Contents
  1. VP
      1. ChemTrains
      2. The 1994 Visual Languages Comparison http://www-2.cs.cmu.edu/~wjh/papers/bakeoff.html
      3. http://agents.www.media.mit.edu/people/lieber/Teaching/Machine-Learning/Learning-Reading-List.html
      4. http://www.media.mit.edu/groups/vlw/publications.html
    1. ToonTalk http://www.toontalk.com/
      1. ToonTalkの源流 http://www.digicon-inc.co.jp/origins.htm
      2. Incredible Machine http://www.incrediblemachine.net/
    2. http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/~washi/diary/200104.html
    3. ●英文校閲リスト http://homepage1.nifty.com/biodb/gyosha/gyosha1.htm
      1. ミュー・リサーチ http://www.kt.rim.or.jp/~myures/ →平均的な料金:\2500/page
      2. ファーステック http://www.fastekjapan.com/
      3. 英文校正 300単語あたり1,700円〜
      4. 和文英訳  理系専門文書 400字あたり4,500円〜
      5. 事務通信費(請求書作成費用・書類郵送料) 1ヶ月あたり一律1,000円
      6. KNインターナショナル http://www.kninter.com/ →平均的な料金:\1500/page,200word
    4. 東野高校 http://www.higasino.ed.jp/
    5. Christopher Alexander, Linz Cafe
      1. Mittwoch, 8. August 2001, 20 Uhr, Linz, Cafe Druzba, Kapuzinerstrase 36, Politstammtisch, KPO-Parteigruppe Linz-Mitte
      2. Freitag, 28. September 2001, 21 Uhr, Linz, Cafe Druzba, Kapuzinerstrase 36, Konzert Kai Degenhardt, Kulturverein M8
      3. http://www.archindex.com/free/srchdet.cfm?inlocation=*&inmagazine=*&inarch=Christopher%20Alexander
  2. 2
      1. プログラミング研究会 http://www.ipsj.or.jp/sig/pro/
    1. ロットロット
    2. 東京国立近代美術館 http://www.momat.go.jp/
      1. ●●ヒラノステュディオ http://hiranostudio.com/
      2. ●●●http://www.qiora.com/
    3. http://www.outdex.net/
    4. 著作権表記
      1. 著作権と「マルC」 http://jimphelps.tripod.co.jp/circlec.html
      2. 万国著作権条約 第三条
      3. http://www.geocities.com/poli_wag/
    5. CGI http://tackysroom.com/page_cgi.htm
    6. Easy Link Library http://www3.justnet.ne.jp/~botchy/el.htm
    7. 天気予報
  3. Software Artとは何か。
    1. プログラミング言語
    2. 開発プロセス
      1. アジャイル宣言
    3. テッキー
    4. ゲーム
    5. 邪悪系
    6. 人工知能
    7. セルラーオートマトン
    8. アプリケーションに対する批判としての作品
    9. コンピュータ音楽
    10. 計算過程そのものの視覚化・具象化
    11. Visual Programming
    12. ネットワークの分野で
    13. flashによる作品
  4. 4
      1. http://www.iotacenter.org/
    1. Books
  5. 5
      1. マイライン http://www.myline.org/
      2. KDDI 0077
      3. 東京電話 0081
      4. 日本テレコム 0088
      5. 平成電電 0083
      6. メディア 0060
      7. KDDI 0077
      8. ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC 0061
      9. 東京電話 0081
      10. 日本テレコム 0088
      11. フュージョン・コミュニケーションズ 0038
      12. 平成電電 0083
      13. メディア 0060
      14. KDDI 0077
      15. ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC 0061
      16. 東京電話 0081
      17. 日本テレコム 0088
      18. フュージョン・コミュニケーションズ 0038
      19. 平成電電 0083
      20. メディア 0060
      21. KDDI 001
      22. ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC 0061
      23. ドイツテレコム 0080
      24. 東京電話 0082
      25. 日本テレコム 0041
      26. フュージョン・コミュニケーションズ 0038
      27. 平成電電 0083
      28. メディア 0060
      29. ワールドコム・ジャパン 0071
      30. 平成電電 http://www.hdd.co.jp/ 月額2000円の最低通話料
      31. メディア http://www.mediakk.com/
    1. YahooBB
      1. http://zato.nu/yahoobb/
    2. メディア マイライン
      1. メディア えむ電 6円電話
      2. http://www.swa.gr.jp/tel/m_den.html
    3. 加入権 安い
      1. http://homepage1.nifty.com/t-gonta/adsl/kanyulight.htm
      2. http://www.tokyo116.com/tel/010012.shtml
    4. http://www.myline.org/content7.html
  6. 6
    1. XP
    2. Net Art?
  7. Visual Programming
    1. 視覚言語 http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/VL.html
      1. 竹内 郁雄, ビジュアル言語はまだまだなっとらん, bit, Vol. 30, No. 1, pp. 20-22, January 1998
      2. Jennifer Mankoff, Jonathan Somers, Gregory D. Abowd
      3. http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Bitmap.html
      4. http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Parallel.html
      5. Gruia-Catalin Roman, H. Conrad Cunningham
      6. Gruia-Catalin Roman, Kenneth C. Cox
      7. 吉田 紀彦, 楢崎 修二
      8. http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/UI.html
      9. David Canfield Smith, Allen Cypher, Jim Spohrer
      10. 萩谷 昌己, ビジュアルプログラミングと自動プログラミング
      11. Brad A. Myers, Visual Programming, Programming by Example and Program Visualization: A Taxonomy
      12. Steve G. Steinberg, Lifestreams, WIRED, Vol. 5, No. 2, pp. 148-151, 204-209, February 1997
      13. 田中 二郎, ビジュアルプログラミング, ビジュアルインタフェース -- ポストGUIを目指して, pp. 65-78, February 1996
      14. 山本 格也, ビジュアルプログラミングはどこへ行く?, bit, Vol. 28, No. 7, pp. 12-17, July 1996
    2. ●●Linda http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Linda.html
      1. David Gelernter, Generative Communication in Linda
      2. 伊藤 昭典, 亀山 三穂, 吉田 誠, 異機種分散環境における伝言システムの実装
      3. 増井 俊之, 花田 恵太郎, 音川 英之, 共有空間通信を利用したグループワークシステムの構築
      4. Satoshi Matsuoka, Satoru Kawai, Using Tuple Space Communication in Distributed Object-Oriented Languages
    3. http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/PBE.html
      1. Brigham Bell, Clayton Lewis, ChemTrains: A Language for Creating Behaving Pictures
      2. 位置指向の情報統合 http://www.kokono.net/w3c/
    4. ビジュアルプログラミング
      1. http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/UnixMagazine/PDF/if9809.pdf
    5. 山本 格也, ビットマップに基づくプログラミング言語Visulan
  8. Signwave Auto-Illustrator http://www.auto-illustrator.com/
    1. Flash Math Creativity http://www.friendsofed.com/fmc/
  9. カーテン
      1. 守屋 http://www.mshop.co.jp/ 68%OFF
      2. シンコール自由ヶ丘ショールーム 〒125-0041世田谷区奥沢5-23-21
      3. 川島ショールーム 〒160-0015新宿区大京町31-4パークサイドビル1階
      4. リリカラ 〒160-8315新宿区西新宿7-5-20リリカラ(株)2F
      5. フィスバ 新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワーOZONE 7F
      6. 東リ 〒141-0022品川区東五反田5-25-19東京デザインセンター4F
      7. 住江織物 品川区西五反田2-30-4 BR五反田ビル
      8. マナトレーディング 〒153-0061目黒区中目黒1-8-1中目黒ITビル1F
      9. サンゲツ 〒107-6003東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル3階
    1. カーテンメーカー
      1. サンゲツ http://www.sangetsu.co.jp/
      2. リリカラ http://www.lilycolor.co.jp/
      3. 東リ http://www.toli.co.jp/
      4. シンコール http://www.sincol.co.jp/
      5. アスワン http://www.fcc.co.jp/aswan/
      6. 川島織物 http://www.kawashima.co.jp/
      7. 住江織物 http://www.mediagalaxy.co.jp/suminoe/
      8. マナトレーディング http://www.manas.co.jp/
      9. フィスバ http://www.fisba.co.jp/
    2. メーカーリンク集
    3. カーテンオーダー
      1. 守屋 http://www.mshop.co.jp/ 68%OFF
      2. 松田装飾 http://www.matusou.com/ 最大70%OFF
      3. http://www.always-good.com/Pages/maker-14.html
    4. 守屋 カーテン
    5. 無料ホームページ
    6. カーテンメーカー・ショップ
    7. 割引率高
    8. 大塚家具 http://www.idc-otsuka.co.jp/
    9. リリカラ http://www.lilycolor.co.jp/
    10. セルコン http://www.selkon.co.jp/
    11. アメニティワールド http://www.a-w.co.jp/WINDOW/ 60%OFF
      1. 松田装飾 http://www.matusou.com/ 最大70%OFF
      2. インテリアクレール http://www.curtainshop.co.jp/
  10. Xbox Linux http://www.xbox-linux.org/
  11. 11
    1. 一品香 http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/restaurant/Kanto/Tokyo/guide/0301/M0013002069.html
    2. dllcacheって消していいんだろうか?
    3. On Going展 http://www.quakecenter.org/
  12. Cleaner http://www.discreet.jp/products/cleaner/cleaner5/
      1. http://www.imageone.co.jp/csi/cleaner/
      2. http://www.openspc2.org/reibun/Cleaner5/
    1. cleaner 5.1 Update
  13. Google Web API
      1. Google Accounts
  14. アセンブラ→C言語→Ruby
      1. RATFOR http://sepwww.stanford.edu/software/ratfor.html
  15. Software Artとは何か。
    1. プログラミング言語
    2. 開発プロセス
      1. アジャイル宣言
    3. 邪悪系
    4. プログラミングそのもの
    5. テッキー
    6. ゲーム
    7. ネットワークの分野で
    8. 人工知能
    9. コンピュータ音楽
  16. 16
    1. Information Arts: Intersections of Art, Science, and Technology by Stephen Wilson
      1. p.313 Algorithmic Art
      2. Joanna Berzowska http://www.berzowska.com/
    2. Synergistic Art Project http://www.dsn.t-kougei.ac.jp/cp/SIC/
      1. メガデモ
  17. 17
    1. Charles Csuri http://www.siggraph.org/artdesign/profile/csuri/
      1. Algorists http://www.solo.com/studio/algorists.html
      2. PARC Algorithm Art Show http://www.parc.xerox.com/csl/members/bern/algoart.html
      3. http://www.iotacenter.org/
      4. Institute for Artificial Art http://www2.netcetera.nl/~iaaa/
    2. Books
      1. A.K.デュードニーの本
      2. ダグラスホフスタッターの本
    3. A.K.デュードニー 別冊サイエンス
      1. チューリングオムニバス
    4. プログラミング研究会 http://www.ipsj.or.jp/sig/pro/
  18. 無線LAN
      1. MIS http://www.miserv.net/
      2. Hi-FIBE http://www.hifibe.net/
      3. 日本テレコム https://www.jreast.co.jp/musenlan/
      4. ピクセラ PIX-WAW/N1 http://www.pixela.co.jp/WAW/index.htm
      5. ユーザー登録 http://www.pixela.co.jp/regist/
    1. Hi-FIBE http://www.hifibe.net/
      1. https://www2.hifibe.net/
      2. IPv6 on Win2K http://msdn.microsoft.com/downloads/sdks/platform/tpipv6.asp
    2. LinuxCafe http://www.linux-cafe.jp/
    3. 無線LAN
      1. ホットスポット
      2. プロント秋葉原店
      3. ●●http://www.zdnet.co.jp/internet/guide/speed/0204/04.html
  19. P2P
  20. ぷらっとホームでLCD部品
      1. 12.1TFT 富士通 FLC31SVC6S-05 Flora PC-DT5122 TFT \2,980
      2. CA51001-0234 / NA19018-C604 LCD 12.1 TFT FUJITSU CROSSES TO MOST 12.1 TFT MODELS LT121S1-106,105 AND FLC31SVC6S-05 $250.00 REFURB
      3. FLC31SVC6S-05 / NA19018-C655 LCD 12.1 TFT FUJITSU CROSSES TO MOST 12.1 TFT MODELS LT121S1-106,105 AND FLC31SVC6S-05 $250.00 REFURB
  21. 伊藤政行
  22. 郵便番号
      1. 佐川急便 http://www.sagawa-exp.co.jp/business/budjetserch-culc-j.html
  23. 23
      1. エイプリルフール
    1. Light On The Net @MeSci
    2. ムネオハウス
    3. トンガの三輪さん
    4. Combustion
    5. 中古のDELL http://arena.nikkeibp.co.jp/buy/spot/20020328/01/index_2.shtml
    6. Callus http://www.callus.co.jp/
  24. 24
      1. 三匹の犬のシミュレーション http://www.frontier.co.uk/download/index.html
    1. フラッシュバナー
    2. CSS reference http://www.zspc.com/stylesheets/css/reference.html
  25. アクセスログの視覚化
      1. http://arika.org/doc/uu.200108.apache_log.html
    1. WebLog
  26. カーテンオーダー
      1. インテリアクレール http://www.curtainshop.co.jp/
  27. 27
  28. backgroundAttachment
  29. inetinfo.exe
  30. amazon.co.jpアソシエイト

