Contents
  1. 1
    1. http://www.eiga.com/special/bowlingfor/index.shtml
    2. http://www.hotwired.co.jp/news/news/business/story/20030224105.html
    3. camtasia, desktop recording http://www.techsmith.com/products/studio/default.asp
    4. 文京グリーンコートの謎
      1. 二号研究 http://www.tees.ne.jp/~donbe/little/nigo.htm
      2. 科学者たちの自由な楽園、栄光の理化学研究所 http://homepage2.nifty.com/tkeizo/book120917-j.html
      3. http://www.warbirds.jp/ansq/9/I2000486.html
      4. http://www.iic.tuis.ac.jp/edoc/journal/jhk/j3-3-1/
      5. http://www.net-ir.ne.jp/ir_maga/vol_36/i_riken.html
    5. パーソナルファイアーウォール http://www.zdnet.co.jp/broadband/0302/25/lp22.html
      1. Fromを偽造したSPAMメール http://www.zdnet.co.jp/broadband/0302/27/lp23.html
      2. http://www.zdnet.co.jp/news/0302/28/nebt_04.html
    6. WebCINEMA TRUNK http://trunk.nissan.co.jp/
      1. http://www.shift.jp.org/075/sr4/indexj.shtml
      2. 3/1sat 22:00 @ThinkZone SOUND REPUBLIC Volume 4 × Collaborate "web cinema [TRUNK]"
  2. 2
      1. 3/1土 14-16:30 ハイレッド・センター再考@アルスギャラリー
    1. 2/28金 17-20 artdemo03@写真美術館
      1. 2/28金 21:30- 川口隆夫ダンス@Think Zone
      2. 2/1土-2/11祝 without thought 4 @有楽町無印
    2. アカルイミライ 11:15/13:50/16:25/19:00/21:20〜23:15
    3. タマジョー http://www.idd.tamabi.ac.jp/idd2002/
      1. 2/27-3/2 想像から創造へ @横浜赤レンガ倉庫 11:00-20:00
    4. 2/25火-27木 SFC卒制展 @横浜赤レンガ倉庫
    5. 12/7土-3/2日 アンダー・コンストラクション:アジア美術の新世代
    6. -1/31 夏原新個展 @大阪府立現代美術センター
    7. 2/2日-23日 文字展@smt
    8. 2/9日 19:00- FENNESZ Plays @Shibuya NEST
    9. 『漢字の組み立てを教える』宮下久夫著、太郎次郎社
      1. 『漢字博士』馬場雄二、奥野かるた店
  3. 規格票
    1. JISX0208:1997
      1. JISX0213:2000
      2. 三上喜貴「文字符号の歴史 −アジア編−」共立出版,2002. ISBN4-320-12040-X
  4. 4
      1. 発想する会社
      2. spamtrap
      3. Graphvizからflashを生成
      4. Sleipnir Version 1.41 正式版
    1. 吉野屋コピペの歴史 http://2next.net/x/y_history.html
  5. SVG Viewer
      1. SVG Zone http://www.adobe.co.jp/svg/
  6. JaMing
    1. http://www.aist-nara.ac.jp/~daisu-ik/ruby/ming/
      1. http://nite.kuicr.kyoto-u.ac.jp/~katayama/ming/
      2. http://nite.kuicr.kyoto-u.ac.jp/~katayama/ming/examples/examples.html
      3. Ming/Slide http://www.aist-nara.ac.jp/~daisu-ik/ruby/ming/slide/
    2. ●SDL_ScrnSave http://cefiro.homelinux.org/resources/doc/SDL_ScrnSave/
  7. 7
  8. 8
      1. WinGraphvizの使い方
      2. Ruby/graphvizを作るべしって感じでしょうか。
    1. Win32OLE http://homepage1.nifty.com/markey/ruby/win32ole/ 0.5.2が最新
      1. Simple OLE Browser →使える。
  9. Graphvizの使い方
      1. http://home.so-net.net.tw/oodtsen/wingraphviz/index_en.htm
      2. graphvizのコマンド群
      3. dotのコマンドラインオプション
      4. graphvizのグラフの内部にURLのimgで画像をはりつけることができる?
  10. 10
      1. CSS position top left http://www.ne.jp/asahi/minazuki/bakera/html/css/reference
      2. table-less layout http://www.ne.jp/asahi/minazuki/bakera/html/opinion/table
    1. http://www.ifjtokyo.or.jp/culture/musique_j.html#Electroacoustique
      1. 「電子音響音楽アトリエコンサート」CCMCコテンポラリーコンピューターミュージックコンサート
      2. 「コンピュータテクノロジーが切り開くマルチメディアとしての音楽(仮)」
    2. WTCコンペのレポート(模型写真あり) http://www.japandesign.ne.jp/
    3. http://bbs1.otd.co.jp/183102/bbs_plain
