになる。
ってことだと思うのだが、詳細はまだわかっていない。


ここまで強引に進めてきたが、結構説明するの大変だなぁ。


DCOMというのはここで、オブジェクトのStubが同じマシンにあって、
実体が別のマシンにあるようなものをいう。

その別のマシンとの間をつなぐものをHTTPベースでやろうとして、
SOAPを提唱しているということでしょうね。


これを覚えて何になるの? という疑問は当然のものだろう。
現在のWin32でいえば、COMを使わないと、Microsoftが提供する
様々な機能に全然アクセスできないからだ。
Win32でシステムと協調して動くプログラムを書こうと思ったら必須だってことだ。

そうじゃなかったら、そんなに無理して覚える必要もないかな。
ただそんなに難しい技術でも、特殊な技術でもなく、将来的に世界はこのような
ものになるというのは明かでもあるので、おおまかな括りくらいは
わかっていていいというようなもんだと思った。

参考書籍

Al Williams「Windows2000システムプログラミング」インプレス、2000.
p.24からはじまるActiveX概論はとてもわかりやすく正確に書かれている。

http://www.al-williams.com/
http://www.ntinternals.com/
http://www.zdnet.com/pccomp/features/fea0797/nt/welcome.html

Last modified: 2006-09-05