0204

VP

ChemTrains

http://citeseer.nj.nec.com/context/14920/0
http://www.brl.ntt.co.jp/people/hara/vl97.ps.gz

The 1994 Visual Languages Comparison http://www-2.cs.cmu.edu/~wjh/papers/bakeoff.html

http://www.hypernews.org/HyperNews/get/computing/visual/refs.html

http://www.yuasa.kuis.kyoto-u.ac.jp/ylab/yamakaku/Dms96/dms96.html
References
[1] A.Newell, Production systems: Models of control structures. Visual Information Processing, Academic Press, New York, pp.463-526, 1973.
[2] K.Yamamoto, Visulan: A visual programming language for self-changing bitmap, Proc. First International Conference on Visual Information Systems, pp.88-96, 1996.
[3] G.Furnas, New graphical reasoning models for understanding graphical interfaces, Proc. CHI, pp.71-78, 1991.
[4] B.Bell and C.Lewis, ChemTrains: A language for creating behaving pictures, Proc. IEEE Workshop on Visual Languages, pp.188-195, 1993.
[5] A.Repenning, Bending the rules: Steps toward semantically enriched graphical rewrite rules, Proc. IEEE Workshop on Visual Languages, pp.226-233, 1995.
[6] H.Lieberman, Graphical annotation as a visual language for specifying generalization relations, Proc. IEEE Workshop on Visual Languages, pp.19-24, 1993.
[7] A.Cypher and D.C.Smith, KidSim: End user programming of simulations, Proc. CHI, 1995.
[8] S.E.Kim, Viewpoint: Toward a computer for visual thinkers, Ph.D. dissertation, Stanford Computer Science Department, 1987.

Lieberman, Graphical annotation as a visual language for specifying generalization relations

http://agents.www.media.mit.edu/people/lieber/Teaching/Machine-Learning/Learning-Reading-List.html

http://agents.www.media.mit.edu/people/lieber/Lieberary/Mondrian/Mondrian.html
Mondrian, A Teachable Graphical Editor

http://www.media.mit.edu/groups/vlw/publications.html

ToonTalk http://www.toontalk.com/

日本語お試し版 http://www.digicon-inc.co.jp/TT30DL/TT30trial.LZH
http://www.digicon-inc.co.jp/computer.htm
http://www.digicon-inc.co.jp/concur.htm

  • ToonTalkは同時発生言語(コンカレント言語)である。
  • このような目的に時系列言語(シーケンス言語)を拡張することは困難である。
  • ToonTalkにはサブルーチンがない、共有状態が無い。

ToonTalkの源流 http://www.digicon-inc.co.jp/origins.htm

  • Rocky's Boots and Robot Odyssey - 1980年代初めのThe Learning Companyのゲーム
  • Zelda and other adventure games
  • Janus, Concurrent Constraint Programming

1970年代にCarl Hewittによって開発されたactor programming

  • Logo and Smalltalk
  • Grasp - Jaron Lanierは1980年代始めにアニメーションプログラム言

語の開発を始めました。しかし仮想現実を開拓することによって気が散らさ
れるようになりました.

  • Visual Programming & Program Animation
  • Pictorial Janus
  • Incredible Machine and Lemmings

Incredible Machine http://www.incrediblemachine.net/

http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/~washi/diary/200104.html

●英文校閲リスト http://homepage1.nifty.com/biodb/gyosha/gyosha1.htm

ミュー・リサーチ http://www.kt.rim.or.jp/~myures/ →平均的な料金:\2500/page

ファーステック http://www.fastekjapan.com/

英文校正 300単語あたり1,700円〜

和文英訳  理系専門文書 400字あたり4,500円〜

事務通信費(請求書作成費用・書類郵送料) 1ヶ月あたり一律1,000円

KNインターナショナル http://www.kninter.com/ →平均的な料金:\1500/page,200word

http://dir.yahoo.co.jp/business_and_economy/business_to_business/writing_and_editing/editing_and_proofreading/
http://www.ajet-japan.com/
http://msanuki.com/AnesIIJ.html
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/4543/Rubic/Mathematics/Mathematics.html

東野高校 http://www.higasino.ed.jp/

http://www.nsg.co.jp/spm/sm61~70/sm68_index.html
Alexander 東野高校
クリストファー・アレグザンダー 東野高校
http://homepage1.nifty.com/myjo/plan/020102.htm
クリストファー・アレグザンダー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4306041719/qid=1019066346/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-8973287-7803465
http://www.to-in.co.jp/forests/pattern.html
http://www.ntticc.or.jp/pub/ic_mag/ic021/isozaki_j.pdf

  • メタボリズムの問題は,クリストファー・アレグザンダーの言う「ツリー」と

「セミ・ラティス」の議論にほとんど集約されている

  • アレグザンダーが「都市はツリーではない」という皮肉な論文
  • アレグザンダーは,セミ・ラティスを生成するのに,「パターン・ランゲー

ジ」という方法を組み立て,群論なんかを使って,ツリーが崩れていくよう
な方法論を編み出したんですが,自分の事務所でひとつの建築の設計をやる
と結局また同じになっちゃう(笑).それで,彼の場合には暗礁に乗り上げ
たというのが実情だと思うんですね.

Christopher Alexander, Linz Cafe

http://www.math.utsa.edu/sphere/salingar/Chris.text.html
"Linz Cafe"
http://www.sra.co.jp/people/nishis/smalltalk/references/Smalltalk.html
http://www.kpoe.at/termine/0327.html

Mittwoch, 8. August 2001, 20 Uhr, Linz, Cafe Druzba, Kapuzinerstrase 36, Politstammtisch, KPO-Parteigruppe Linz-Mitte

Freitag, 28. September 2001, 21 Uhr, Linz, Cafe Druzba, Kapuzinerstrase 36, Konzert Kai Degenhardt, Kulturverein M8

"Linz Cafe" Austria

http://www.archindex.com/free/srchdet.cfm?inlocation=*&inmagazine=*&inarch=Christopher%20Alexander

http://www.pdir.it/orsa/golem/catalogo99/corino_testo.htm イタリア語
http://arch.ced.berkeley.edu/people/faculty/alexander.htm

2

プログラミング研究会 http://www.ipsj.or.jp/sig/pro/

http://java-house.jp/~takagi/paper/oo2001-panel-pattern-takagi.pdf
パターンは役にたったのか? パターン解釈を巡る論争を振り返る
産業技術総合研究所 高木浩光

ロットロット

http://www.fupac.co.jp/~poem/lot/
http://www3.justnet.ne.jp/~tpmco/lotlot.html
LotLotLot LotLot
http://www3.justnet.ne.jp/~tpmco/msx.html
http://www4.airnet.ne.jp/makuta/tagoo/p_comment.cgi?DACHI=76
http://www4.airnet.ne.jp/makuta/tagoo/s_check.cgi?LINE=879
MSX Yuki プログラムポシェット テクノポリス ホップジョーカー プ―リー

東京国立近代美術館 http://www.momat.go.jp/

カンディンスキー展 http://www.momat.go.jp/kandinsky/index.html
3月26日(火) − 5月26日(日)


工藤青石 http://www.design-awards.com/kudoh.html
http://www.kyoto-art.ac.jp/information-design/coordinate_b.html
平野敬子(デザインディレクター)
工藤青石(アートディレクター)

●●ヒラノステュディオ http://hiranostudio.com/

●●●http://www.qiora.com/

東京国立近代美術館 平野敬子

http://www.outdex.net/

http://www.doorknock.com/ozawa/ozawamania.html
http://headlines.yahoo.co.jp/video_gallery/showbizzy_interview/