    4. なぜJASRAC独占が崩れないのか http://slashdot.jp/article.pl?sid=03/02/22/1318231&topic=52&mode=nested&threshold=-1
      1. http://xtc.bz/
      2. 【週刊サイゾー2.0】新法によってJASRAC独占はどうなるか? http://xtc.bz/article/cyzojasrac.html
    5. 大和郷
    6. SEQUITUR http://sequence.rutgers.edu/sequitur/
  11. 新しいHDD
      1. reiserfsprogsを追加しておく。
      2. # fdisk /dev/hdb
      3. /etc/fstabに追加
      4. # mkfs -t reiserfs /dev/hdb1
      5. # mount -a
  12. 伽藍とバザール http://cruel.org/freeware/cathedral.html
  13. 疑問点
    1. GTフォント
      1. http://www.open-text.com/
      2. GTコード検索アプリ http://argent.shinshu-u.ac.jp/otobe/prog/GTcode.html
      3. http://www.kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/projects/chise/xemacs/install.debian.ja.html
      4. e漢字 http://texa.human.is.tohoku.ac.jp/aiba/demo/eKanji/
    2. 漢字たのしくなる本
    3. 東洋文庫 http://www.toyo-bunko.or.jp/
    4. 集約
      1. 集約ルール
  14. 14
  15. フリーソフトウェア経済
      1. フリーソフトウェア経済というものは、ありうるのか?
    1. Ian Clarke、Freenetを語る http://www.faireal.net/articles/5/21/
  16. 16
      1. オーバーバーン
      2. 650MB CD-R 使用可能領域: 74:57.73? 653?MB
      3. 700MB CD-R 使用可能領域: 79:57.73 703MB
    1. CD-Rをオーバーバーンで焼くには?
    2. Matsushita UJDA710 オーバーバーン
      1. 2001/03/16 nero5 5.0.4.4アップデータbytes Panasonic UJDA710
    3. フタロシアニン系 シアニン系 アゾ系
      1. http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20010326/dal03.htm
      2. 音楽CDがつくれない http://www5a.biglobe.ne.jp/~r2-d2/tomato/audio_cd.htm
      3. 音楽CDを上手に作成するには http://www.din.or.jp/~shimaden/tips/pc/tip0002.html
  17. CHISE
      1. Ext.Bの符号位置をdecodeして対応する文字オブジェクトを作る方法
      2. 写像一般
      3. 変換付き継承
      4. 変換処理詳細
      5. IDS text fileの詳細
      6. CCSの符号位置から文字オブジェクトの作り方
      7. それぞれの漢字集合の特徴
      8. JIS
      9. Unicode
      10. Dainkanwa
      11. 漢字集合の歴史
      12. Ext.B
      13. 大漢和
      14. 符号位置からフォントへの変換
      15. 使えそうなフォント
      16. ビットマップフォント
      17. TrueType
      18. OpenType
      19. 常用漢字
      20. 漢字集合の対象
    1. IDS
    2. IDS text fileの読みこみ
    3. フォントレンダリングの仕組み
    4. CCS CES
    5. 木だけでできている漢字?
    6. 【教育漢字】(平成元年改)1006字 http://www.hakusyu.com/dl/kyoiku.htm
    7. ぼくらのフォント http://www.hakusyu.com/bokura/index.html
      1. http://www.hakusyu.com/dl/pandora/dlwin.htm
      2. WinFonts大図鑑 http://ohkadesign.cool.ne.jp/winfonts/
    8. 形式文法
    9. ゲーデル賞
    10. IDSテキストファイルの解析
  18. subversion
  19. Pro-G問題
  20. 岩井克人
    1. 岩井克人
  21. 21
    1. JIS X 0213の特徴と、Emacs上での実 http://www.m17n.org/m17n2000_all_but_registration/proceedings/kawabata/jisx0213.html
    2. cvs import http://www.ki.nu/software/cvs/import.shtml
    3. DayPop http://www.daypop.com/top/
      1. http://www.kirari.com/amz/note/
    4. GoogleがPyra lab.買収
  22. 買物
  23. リアルタイムストリーミングサーバ
  24. 字幕翻訳問題決着
  25. 256bytes http://www.256b.com/demo.php?demoId=225&PHPSESSID=61af446002dddecdf364d89aff0c11d7 4(!) Raytraced tunnels!!!
      1. http://books.slashdot.org/article.pl?sid=02/10/03/1326227&mode=nested&tid=156
  26. Revolution OS http://www.revolution-os.com/
      1. http://pc.2ch.net/test/read.cgi/linux/1031424437/l50
  27. UTF-8って、なんぞや。
  28. 文字コード問題
  29. ジョンQ
  30. 池袋ジュンク堂
    1. レッシグ「コード」「コモンズ」
    2. バラハシ「新ネットワーク思考」
  31. 科学と芸術の間