著作権表記

著作権と「マルC」 http://jimphelps.tripod.co.jp/circlec.html

万国著作権条約 第三条

その最初の発行の時から著作権者の名及び最初の発行の年とともにCの記号
を表示している限り、その要求が満たされたものと認める。

  • マルC、著作権者、発行年でワンセット
  • マルCを表示することが技術的に難しい場合は、(C)と書いても良い慣例
  • 記号と2つの情報の順番については、特に規定はない
  • マルC・著作権者・年度またはマルC・年度・著作権者になっているものが多い
  • Copyright, by, All Rights Reserved. →あってもなくてもよい。
  • 日本国内におけるマルCの法的意味は、何もない

http://www.geocities.com/poli_wag/

http://web.archive.org/web/20010806152337/www.geocities.com/poli_wag/

CGI http://tackysroom.com/page_cgi.htm

Easy Link Library http://www3.justnet.ne.jp/~botchy/el.htm

  • DirectXを簡単に使えるようなライブラリー。著作権無し。

天気予報

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410.html
http://www.wni.co.jp/cww/docs/yoho/s13.html
http://weather.asahi.com/city/tokyo.html

Software Artとは何か。

ソフトウェアアートとは何か。まずはそれに先立つ概念としてプログラミン
グアートについて考えてみる。これは単純に、プログラミングを用いて作ら
れたアート作品、プログラミングでできているからこそ意味があるアート作
品という意味合いで考えてみることができる。

ソフトウェアアートとはプログラミングアートよりも若干広い考え方で、純
粋に技術的な意味でのプログラミングのみに基いていなくてもよく、プログ
ラミングやそれをとりまく環境としてのソフトウェアによるアート作品を意
味すると考えることができるのではないだろうか。

私が考えるところによれば、現時点で最も優れたソフトウェアアート作品は、
Richard Stallmanによって書かれたGPL(General Public License)だと思う。
これはよく知られているように、GNU製品やLinuxなどのフリーソフトが採用
しているライセンスで、フリーソフト運動の基盤となるようなソフトウェア
である。これは法律用語というプログラミング言語で書かれたソフトウェア
アート作品であると考えられる。

このように、プログラミングという純粋に技術的な意味での行為と、それが
いかに社会に関与しうるかという接点において、漸進的な変化ではなく、な
んらかの意味での大きな切断面を作りあげた製品=作品=ソフトウェアを、
ソフトウェアアート作品であると考えることができるように思う。

Richard Stallman http://www.stallman.org/
General Public License http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html

プログラミング言語

ごく普通のプログラミング言語をアート作品と呼べるかは疑問であるが、
とりあえず考えてみる。

  • lisp

世界最古のプログラミング言語の一つであり、いまだに生き残っているとい
う意味で、プログラミング原器的な役割を持つように思う。

アラン・ケイが開発したオブジェクト指向の祖先のような言語。現在では
Squeakと名前を変えて開発が続けられており、そのデモによって示される
動的性質は現在でも十分にインパクトがある。

オブジェクト指向という言葉が何を意味するかはいろいろと議論がある。
しかし私が考えるところによれば、それは単に使いやすいということを意味
する。その意味でもっとも優れたオブジェクト指向言語であり、つまりは
もっとも優れたプログラミング言語であるのはこのRubyであると思う。

ほぼ同じようなテイストを持つ言語としてPythonなどがあるが、Rubyの面白
い点は、使いやすければそれでいいじゃん、という作者(まつもとゆきひろ)
のセンスによる節操の無い哲学を売りにしたところがあり、それがアート作
品的であるように感じる。

よくPerlとの対比で語られることが多いが、私の主観的な印象では、
アセンブラ→C言語→Ruby
というプログラミング発展の流れでとらえている。
ポイントは、その自由度の高さである。自由であることをどのようにプログ
ラミング言語の中にとりいれているかが私にとって最も重要な点である。

  • 純粋に実験としての言語であれば、いろいろある。テキストベースのプロ

グラミング言語ながら、その中でvisual programing的に矢印などを並べて
プログラミングできる言語がある。Unix Userかなにかにプログラミング言
語についての連載があって、そこでとりあげられていた。

開発プロセス

開発プロセスをアートととらえられるかは疑問であるが、プログラミングに
対するアプローチの変遷ととらえれば、プログラミングに対するメタな考え
方の提示であるととらえられる。プログラミング業界における社会運動とと
らえることもできるだろう。また、プログラミング方法論の発展の流れば、
ある程度哲学の流れとパラレルにとらえられるように感じている。

構造主義 → 構造化プログラミング
ポストモダン → オブジェクト指向プログラミング
カルチュラル・スタディーズ → デザインパターン
NAM → XP

これはプログラムの開発手法に関する理論なのであるが、様々な意味でいま
までのプログラム開発手法という枠を飛び超えていて、興味深い。ペアプロ
グラミング、テストファーストなどの独特な手法をとりいれている。

XPを提唱したKent Beckなどを中心としたアジャイル宣言という運動もある。
プログラミングを機械的なプロセスではなく、人間中心的なプロセスとして
見直そうという運動である。

Kent Beck http://c2.com/ppr/about/author/kent.html
Martin Fowler http://www.martinfowler.com/
Manifesto for Agile Software Development http://agilemanifesto.org/
http://objectclub.esm.co.jp/eXtremeProgramming/WhatXPPresentsUs/

アジャイル宣言

私たちは,
プロセスとツールよりも個人と対話に,
包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアに,
契約交渉よりも顧客との協調に,
計画に沿うことよりも変化に対応することに,
価値をおく.

テッキー

いくつかの仮想的なプログラミング言語(アセンブラに近い)によって
プログラムの動作を記述し、プログラム同士を戦わせる。
参照: A.K.デュードニー「別冊サイエンス」

  • C-Robot

C言語によってロボットの動作を記述する。仮想空間の中でロボット同士を戦わせる。
http://www.pbm.com/~lindahl/pbem_articles/cpprobots_environment.html

ゲーム

これはプログラミングをゲーム化したものと考えることができる。

Rogueというゲームを自動的にプレイするというエキスパートシステム。
参照: A.K.デュードニー「別冊サイエンス」
作者はその後Lycosを立ち上げた、Michael Mauldin。
Michael L. (Fuzzy) Mauldin http://www.lazytd.com/lti/

  • ブロックに動作を指定して空間の中で組み立てていくことができるゲーム。

プレステ用。名前は忘れた。

  • ルールがころころ変わっていくというルールのゲーム

http://www2b.biglobe.ne.jp/~game/intro/fluxx.htm

  • メタマジックテーマの中で扱われている、ルールを変えていくというルールのゲーム。

邪悪系

プログラミング業界の流れの中で、その閉鎖された空間内部での内輪受け的
なプログラミングゲームがいくつかある。C言語はもともと記述方法が奇妙
と言われてきたが、その傾向をさらに強調するのが邪悪なCコードコンテスト。
できる限り読みにくい、でもちゃんと動くというCのプログラムが集められ
ている。ハッカーアート的。プログラミング批判としてのプログラミング作
品としても読める。

  • 邪悪なCコードコンテスト

The International Obfuscated C Code Contest http://www.ioccc.org/

  • 邪悪なPostScriptコードコンテスト

The Obfuscated PostScript Contest http://www.ait.iastate.edu/olc/services/printing/postscript/programming/obfuscated.contest.html
http://web.mit.edu/afs/sipb/contrib/postscript/obfuscated-1993/
Obfuscated Perl Program http://perl.plover.com/obfuscated/
PerlはもともとObfuscatedなので意味がないかも。
http://www.wikipedia.com/wiki/obfuscated+code

人工知能

実体としてはきわめてまっとうなエキスパートシステムである。

いくつかの書き文字から特徴抽出して、たくさんの文字を自動生成してくれる。

顔の特徴量がパラメータ化されており、様々な顔を生成できる。

セルラーオートマトン

セルラーオートマトンによる印刷物の作品群。

砂の落ちる様子を再現したアプリ。移動アルゴリズムを変更できる。

アプリケーションに対する批判としての作品

http://www.signwave.co.uk/products/autoshop/
http://generative.net/

コンピュータ音楽

コンピュータプログラミングをそのまま曲にしたもの。

Stephane Rollandinによる、空間的な配置を音楽に転換した作品。

計算過程そのものの視覚化・具象化

Jared Schiffmanによるチューリングマシンの動作形態をvisualizeする作品。
チューリングマシンの計算過程そのものをvisualizeする試みで、その主旨
はまったく理解できるのだが、計算の本質とは関係がないように思う。

visual programming環境。すんごいきれい。

  • John Maeda "Coded in Blue"

空間そのものをプログラムする。
http://www.ntticc.or.jp/Calendar/2001/Post_Digital/Works/coded_blue.html

Visual Programming

グリッドに要素を並べていってプログラミングする。

  • 山本 格也, ビットマップに基づくプログラミング言語Visulan

http://ryujin.kuis.kyoto-u.ac.jp/ylab/yamakaku/Papers/Thesis/Thesis.html

ToonTalkの源流として →Rocky's Boots and Robot Odyssey →Zelda

  • Janus →Logo, Smalltalk →Grasp by Jaron Lanier →Pictorial Janus
  • Incredible Machine and Lemmings

ネットワークの分野で

  • Gopher in a Forest
  • Mosaic, Netscape
  • Web Stalker

(最近のゲームを元にしたもの, 404, HTML deconstruction, etc.)

flashによる作品

個々の作品の美しさよりも、そこで作りつつあるコミュニティが興味深い。


笠尾敦司「Linux GIMPのプラグイン:SICで目指す芸術と科学の融合」
http://lc.linux.or.jp/lc2001/papers/linux-sic-paper.pdf

  • メガデモ

assembly http://www.assembly.org/
Back to the Roots http://www.back2roots.org/Demos/

http://web.media.mit.edu/~joey/xy/y.html
Javaによるdrawing tool群。面白い。
参照: p.313 Algorithmic Art, Information Arts: by Stephen Wilson
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/026223209X/etocom05-22

  • 古堅さんの武蔵美授業の学生、プログラミングをテーマとした作品。

左右のフレームにわかれていて、左でブロックをつみかさねていくと、右で形が生成される。

4

以下参考。


http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/1903450500/ref=ase_levitatednet-20/102-7847455-4883330

  • 計算によって作られたFlash作品群。面白くない。

verostko http://www.verostko.com/
Ken Musgrave http://www.wizardnet.com/musgrave/
George Legrady http://www.mat.ucsb.edu/~g.legrady/

http://www.iotacenter.org/

Oskar Fischinger, John Whitneyなどについて

Books

  • A.K.デュードニーの本 →日経サイエンス別冊×2 →Turing Univers
  • チューリングオムニバス

http://www.dendai.ac.jp/press/book_da/ISBN4-501-51950-9.html
http://darwin.esys.tsukuba.ac.jp/SF/Reference.html

  • ダグラスホフスタッターの本 →Meta Magic Game →ゲーデルエッシャーバッハ
  • ハロルド・コーエン、aaron's code →sodaplayの人の論文 →ネット上の仮想生物展覧会。

5

マイライン http://www.myline.org/

(1)市内通話

KDDI 0077

東京電話 0081

日本テレコム 0088

平成電電 0083

メディア 0060

(2)同一県内の市外通話

KDDI 0077

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC 0061

東京電話 0081

日本テレコム 0088

フュージョン・コミュニケーションズ 0038

平成電電 0083

メディア 0060

(3)県外への通話

KDDI 0077

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC 0061

東京電話 0081

日本テレコム 0088

フュージョン・コミュニケーションズ 0038

平成電電 0083

メディア 0060

(4)国際通話

KDDI 001

ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC 0061

ドイツテレコム 0080

東京電話 0082

日本テレコム 0041

フュージョン・コミュニケーションズ 0038

平成電電 0083

メディア 0060

ワールドコム・ジャパン 0071


http://www.kakaku.com/myline/

平成電電 http://www.hdd.co.jp/ 月額2000円の最低通話料

メディア http://www.mediakk.com/


6円電話 えむ電

YahooBB

http://aomori.cool.ne.jp/yahoobb/

http://zato.nu/yahoobb/

http://member.nifty.ne.jp/oso/speedtest/
キャンセル https://edit.secure.yahoo.co.jp/config/ybb_cancel
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Pit/2699/
http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2001/1204/odyou.htm
http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/backno/ybbindex.htm


BBPhone
http://www.bbtec.net/bbphone/
http://members.tripod.co.jp/ct1/index.html#20020414

メディア マイライン

http://www.linkclub.or.jp/~rfuji/mairapc/
http://village.infoweb.ne.jp/~fwnk7304/myline/

メディア えむ電 6円電話

http://www.swa.gr.jp/tel/m_den.html

  • 「6円電話」、安いのは近距離だけ
  • 基本料金、最低料金がない

6円電話 3分電話


アナログライト
http://www.rakuten.co.jp/telicchou/454385/
1,750円→2,390円
差額、月々640円加算

加入権 安い

http://www.broadbandshop.co.jp/
アナログ、26600円、3.5年で元がとれる。
http://www.hptouroku.com/comzz.htm
28,400円(29,820円) 通常のアナログ加入権電話の価格です。
http://www.comzz.co.jp/day/faq/denwa_index.html
アナログ・ライト
http://www.watch.impress.co.jp/broadband/news/2001/08/31/light.htm
加入電話・ライトプラン
http://www.ntt-east.co.jp/release/0202/020201a.html

http://homepage1.nifty.com/t-gonta/adsl/kanyulight.htm

http://homepage1.nifty.com/t-gonta/adsl/
「加入電話・ライトプラン」をADSL使用目的でご利用される場合、東西NTT
への申し込み時に、「ADSLでの利用」を伝え、光収容されていないメタル回
線かどうかの確認をお願いいたします。光収容されている場合は、ADSLのご
利用ができません。

http://www.tokyo116.com/tel/010012.shtml

http://www.myline.org/content7.html

ワールドコム・ジャパン http://www.wcom.co.jp
KDDI http://www.kddi.com
ケーブル・アンド・ワイヤレスIDC http://www.cw.com/jp
東京電話 http://www.ttnet.co.jp
日本テレコム http://www.japan-telecom.co.jp
フュージョン・コミュニケーションズ http://www.0038.net
平成電電 http://www.hdd.co.jp
メディア http://www.mediakk.com

Visual Programming

  • 増井さんによるvisual programmingなどにおけるsurvey.

http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Visualization.html
http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/Visualization/
http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/index.html
http://www.vogue.is.uec.ac.jp/~koike/papers/bit/bit.html
http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Design.html
http://www-graphics.stanford.edu/papers/spreadsheets/
Marc Levoy, Spreadsheets for images, Proc. SIGGRAPH '94

J. F. Patterson, Rendezvous: An architecture for synchronous multi-user applications
Proceedings of the Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW '90), pp. 317-328, October 1990

視覚言語 http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/VL.html

竹内 郁雄, ビジュアル言語はまだまだなっとらん, bit, Vol. 30, No. 1, pp. 20-22, January 1998

現在のVLは、抽象的な、本当に難しいものをビジュアルに扱えないからなっとらん、らしい。

Jennifer Mankoff, Jonathan Somers, Gregory D. Abowd

Bringing People and Places Together with Dual Augmentation
Proceedings of Collaborative Virtual Environments (CVE'98), June 1998

  • Georgia Techの"Domisilica"プロジェクトの紹介。

データ共有にはMUDを使う。

http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Bitmap.html

http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Parallel.html

Gruia-Catalin Roman, H. Conrad Cunningham

Mixed Programming Metaphors in a Shared Dataspace Model of Concurrency
IEEE Transactions on Software Engineering, Vol. 16, No. 12, pp. 1361-1373, December 1990

  • Lindaを拡張した(?)言語``Swarm

Gruia-Catalin Roman, Kenneth C. Cox

A Declarative Approach to Visualizing Concurrent Computations
IEEE Computer, Vol. 22, No. 10, pp. 25-36, October 1989

  • Swarmは共有空間を使用した計算モデルで、Tuple spaceと Transaction

space, Transaction type definitionから構成される。Transactionという
のは計算規則であり、共有空間内に規則とマッチするタプルを発見すると動
作が起動される。これを使用したデータ視覚化システムの解説。 (増井)

吉田 紀彦, 楢崎 修二

場と一体化したプロセスの概念に基づく並列協調処理モデル Cellula
情報処理学会論文誌, Vol. 31, No. 7, pp. 1071-1079, July 1990

http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/UI.html

David Canfield Smith, Allen Cypher, Jim Spohrer

KIDSIM: Programming Agents Without a Programming Language
Communications of the ACM, Vol. 37, No. 7, pp. 55-67, July 1994

  • 商品版はCOCOA Cypher:Cocoa

萩谷 昌己, ビジュアルプログラミングと自動プログラミング

コンピュータソフトウェア, Vol. 8, No. 2, pp. 27-39, March 1991
ftp://nicosia.is.s.u-tokyo.ac.jp/pub/staff/hagiya/vjidou/vjidou.tex

Brad A. Myers, Visual Programming, Programming by Example and Program Visualization: A Taxonomy

Proceedings of the CHI'86 Conference on Human Factors in Computing Systems and Graphic Interfaces, pp. 59-66, May 1986

  • ビジュアルプログラミング: グラフィックスそれ自体がプログラムであるもの
  • プログラムビジュアライゼーション: プログラムは従来のテキストで記述され,プログラムのある側面や実行状態を表示するためにグラフィックスを利用

Steve G. Steinberg, Lifestreams, WIRED, Vol. 5, No. 2, pp. 148-151, 204-209, February 1997

田中 二郎, ビジュアルプログラミング, ビジュアルインタフェース -- ポストGUIを目指して, pp. 65-78, February 1996

山本 格也, ビジュアルプログラミングはどこへ行く?, bit, Vol. 28, No. 7, pp. 12-17, July 1996

●●Linda http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/Linda.html

David Gelernter, Generative Communication in Linda

ACM Transactions on Programming Languages and Systems, pp. 80--112, January 1985

  • Lindaの原論文

伊藤 昭典, 亀山 三穂, 吉田 誠, 異機種分散環境における伝言システムの実装

情報処理学会マルチメディア通信と分散処理研究会研究報告, Vol. 57, No. 17, pp. 129-135, September 1992

  • LanManager上でLindaサーバを作ってCSCWしたという話。

増井 俊之, 花田 恵太郎, 音川 英之, 共有空間通信を利用したグループワークシステムの構築

情報処理学会プログラミング--言語・基礎・実践--研究会研究報告 92-PRG-10, Vol. 93, No. 11, pp. 49-56, January 1993

Satoshi Matsuoka, Satoru Kawai, Using Tuple Space Communication in Distributed Object-Oriented Languages

Proceedings of the 1988 ACM Conference on Object-Oriented Programming Systems, Languages and ApplicationsSIGPLAN Notices, Vol. 23, No. 11, pp. 276-284, November 1988

http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/bib/PBE.html

Brigham Bell, Clayton Lewis, ChemTrains: A Language for Creating Behaving Pictures

Proceedings of 1993 IEEE Symposium on Visual Languages (VL'93), pp. 188-195, 1993

  • グラフィカルなルールの記述によるビジュアルプログラミング言語

位置指向の情報統合 http://www.kokono.net/w3c/

高橋克巳 三浦信幸 坂本仁明 島健一, NTTソフトウェア研究所

http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/papers/PBESurvey/PBESurvey.html

ビジュアルプログラミング

http://www.iplab.is.tsukuba.ac.jp/~jiro/hearing.html
http://www.iplab.is.tsukuba.ac.jp/research/3dpp/otherref.html

http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/UnixMagazine/PDF/if9809.pdf

  • ビジュアル言語は並列/論理/ 制約言語などに向いている
  • 手続き型言語だとメリットが少ない

[参考文献]{{br}} [1]M. M. Burnett and M. J. Baker, "A classificationsystem for visual programming languages", Journalof Visual Languages and Computing,
Vol.5, No.3,pp.287?300, 1994
[2]Apple Computer, Welcome to Cocoa - InternetAuthoring For Kids,February 1997 (http://cocoa.apple.com/cocoa/index.html)
[3]Allen Cypher and D. C. Smith, "KIDSIM: End UserProgramming of Simulations", Proceedings of theACM Conference on Human Factors in
ComputingSystems (CHI'95), pp.27?34, Addison-Wesley, May1995 (http://www.acm.org/sigchi/chi95/Electronic/documnts/papers/ac1bdy.htm)
[4]Ephraim P. Glinert, Meera M. Blattner andChristopher J. Frerking, "Visual tools and lan-guages: Directions for the '90s", Proceedings
of1991 IEEE Workshop on Visual Languages, pp.89?95, IEEE Computer Society, October 1991
[5]Brad A. Myers, "Visual programming, program-ming by example and program visualization: A tax-onomy", Proceedings of the CHI'86
Conference onHuman Factors in Computing Systems and GraphicInterfaces, pp.59?66, Addison-Wesley, May 1986
[6]Bonnie A. Nardi, A Small Matter of Programming,The MIT Press, 1993
[7]Allen Cypher (ed), "Triggers - Guiding Automationwith Pixels to Achieve Data Access", Watch What IDo - Programming by Demonstration,
pp.361?380,The MIT Press, 1993
[8]田中二郎「ビジュアルプログラミング」第 2.3 章、『bit 別冊 ビジュアルインタフェース』pp.65?78、共立出版、1996年2 月
[9]竹内郁雄「ビジュアル言語はまだまだなっとらん」、bit、1998 年 1 月号、pp.20?22
[10]増井俊之「ビジュアルプログラミングのすすめ」、bit、1998年1 月号、pp.17?19UNIX MAGAZINE 1998.96