0302

1

夕焼けの空が異常にきれいだ。夕焼けのオレンジの中に黒いシルエットで浮ぶ富士山。
しかし、グラデーションにマッハバンドが出ているように見えるのは気のせいか…?

http://www.eiga.com/special/bowlingfor/index.shtml

http://www.hotwired.co.jp/news/news/business/story/20030224105.html

ウェブでの現在位置と戻る道がわかるようにグラフィカルなツリー表示のようなものを作りたいですね。 ツリー上にそれまでの履歴をサムネイルで表示したり。

camtasia, desktop recording http://www.techsmith.com/products/studio/default.asp

文京グリーンコートの謎

理研発祥の地 http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news/2001/apr/#kin_01 隣りは実は牧場だった。
でかい電磁石 http://www.kahaku.go.jp/ueno/guide_to_exhibition/virtual/exhibition/rikou/Field_3/Detail_302.html
航空写真 http://m79s420.hp.infoseek.co.jp/syasin-cyclotron.htm


  • 20世紀どんな時代だったのか 思想・科学編(読売新聞社 編 読売新聞社 1800円)

二号研究 http://www.tees.ne.jp/~donbe/little/nigo.htm

二号研究の費用は総額2万円だったといわれている。

  • 現在価値で、約4億円程度?

科学者たちの自由な楽園、栄光の理化学研究所 http://homepage2.nifty.com/tkeizo/book120917-j.html

宮田親平、文芸春秋社、1983年1350円 318 pages

  • 本の内容が簡単にまとめられている。

http://www.warbirds.jp/ansq/9/I2000486.html

天然ウランからウラン235を取り出すと言うことは、 さくら水彩絵の具で「午前中に作った赤」に「午後作った赤を混ぜて」 その後、「午前製造分と午後製造分にセパレートする」