BTRONマイクロスクリプト http://www.personal-media.co.jp/book/tron/btronms_intro.html

http://www.iamas.ac.jp/~aka/profile/
「Prograph CPXによるビジュアルプログラミング入門」(1996、技術評論社刊)

山本 格也, ビットマップに基づくプログラミング言語Visulan

インタラクティブシステムとソフトウェアIII: 日本ソフトウェア科学会 WISS'95, pp. 151-160, 1995
http://www.yuasa.kuis.kyoto-u.ac.jp/ylab/yamakaku/Dms96/dms96.html
http://ryujin.kuis.kyoto-u.ac.jp/ylab/yamakaku/
http://www.namco.co.jp/ntf/3rd/07yamamo.fol/07yamamo.htm
http://www.csl.sony.co.jp/person/nagao/macc95/abstracts/yamamoto.html

Kakuya Yamamoto, VisuLan

カーテン

守屋 http://www.mshop.co.jp/ 68%OFF

042-752-1501 9:00-18:00 定休日:日曜.祭日

シンコール自由ヶ丘ショールーム 〒125-0041世田谷区奥沢5-23-21

03-3717-3240 10:00-18:00

川島ショールーム 〒160-0015新宿区大京町31-4パークサイドビル1階

03-3355-0575 10:00-18:00

リリカラ 〒160-8315新宿区西新宿7-5-20リリカラ(株)2F

03-3366-7824 10:00-18:00 土、日、祝日は17時まで

フィスバ 新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワーOZONE 7F

03-5322-6593 10:30-18:30 水休 祝日営業

東リ 〒141-0022品川区東五反田5-25-19東京デザインセンター4F

03-5421-3711 月金10:00-18:00 土10:00-16:00 日・祝日は休館日

住江織物 品川区西五反田2-30-4 BR五反田ビル

03-5434-6545

マナトレーディング 〒153-0061目黒区中目黒1-8-1中目黒ITビル1F

03-5721-2831 10:00〜17:00 定休日:日祝

サンゲツ 〒107-6003東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル3階

03-3505-3300 10:00-18:00 休館日 4/13,14

カーテンメーカー

サンゲツ http://www.sangetsu.co.jp/

〒107-6003東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル3階
TEL:03-3505-3300 FAX:03-3505-5235
AM10:00〜PM6:00 [森ビル休館日]4月13日(土)・14日(日)

  • 六本木1丁目駅 3番出口より徒歩1分

リリカラ http://www.lilycolor.co.jp/

http://www.lilycolor.co.jp/showroom/showroom_tokyo.html
〒160-8315東京都新宿区西新宿7-5-20リリカラ(株)2F
Tel.03-3366-7824
午前10時〜午後6時(土、日、祝日は午後5時まで)

  • 新宿駅西口 徒歩10分

東リ http://www.toli.co.jp/

東京ショールーム 〒141-0022東京都品川区東五反田5-25-19東京デザインセンター4F
TEL.03-5421-3711 FAX.03-5421-3713
月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:00 日・祝日は休館日

  • 五反田駅

シンコール http://www.sincol.co.jp/

http://www.showroom-web.com/
http://www.o-sincol.co.jp/
http://www.m-sinco.co.jp/
http://www.sincogroup.co.jp/
http://www.sincogroup.co.jp/sr/map/jygmap.htm
自由ヶ丘ショールーム 〒125-0041世田谷区奥沢5-23-21
TEL 03-3717-3240 10:00〜PM6:00

  • 自由が丘

アスワン http://www.fcc.co.jp/aswan/

http://www.fcc.co.jp/aswan/tokyo.html
クリアハウス東京 〒140-8624東京都品川区東品川4-10-13
TEL:03-5462-4567/FAX:03-5462-4519
〈営業時間〉AM9:00〜PM5:20 〈休館日〉日曜、祝祭日、年末年始、夏期休暇

川島織物 http://www.kawashima.co.jp/

http://www.kawashima.co.jp/ja/about/address.html#showroom
東京ショールーム 〒160-0015新宿区大京町31-4 パークサイドビル1階
TEL: 03-3355-0575 FAX: 03-3355-0597
AM10:00-PM6:00 定休日:第2・第4水曜日

  • 千駄ヶ谷駅

住江織物 http://www.mediagalaxy.co.jp/suminoe/

http://www5.mediagalaxy.co.jp/suminoe/showroom/tokyo.html
品川区西五反田2-30-4 BR五反田ビル
TEL.03-5434-6545 FAX.03-5434-2315

  • 五反田駅

マナトレーディング http://www.manas.co.jp/

http://www.manas.co.jp/data/3_show/index3.html
〒153-0061目黒区中目黒1-8-1中目黒ITビル1F
TEL.03-5721-2831 FAX.03-5721-2832
10:00〜17:00 定休日:日曜日・祝日

  • 中目黒駅

フィスバ http://www.fisba.co.jp/

http://www.fisba.co.jp/5-showroom/sr_tokyo.html
新宿区西新宿3丁目7-1 新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE 7F
TEL 03-5322-6593 10:30〜6:30PM 水曜日休館 祝日営業

メーカーリンク集

http://www.matusou.com/m-link.htm

カーテンオーダー

守屋 http://www.mshop.co.jp/ 68%OFF

tel.042-752-1501 9:00-18:00 定休日:日曜.祭日

松田装飾 http://www.matusou.com/ 最大70%OFF

アメニティワールド http://www.a-w.co.jp/WINDOW/ 東リ・サンゲツ・リリカラが60%OFF

平安 http://www.kyoto-heian.com/ 検索がよくできている。
http://www.coco-web.com/
http://www.mami.co.jp/cheepTEXT/tamato.html


http://directory.google.com/Top/World/Japanese/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0/%E5%AE%B6%E5%85%B7%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88/
http://www.i-yoshioka.com/
サンゲツカーテン・リリカラカーテン・東リカーテンは62%OFF
セルコンカーテンは55%OFF
川島織物カーテンは50%OFF


アスワン セルコン シンコール フィスバ
http://www.kirakukan.com/shopping/shopping_sintiku.html
http://www.biwa.ne.jp/~i-box/curlink.html
http://members6.cool.ne.jp/~dedeyoko/maker/makr_inf.html
http://www.always-good.com

http://www.always-good.com/Pages/maker-14.html

守屋 カーテン

http://dir.yahoo.co.jp/business_and_economy/shopping_and_services/home_and_garden/furnishings/window_treatments/custom_made/

無料ホームページ

http://window.gooside.com/
http://www.gooside.com/ 100MB

カーテンメーカー・ショップ

http://www.sangetsu.co.jp/
http://www.sangetsu.co.jp/show/index.html
http://www.lilycolor.co.jp/
http://www.lilycolor.co.jp/shop/index.html
http://www.toli.co.jp/
http://www.toli.co.jp/shop/index.html

割引率高

http://www.kyoto-heian.com/
http://www.a-w.co.jp/WINDOW/ …60%OFF
http://window.gooside.com/
http://www.matusou.com/curtain.htm …65%off
http://www.curtain-center.com/
http://www.mshop.co.jp/kagu_curtain.htm
http://www.coco-web.com/index.htm
http://www.mami.co.jp/discount.html

大塚家具 http://www.idc-otsuka.co.jp/

http://www.e-kurashi-de.net/
http://www.idc-otsuka.co.jp/showroom/sinjuku.html
〒160-0022新宿区新宿3-33-1
03-5379-4321 10:30-19:00 休館日年始
JR新宿駅南口より徒歩約2分

リリカラ http://www.lilycolor.co.jp/

http://www.arcmedia.co.jp/showroom/lily/head.htm
〒160-8315新宿区西新宿7-5-20リリカラ(株)本社2F
03-3366-7824 JR新宿駅西口徒歩10分
10:00〜18:00 土日祝〜17:00 休館日 年末年始・夏期休業・GW

  • ファブリックデコ2002-04 カーテン総合見本帳。
  • サーラ3300 2001-03 生地価格が全商品3,300円/・以内

http://www.shikimono.com/onlineshop/curtain/rank_lily.htm
リリカラのカタログを見ることができる。(売上ランキング)
ショールーム一覧 http://allabout.co.jp/house/interior/subject/msub_curtain.htm?FM=mc
社名の由来 http://www.dik.co.jp/seken/GOGEN/koukaicyosa.html

セルコン http://www.selkon.co.jp/

http://www.selkon.co.jp/contents/showroom/tokyo.html
〒101-0047千代田区内神田1-13-12
03-3294-7322 定休日 水

  • 神田

アメニティワールド http://www.a-w.co.jp/WINDOW/ 60%OFF

http://www.j-momo.co.jp/

松田装飾 http://www.matusou.com/ 最大70%OFF

http://www.coco-web.com/

インテリアクレール http://www.curtainshop.co.jp/

11

一品香 http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/restaurant/Kanto/Tokyo/guide/0301/M0013002069.html


http://www.oisix.com/
http://www.zdnet.co.jp/news/0204/12/e_groove.html
Grooveはコンピュータ上に,ほかのGrooveユーザーと企業ネットワークやイ
ンターネットを介してファイルを共有するための場を作る。Napster熱が沈
静化した後も,Grooveは企業のニーズに合わせてカスタマイズしたより小規
模なP2Pアプリケーションを提供し,評価を得ている。
http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/0409/black.htm


Rhythm Engine http://www.photon01.co.jp/reg/indexj.html#download
http://www.wtnv.jp/index.html

dllcacheって消していいんだろうか?

dllcache
http://pc-information.com/document/0509.html

  • 消してしまっていいみたい…。

http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/windows2000/technologies/ac-win2kcompat/ac-sfp.asp
http://pcweb.mycom.co.jp/column/win2k/win2k034.html
http://homepage2.nifty.com/winfaq/c/ntdisk.html

On Going展 http://www.quakecenter.org/

2002年4月13日(土)〜4月17日(水)12:00〜21:00(最終日〜18:00)
@ 旧三河台中学校, 区六本木4-7-14(六本木徒歩3分)

Google Web API

http://www.google.com/apis/api_faq.html
The service has been tested with Java (Apache SOAP and Apache Axis),
Perl (SOAP::Lite version 0.52), Ruby (SOAP4R), and C# in MS Visual Studio .NET.

Google Accounts

In the future, your Google account will enable login access to all
Google services, including Google Groups posting, Google AdWords,
the Google Store, the Google in Your Language program, and more.
http://groups.google.com/groups?hl=en&group=google.public.web-apis


Keep on Googlin',

  • The Google Web APIs Team

アセンブラ→C言語→Ruby

以下の記述は、事実関係を調べてみると、いくつか間違った部分がありまし
たので、そのままでは信用しないでね。


アセンブラは、一般にはプログラミング言語の一種であるとはみなされてい
ない。しかし私はこれもプログラミング言語の一種であるとしてみるべきだ
と思う。アセンブラがプログラミング言語の一種とみなされていないという
のは、つまりアセンブラ以前のプログラミング言語を想定できないというこ
とだ。しかしそれは存在する。つまり16進数直打ちだ。アセンブラが無い状
態でもメモリに16進数で直にコードを書いていけばプログラムは書ける。し
かしメモリの配置やプログラムアドレスの管理は非常に面倒だ。アセンブラ
を使うようになって16進数直打ちの面倒さから解放されたとき、やはりとて
も楽になった。そして元に戻ろうとはけっして思わなかった。ここで重要な
のは、16進数直打ちからアセンブラに発展したときに、楽になりこそすれ、
不自由になった面というのは一つも無かったことだ。もし楽になった面もあ
り、かつ不自由になった面もあったとしたら、元に戻ろうとしていたかもし
れない。


普通のプログラミング言語進化論では、アセンブラの次にlispやFORTRANが
きて、COBOL、PASCALなどという歴史をたどり、次にC言語が来る。しかし私
の主観的には、アセンブラの次にC言語がくるように思う。

C言語はいったいどこから生まれてきたのか。B言語からという人もいる。
しかしそれならばB言語はどこから来たのか。実はCの発祥の地はBではない。
C言語はFORTRANから発展した。具体的にはRATFORというFORTRANに対する
wrapperを経由して誕生した。RATFORが誕生する過程は「ソフトウェア作法」
という本に書かれている。このRATFORをデザインする過程で、文法的な決断
をいくつもしたわけだが、それがそのままC言語の特徴へ直結している。具
体的にはブロックに{}を使うことや、&&や||という記法などである。そういっ
た見た目として奇妙な文法を採用することにそれぞれどのような意味があっ
たのかがこの本には詳述されている。それこそが、C言語誕生の瞬間だった
ように思う。

「ソフトウェア作法」 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320021428/etocom05-22

  • が、きちんと読んでみると、RATFORはC言語の後に発生したものであった。

{}などの文法がどこから来たのかというと、それは別のところなのだった。

RATFOR http://sepwww.stanford.edu/software/ratfor.html

Kernighan, B. and Plauger, P., "Software Tools," Addison-Wesley, 1976.
http://sepwww.stanford.edu/public/docs/bei/rat/paper_html/node1.html
http://www.lbm.go.jp/toda/comp/lang80.html
http://lagendra.s.kanazawa-u.ac.jp/ogurisu/manuals/b_and_w.html
http://www.is.akita-u.ac.jp/~sig/books/unix.html

C言語のデザインを考える際に重要なことは、それを使うことによってなに
かができなくなるということが、できるだけ無いようにしたということだ。
具体的にはポインタの存在、文字と数字の相互置換可能性、ビットフィール
ドへのアクセスなど。つまりアセンブラを使っているときに必須である記述
をできるだけ可能なままとし、なおかつ記述の本質的な部分を取り出すこと
によってポータビリティを確保する。つまりC言語とは、ポータビリティの
あるアセンブラなのである。OSがC言語で書かれていることからも解る通り、
基本的にはC言語にはできないことがない。これがもっとも重要な点である。

当たり前のことであるが、元々C言語には入出力の機能などは含まれていな
い。例えばprintfはC言語の一部ではなく、基本的なライブラリの一部とし
て提供されているだけである。このようにC言語はなにかとなにかを結びつ
けるという言語としての役割に徹している。

プログラミング言語とはなんらかの特定の環境を提供するものではなく、あ
る環境に対して使用者がその意志を記述するためのものである。ある特定の
環境を前提としたプログラミング言語は、そもそも一般的な意味でのプログ
ラミング言語とは言わない。例えばPostScriptやemacs lispは一般的な意味
でのプログラミング言語ではない。それぞれFORTH, lispの派生言語である。
しかし実は一般にプログラミング言語と言われているものの中にも、これと
同様に一般的な意味でのプログラミング言語ではないものもあるように思う。
例えばJavaやsqueakである。私の考えでは、これらの言語は特定の環境を前
提としたプログラミング言語であるため、一般的な意味でのプログラミング
言語とみなすことはできないと思う。

  • この部分は、プログラミング言語の定義によるが、もちろん一般的な意味

でのプログラミング言語でないから重要ではないという意味ではない。もう
少し説明をふやしたいところ。


lispはプログラミング言語として非常に重要であったし、現在も重要であり
続けている。それは論理そのものを記述する方法としてもっとも純粋な基盤
を提供することに成功したからだ。しかし純粋であるということは使いもの
にならないことの別名であることもよくある。ここで問題になるのは主に速
度である。lispマシンのようにハードウェア化によって速度を実現しようと
するアプローチもあったが、当然速度競争には勝てなかった。そもそも論理
を純粋に言語で記述しようとしてもたいていの場合解決しようとする問題そ
のものは論理だけでわりきれる存在ではなく、同様にそれを実行させる計算
機のハードウェアそのものも、論理だけでわりきれる存在ではなかったから
だ。ハードウェアにはその特性からくる制限があり、その制限が論理的な記
述の中に隠されていたほうがいい場合もあるが、しかし逆にそのハードウェ
ア的な制約がそのまま言語から見えていたほうがいい場合もある。計算機の
本質を速度に求めるなら、後者のアプローチが常に正しい。

C言語の優位性はここにある。これによってプログラミング言語といえばCと
いう時代が生まれた。現在もその時代が続いている。今ではまともなプログ
ラムはほぼ全てCで書かれている。もちろんC++というwrapperもよく使われ
るようになったが、本質的に異なるものではない。


私がRubyを評価するのは、変な話だが、そこにアセンブラからC言語への発
展と同じようなものを感じるからだ。つまりC言語からRubyへの発展である。

Rubyの構造を見ていて感じたのは、拡張ライブラリの作りやすさというのが
Rubyにおける本質的な要素の一つであるということだ。それはOSが提供する
機能を容易にRubyに取り込めるということから、様々なCで書かれた機能を
Rubyから利用できるようになるなど様々な面がある。しかしそれだけではない。

ソースを見て、その構造を見たときよくわかったのは、例えばArrayや
Stringも、拡張ライブラリと同じ方法で実装されているということだ。実際
ArrayやStringの実装のされ方は、拡張ライブラリとまったく同じ記述方法
である。そこに差が無いというのは非常に重要なことだと思う。Arrayや
Stringと同じ次元のものを、容易に言語につけくわえられるということだ。

Rubyは実体としてはC言語によるライブラリの集積であって、それをRubyと
いうよくできた連結方法で接続してあるものだということだ。つまりRuby
は、C言語によるライブラリ群に文法を与えるものである。実体としてはC言
語の持つ特徴をできるだけそのまま保持し、使いやすくしたものだと思うのだ。


Pythonは? という質問もあるだろう。結論から言えばPythonでもいいと思う。
RubyとPythonはかなりキャラが重なっている。そのためこの両者はよく比較
の対象となるが、でも本質的に最初に考えていた部分はかなり大きく異なっ
ていて、その根本的な部分を捉えるならまったく別の見方をする必要がある
だろう。しかしその使いやすさという部分をとらえるなら、その両者はかな
り同じように使える。

RubyはPerlの皮をかぶったSmalltalkであり、Pythonは括弧の無いschemeだ
と思う。Rubyはmethodがobjectではないのだが、Pythonはmethodもfirst
class objectとしてアクセスできる。このようにPythonはなにかとscheme的
である。

そして、私にとってはこちらのほうが重要なのだが、Pythonには節操がある。
なんというか、美学があるっぽいのだ。そしてそれが時には不必要な制約で
あるように感じることもある。なんだか純粋であることに意義を感じているっ
ぽいところがあって、それが鼻につく。Sytax sugarの重要性を理解してい
ないような気がする。

Perlは? という質問もありうると思うが、それはそもそも比較にならないと
思うのだが、節操なく使いやすいということを追及しようとしているという
点が似ていると言えなくもない。しかし残念ながらその基本的な文法が固定
された拡張不可能なものである以上、そこに存在するのは不自由以外のなに
ものでもないと思う。

Software Artとは何か。

まずプログラミングアートという概念を考えてみる。これは単純に、プログ
ラミングを用いて作られたアート作品、プログラミングだからこそできた、
プログラミングでできているからこそ意味があるアート作品という意味合い
で考えてみよう。

ソフトウェアアートとはプログラミングアートよりも若干広い考え方で、純
粋な意味でのプログラミングのみに基いていなくてもよく、プログラミング
やそれをとりまく環境としてのソフトウェアによるアート作品を意味する。

私が考えるところによれば、現時点で最も優れたソフトウェアアート作品は、
Richard Stallmanによって書かれたGPL(General Public License)だと思う。
これはよく知られているように、GNU製品やLinuxなどのフリーソフトが採用
しているライセンスで、フリーソフト運動の基盤となるようなソフトウェア
である。これは法律というプログラミング言語で書かれたソフトウェアアー
ト作品であると考えられる。

このように、プログラミングという純粋に技術的な意味での行為と、それが
いかに社会に関与しうるかという接点において、漸進的な変化ではなく、な
んらかの意味での大きな切断面を作りあげた製品=作品=ソフトウェアを、
ソフトウェアアート作品であると考えることができるように思う。

Richard Stallman http://www.stallman.org/
General Public License http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html

プログラミング言語

ごくごく普通のプログラミング言語をアートと呼べるかは疑問であるが、
とりあえず考えてみる。

  • lisp

世界最古のプログラミング言語の一つであり、いまだに生き残っているとい
う意味で、プログラミング原器的な役割を持つように思う。

アラン・ケイが開発したオブジェクト指向の祖先のような言語。現在では
Squeakと名前を変えて開発が続けられており、そのデモによって示される
動的性質は現在でも十分にインパクトがある。

オブジェクト指向という言葉が何を意味するかはいろいろと議論がある。
しかし私が考えるところによれば、それは単に使いやすいということを意味
する。その意味でもっとも優れたオブジェクト指向言語であり、つまりは
もっとも優れたプログラミング言語であるのはこのRubyであると思う。

ほぼ同じようなテイストを持つ言語としてPythonなどがあるが、Rubyの面白
い点は、使いやすければそれでいいじゃん、という作者(まつもとゆきひろ)
のセンスによる節操の無い哲学を売りにしたところがあり、それがアート作
品的であるように感じる。

よくPerlとの対比で語られることが多いが、私の主観的な印象では、
アセンブラ→C言語→Ruby
というプログラミング発展の流れでとらえている。
ポイントは、その自由度の高さである。自由であることをどのようにプログ
ラミング言語の中にとりいれているかが私にとって最も重要な点である。

  • 純粋に実験としての言語であれば、いろいろと種類がある。

テキストベースのプログラミング言語ながら、その中でvisual programing
的に矢印などを並べていってプログラムできる言語がある。Unix Userかな
にかに変ったプログラミング言語についての連載があって、そこでとりあげ
られていた。

開発プロセス

開発プロセスをアートととらえられるかは疑問であるが、プログラミングに
対するアプローチの変遷ととらえれば、プログラミングに対するメタな考え
方の提示であるととらえられる。プログラミング業界における社会運動とと
らえることもできるだろう。

最近、プログラミング方法論の発展の流れば、ある程度哲学の流れとパラレ
ルにとらえられるように感じている。

構造主義 → 構造化プログラミング
ポストモダン → オブジェクト指向プログラミング
カルチュラル・スタディーズ → デザインパターン
NAM → XP

これはプログラムの開発手法に関する理論なのであるが、様々な意味でいま
までのプログラム開発手法という枠を飛び超えていて、興味深い。ペアプロ
グラミング、テストファーストなどの独特な手法をとりいれている。

XPを提唱したKent Beckなどを中心としたアジャイル宣言という運動もある。
プログラミングを機械的なプロセスではなく、人間中心的なプロセスとして
見直そうという運動である。

Kent Beck http://c2.com/ppr/about/author/kent.html
Martin Fowler http://www.martinfowler.com/
Manifesto for Agile Software Development http://agilemanifesto.org/
http://objectclub.esm.co.jp/eXtremeProgramming/WhatXPPresentsUs/

アジャイル宣言

私たちは,
プロセスとツールよりも個人と対話に,
包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアに,
契約交渉よりも顧客との協調に,
計画に沿うことよりも変化に対応することに,
価値をおく.

邪悪系

プログラミング業界の流れの中で、その閉鎖された空間内部での内輪受け的
なプログラミングゲームがいくつかある。C言語はもともと記述方法が奇妙
と言われてきたが、その傾向をさらに強調するのが邪悪なCコードコンテスト。

  • 邪悪なCコードコンテスト

The International Obfuscated C Code Contest http://www.ioccc.org/

  • 邪悪なPostScriptコードコンテスト

The Obfuscated PostScript Contest http://www.ait.iastate.edu/olc/services/printing/postscript/programming/obfuscated.contest.html
http://web.mit.edu/afs/sipb/contrib/postscript/obfuscated-1993/
Obfuscated Perl Program http://perl.plover.com/obfuscated/
PerlはもともとObfuscatedなので意味がないかも。
http://www.wikipedia.com/wiki/obfuscated+code

プログラミングそのもの

Turing http://acg.media.mit.edu/people/jarfish/turing/turing.html
jared schiffmanによる、チューリングマシンの動作形態をvisualizeする作
品。チューリングマシンの計算過程そのものをvisualizeする試みで、その
主旨はまったく理解できる。とても美しいのであるが、計算の本質とは関係
がないように思う。

plate http://acg.media.mit.edu/people/jarfish/plate/plate.html
visual programming環境。すんごいきれい。

  • John Maeda "Coded in Blue"

空間そのものをプログラムする。
http://www.ntticc.or.jp/Calendar/2001/Post_Digital/Works/coded_blue.html

テッキー

いくつかの仮想的なプログラミング言語(アセンブラに近い)によってプログ
ラムの動作を記述し、プログラム同士を戦わせる。

  • C-Robot

C言語によってロボットの動作を記述する。仮想空間の中でロボット同士を戦わせる。
http://www.pbm.com/~lindahl/pbem_articles/cpprobots_environment.html

ゲーム

これはプログラミングをゲーム化したものと考えることができる。

Rogueというゲームを自動的にプレイするというエキスパートシステム。
作者はその後Lycosを立ち上げた、Michael Mauldin。
Michael L. (Fuzzy) Mauldin http://www.lazytd.com/lti/

  • ブロックに動作を指定して空間の中で組み立てていくことができるゲーム。

プレステ用。名前は忘れた。

  • ルールがころころ変わっているルールのゲーム

http://www2b.biglobe.ne.jp/~game/intro/fluxx.htm

ネットワークの分野で

(OSS, 最近のゲームを元にしたもの, 404, HTML deconstruction, etc.)

人工知能

実体としてはきわめてまっとうなエキスパートシステムである。

いくつかの書き文字から特徴抽出して、たくさんの文字を自動生成してくれる。

顔の特徴量がパラメータ化されており、様々な顔を生成できる。

コンピュータ音楽

イタリアの作家による、空間的な配置を音楽に転換した作品。

16

Information Arts: Intersections of Art, Science, and Technology by Stephen Wilson

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/026223209X/etocom05-22
全体をざっと見てみたが、やはり役に立つ情報はそんなに多くない。

p.313 Algorithmic Art

Joanna Berzowska http://www.berzowska.com/

http://web.media.mit.edu/~joey/xy/y.html
Javaによるdrawing tool群。面白い。

Synergistic Art Project http://www.dsn.t-kougei.ac.jp/cp/SIC/

笠尾敦司「Linux GIMPのプラグイン:SICで目指す芸術と科学の融合」
http://lc.linux.or.jp/lc2001/papers/linux-sic-paper.pdf

メガデモ

assembly http://www.assembly.org/
Back to the Roots http://www.back2roots.org/Demos/

17

参考。

Charles Csuri http://www.siggraph.org/artdesign/profile/csuri/

Algorists http://www.solo.com/studio/algorists.html

PARC Algorithm Art Show http://www.parc.xerox.com/csl/members/bern/algoart.html

verostko http://www.verostko.com/
Ken Musgrave http://www.wizardnet.com/musgrave/
George Legrady http://www.mat.ucsb.edu/~g.legrady/

http://www.iotacenter.org/

Oskar Fischinger, John Whitneyなどについて

Institute for Artificial Art http://www2.netcetera.nl/~iaaa/

Books

A.K.デュードニーの本

  • 日経サイエンス別冊×2
  • Turing Univers
  • コアウォーズ
  • C-Robot?

ダグラスホフスタッターの本

  • Meta Magic Game
  • ゲーデルエッシャーバッハ
  • ハロルド・コーエン、aaron's code
  • sodaplayの人、
  • ネット上の仮想生物展覧会。

アスペクト指向プログラミング http://www.race.u-tokyo.ac.jp/~yoshimi/AOP/index-j.html
Cultural Studies http://eserver.org/theory/

A.K.デュードニー 別冊サイエンス

Core wars
Rog-O-Matic

チューリングオムニバス

http://www.dendai.ac.jp/press/book_da/ISBN4-501-51950-9.html
http://darwin.esys.tsukuba.ac.jp/SF/Reference.html

プログラミング研究会 http://www.ipsj.or.jp/sig/pro/

http://java-house.jp/~takagi/paper/oo2001-panel-pattern-takagi.pdf
パターンは役にたったのか? パターン解釈を巡る論争を振り返る
産業技術総合研究所 高木浩光


プログラム開発の歴史 http://www.parkcity.ne.jp/~kishik/comptj.htm

無線LAN

いわゆるホットスポットを使ってみようと思って無線LAN用のPCカードを探
したが、実はいろいろすごく難しいことがよくわかった。まだ機が熟してな
い上、電波というナマモノを扱うためアナログ的性質が無視できない。

まず無線LAN事業者のプレイヤーには、
MIS, Hi-FIBE, 日本テレコム
などがある。それぞれについて接続方法がかなりまったく違う。
したがって、対応認定機器リストもまったく違う。

MIS http://www.miserv.net/

認定機器一覧 http://www.miserv.net/miserv-new/renew/service/setup/setup1.html
I-O DATA WN-B11/PCM
PLANEX GW-NS110PX
PLANEX GW-CF110
メルコ WLI-PCM-S11
Root RZ2002
Corega PCCB-11
PIXELA PIX_WAW/N1
KYOCERA KY-LC-WL100

Hi-FIBE http://www.hifibe.net/

http://www.hifibe.net/faq.html
IEEE802.11bに準拠しておりWi-Fi認定を取得したカード

日本テレコム https://www.jreast.co.jp/musenlan/

https://www.jreast.co.jp/musenlan/recruit/lancard_list.html

Hi-FIBEは比較的簡単。WiFi認定されているものは使えると規定している。
つまりWiFiロゴが書かれているカードを買えばそれでOKなはず。ところが話
はそう簡単ではなく、例えばメルコの一つ前の機器はWiFi認定されているが、
その後継であるはずの機器は認定されていない。つまりこの場合は最新の機
器は使えないことになる。みんながWiFi認定をとってそこで相互接続の確認
がとるという意図だったのだが、新しい機器がWiFi認定をとらなくなると、
この条件は有名無実となる。つまりどれが使えてどれが使えないんだか、さっ
ぱりわからない。

MISはさらに条件がきつい。いわゆる普通の無線LAN対応ではなく、その上に
さらにセキュアなレイヤーをかぶせたサービスを提供している。(このサー
ビスは実体としてはいわゆるモバイルIPだ。) そのサービスはドライバーと
いう形で提供されているため、対応する機器を限定している。そのため対応
機器リストは極めて限られた機器しかのっていない。おそらくこのリストに
のっていない、例えば最新の機器なども使えることがありうるのだろうが、
これから買う人の立場からすれば、リストに名前が無い以上使えないと判断
する他ない。

日本テレコムは特に基準はなさそうだが、これまた極めて限られた対応機器
リストである。

店頭には結構いろいろな種類の機器がならんでいるのだが、「MISのリスト
の名前がある」かつ「WiFi対応」かつ「WinXP対応」という条件で調べてみ
ると、二つしか残らなかった。

どちらもどちらかというとマイナーなプレイヤーで、まるで買う気が起らな
いのだが、メルコ、IO-DATAなどのようなメジャーなプレイヤーの機器はど
れも以上の条件を同時に満さなかった。

これは主にMISのリストが極めて限られていることが原因である。おそらく、
最新のカードでも、使える・使えないという情報がどこかにあるはずなのだ
が、そういった情報が得られないのは極めて問題である。多少不確実な情報
でもよいのだから、ユーザーから使えたかどうかの声を集めるようなページ
を用意しておけばこの問題は解決するはずなのだが、MISはインターネット
における情報共有の重要性を理解していない。


ということで、まずはPixela PIX-WAW/N1を買ってみたのだが、これは失敗。
実際パッケージにはPIX-WAW/AP専用のカードであると明記しているので、
使えないのは当然かもしれないが、WiFi認定されているのだが、まるで
電波をキャッチしてくれなく、まともには接続できなかった。

ピクセラ PIX-WAW/N1 http://www.pixela.co.jp/WAW/index.htm

http://www.pixela.co.jp/download/WIN/Net/WAWN1_1.exe 720,364 バイト
http://www.pixela.co.jp/WAW/update.htm

ユーザー登録 http://www.pixela.co.jp/regist/

とにかく、ユーザー登録システムの反応がにぶくて苦労した。ユーザー登録
がしづらいのにドライバーのダウンロードにユーザーIDが必須というのは、
いやがらせじゃないかというぐらいに不快だった。

Hi-FIBE http://www.hifibe.net/

モスバーガー神楽坂下店:東京都新宿区神楽坂1-10-1
E-mail:hifibe-support@ntt.com
電話:0120-815993(故障・問合せ受付時間:11:00〜19:00)
http://www.hifibe.net/manual/manual.pdf

https://www2.hifibe.net/

https://mos011.hifibe.net/login_user.html

IPv6 on Win2K http://msdn.microsoft.com/downloads/sdks/platform/tpipv6.asp

LinuxCafe http://www.linux-cafe.jp/

http://gourmet.suntory.co.jp/t/200112/yuki/linux_cafe.html

無線LAN

http://www.zdnet.co.jp/internet/guide/0204/sp3/

ホットスポット

http://www.zdnet.co.jp/internet/guide/speed/0204/

プロント秋葉原店

「都内のプロントを中心に4月まで5店舗、6月までに20店舗」
ホットスポット化費用は約80万円

●●http://www.zdnet.co.jp/internet/guide/speed/0204/04.html

http://www.miserv.net/
http://www.miserv.net/miserv-new/renew/service/areamap/setagaya.html
http://www.miserv.net/miserv-new/renew/service/setup/setup1.html


http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/0401/sp.htm
http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2001/0319/sp.htm

ということで、とっくに終っていたのだそうだ。

P2P

P2Pがあまりマスコミの話題に登らなくなってきて、まるで下火になってき
たように思えるかもしれない今日このごろ、皆様いかがおすごしでしょうか。

P2Pが下火になった? そんなことは絶対に無いと思う。P2Pのトラフィックは、
とうの昔にWebを追い越して、そのままトップを独走し続けているはずであ
る。そしてそのトラフィックは増えこそすれ、減ることは無いと思われる。

P2Pのトラフィックは、ごく普通に使っているだけだとしても、Webのトラ
フィックよりも多いと思う。Webをたらたら見てまわるときにダウンロード
するHTMLやそれについてくる画像のサイズの合計量を考えてみよう。そして、
なんらかのMP3ファイルを一曲分ダウンロードするサイズを考えてみよう。
MP3ファイル一曲分のほうがはるかにサイズとしてはでかいだろう。たった
一曲なにかをダウンロードしただけで、こうなると思う。そしてさらに、も
しなんらかのデータを公開していた場合、それがダウンロードされる(アッ
プロードする)トラフィックを考えれば、それが自動的になされるものなわ
けで、ものすごいトラフィックが発生していることがすぐにわかるだろう。

そのトラフィックの増大があまり目に見えないのは、一つには例えばYahoo
であれば、ある一つのWebサーバがありそこを流れるトラフィックは観測で
きる。もちろんそのWebサーバがWebサーバ群であっても、地理的に複数の個
所にあったとしても、それがある企業の管理下にあるのであれば、トラフィッ
ク監視は容易にできる。しかしP2Pにおけるトラフィックの発生は、まさし
くP2Pの間の数だけトラフィックの経路が存在するのである。それの合計が
どのくらいになるかは当然観測不可能である。しかしおおまかには観測でき
るはずだ。そのおおまかな観測でさえ、とうの昔にWebのトラフィックを追
い抜き、拡大しつづけていることは間違いないだろう。

もう一つ目に見えにくい理由は、通常の意味での経済活動から切り離されて
いるからだろう。Yahoo, Lycosなどといった企業体による運営と違い、そこ
でいわゆる経済的な流れが発生しないからだ。そのためそこにトラフィック
を監視し、レイティングをするためのインセンティブも発生しない。

もう一つは、そのレイティングを考えたとき、なにか中心的なルールがある
わけではないので、なにからなにへのトラフィックであると考えればいいの
かを特定できない。おそらくある範囲のキーワードのランキングは作れるだ
ろう。しかしそれになんの意味があるのだろうか。


おそらく、もうしばらくしたら実質的に著作権は崩壊するだろう。しかしそ
れは悪い変化とばかりは言えないと思う。私は著作権を持つ著作者の一人と
して、できればその変化を歓迎したいと思っている。それはなぜか?

私はできれば、著作物ではなく著作者が尊重される世の中になってほしいと
思っている。現状の著作権を巡る議論は、往々にして著作者の持つ権利では
なく、流通過程にいる人の既得権を問題にしている。

著作権が崩壊して、当然著作者が得る利益も減少するだろう。しかしそれよ
りも、そこにあった流通が、それが消滅するという形で実質的に無くなるこ
とが、望ましい変化であると私は思う。


私は現状のP2Pがどのようになっていて、それが持つ根本的な問題点はなに
かということを理解しているつもりである。その根本的な問題を解決しない
限り、P2Pはある一定以上は成長しない。その根本的な問題とは、P2Pには歴
史がないということだ。それはつまり、P2PにはURLが存在しないということだ。

Freenetではこの問題を扱おうとしているようだ。

ぷらっとホームでLCD部品

680円 FLC31SVC6S-05
http://www.google.co.jp/search?q=cache:aolXLW-n7wkC:www.geno.co.jp/jannkues.html+FLC31SVC6S-05&hl=ja

12.1TFT 富士通 FLC31SVC6S-05 Flora PC-DT5122 TFT \2,980

http://www.google.co.jp/search?q=cache:8TzWmTr5VrsC:www.globaldigitaloffice.com/gdospecials.htm+FLC31SVC6S-05&hl=ja

CA51001-0234 / NA19018-C604 LCD 12.1 TFT FUJITSU CROSSES TO MOST 12.1 TFT MODELS LT121S1-106,105 AND FLC31SVC6S-05 $250.00 REFURB

FLC31SVC6S-05 / NA19018-C655 LCD 12.1 TFT FUJITSU CROSSES TO MOST 12.1 TFT MODELS LT121S1-106,105 AND FLC31SVC6S-05 $250.00 REFURB

  • 結局使い方は全然わからんね。

23

エイプリルフール

http://www.aprilfool.jp/
http://member.nifty.ne.jp/yayuyo/uso/


http://www.eurus.dti.ne.jp/~spinn/mnemonic/index.html
無重力 http://home.catv.ne.jp/dd/maf/html/muflm.html
http://www.kaisoku.com/dotimpact/

Light On The Net @MeSci

http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibit/light.html
http://light-we.miraikan.jst.go.jp/
http://light-we.miraikan.jst.go.jp/?onoff=1607f0
http://light-we.miraikan.jst.go.jp/?onoff=1304f0
http://light-we.miraikan.jst.go.jp/?onoff=1905f0

ムネオハウス

http://isweb42.infoseek.co.jp/art/uramune/
http://www.remus.dti.ne.jp/~yomo/

トンガの三輪さん

http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/ToDo.html
http://www.aloalo.co.jp/nakazawa/200204methodfes02/200204methodfes02_j.html
http://chiba.cool.ne.jp/kestner_2002/log/diary.htm

Combustion

中古のDELL http://arena.nikkeibp.co.jp/buy/spot/20020328/01/index_2.shtml

Callus http://www.callus.co.jp/

Callus Office Anywhere
http://www.google.co.jp/search?q=cache:6sBexqDuvjkC:www.callus.co.jp/download.html+Callus+Office+Anywhere&hl=ja
03-4542-6520(営業部) eigyo@callus.co.jp
03-4542-6533(ヘルプデスク) support@callus.co.jp
http://www.google.com/search?q=cache:6sBexqDuvjkC:www.callus.co.jp/net-dev/readme.html++site:www.callus.co.jp+Callus+%22Office+Anywhere%22&hl=ja
http://www.callus.co.jp


SAL http://www.elesal.com/
spoon. http://www.spoon01.com/
TDC http://www5.mediagalaxy.co.jp/TDC/
http://www.club-oto.com/akaricafe.html
http://www.nhk.or.jp/digista/home/momoko/report.html


http://cloud.prohosting.com/keana/
http://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/index.html
http://cybazzi.com/
日垣隆 http://homepage2.nifty.com/higakitakashi/
康夫ちゃん http://www.ne.jp/asahi/eiji/home/main/yasuo-chan.htm
ランディ田口による謝罪文 http://www.gentosha.co.jp/news_topics.html

アクセスログの視覚化

access.log apache グラフ

http://arika.org/doc/uu.200108.apache_log.html

  • Rubyによるプログラム作成についてかかれている。

Webalizer
Modlogan
http-analyze
Analog
http://www.linux.or.jp/webalizer/
http://www.kneschke.de/projekte/modlogan/sample/modlogan/default/
http://www.netstore.de/Supply/http-analyze/
http://www.netstore.de/stats/www2002/frames.html

WebLog

http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/3780.html
2000年2月23日 人気急上昇中の「ウェブログ」とは
http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20010801301.html
2001年7月30日 個人発信『ウェブログ』から民主的メディア革命を(上)
http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20020220208.html
2002年2月18日 ウェブ上で日記を公開する『ウェブログ』の可能性(上)

カーテンオーダー

インテリアクレール http://www.curtainshop.co.jp/

手作りカーテンの方法 http://www.sinosan.net/
http://www.kyoto-heian.com/index.html

  • 輸入、デザイナーズカーテンがある。

http://www.j-momo.co.jp/
実際の店舗のリスト http://www.curtain-shops.com/

Last modified: 2006-09-05