そりゃ難しいわ。

http://www.iic.tuis.ac.jp/edoc/journal/jhk/j3-3-1/

今村昌「科学史の一断面 理化学研究所サイクロトロンの破壊とアメリカ科学者の反撃」経営情報科学Vol.3No.3(1991.2)pp.171-180

http://www.net-ir.ne.jp/ir_maga/vol_36/i_riken.html

取材協力 理化学研究所、株式会社リケン、株式会社リコー
参考 『科学者たちの自由な楽園』宮田親平、『新興コンツェルン理研の研究』斎藤憲

パーソナルファイアーウォール http://www.zdnet.co.jp/broadband/0302/25/lp22.html

Fromを偽造したSPAMメール http://www.zdnet.co.jp/broadband/0302/27/lp23.html

http://www.zdnet.co.jp/news/0302/28/nebt_04.html

WebCINEMA TRUNK http://trunk.nissan.co.jp/

オープニングのアニメがかっこいい。3/1行こうかなぁ…。

http://www.shift.jp.org/075/sr4/indexj.shtml

http://www.zdnet.co.jp/broadband/0302/10/lp05.html


Art@ScienceBBS アート+サイエンス+コミュニケーション http://6001.teacup.com/ASBBS/bbs

3/1sat 22:00 @ThinkZone SOUND REPUBLIC Volume 4 × Collaborate "web cinema [TRUNK]"

REPUBLICcreate http://www.soundrepublic.net/

2

3/1土 14-16:30 ハイレッド・センター再考@アルスギャラリー

2/28金 17-20 artdemo03@写真美術館

2/28金 21:30- 川口隆夫ダンス@Think Zone


3/29土 18:00- 大友良英+竹村ノブカズ@SuperDelux 03-5412-0515
3/15-4/12 SPACE INVADERS @TNプローブ


2/1土-2/11祝 without thought 4 @有楽町無印

http://www.mujiyurakucho.com/atelier.asp

アカルイミライ 11:15/13:50/16:25/19:00/21:20〜23:15

タマジョー http://www.idd.tamabi.ac.jp/idd2002/

2003年多摩美術大学情報デザイン学科卒業研究制作展

  • 2/1-5 出来事のかたち @青山スパイラル 11:00-20:00
  • 2/4火 17:00-19:00 シンポジウム

2/27-3/2 想像から創造へ @横浜赤レンガ倉庫 11:00-20:00

  • 大変よくできました。未完成の人はまだまだがんばりましょう。

http://www.zdnet.co.jp/macwire/0301/15/nj00_tamabi.html

2/25火-27木 SFC卒制展 @横浜赤レンガ倉庫

Opening 2/24月 18:00-21:00, 10:00〜21:00 *最終日のみ20:00まで
http://www.yokohama-akarenga.jp/
http://www.sfc.keio.ac.jp/exhibition2003/

  • もう少しがんばりましょう…。

12/7土-3/2日 アンダー・コンストラクション:アジア美術の新世代

http://www.operacity.jp/ag/exh37.html

  • ログズギャラリー Rogues' Gallery

-1/31 夏原新個展 @大阪府立現代美術センター

http://www.zdnet.co.jp/macwire/0301/22/nj00_mydome.html
http://www.mydome.or.jp/ocac/
http://www.tamabi.ac.jp/alt/alumni/2000-8/20000804.htm

2/2日-23日 文字展@smt

10-19 せんだいメディアテーク6Fギャラリー4200a 022-713-3171 http://www.smt.jp/
2/15,16 タイポグラフィ・カフェ

2/9日 19:00- FENNESZ Plays @Shibuya NEST

03-3462-4420 円山町2-3 ON AIR WESTビル6F 3500円
http://www.onair-web.co.jp/hall/
http://www.faderbyheadz.com

『漢字の組み立てを教える』宮下久夫著、太郎次郎社

『漢字博士』馬場雄二、奥野かるた店

規格票

JISX0213における包摂基準の変化に対する批判が、漢字文献情報処理研究 第3号に
載ってるとのことだったが、どうも載っていない。2号のことだろうか。

JISX0208:1997

JISX0213:2000

三上喜貴「文字符号の歴史 −アジア編−」共立出版,2002. ISBN4-320-12040-X

http://kyoritsu-pub.topica.ne.jp/shinkan/shin0203_03.html


JISには著作権がない http://www.geocities.com/mogukun/jis/copyright.html
JISX0213:2000 http://wakaba-web.hp.infoseek.co.jp/jisx0213-2000/jisx0213-2000.html
包摂基準 http://www.aozora.gr.jp/hosetsu_kijyun/index.html


アイヌタイムズ http://sapporo.cool.ne.jp/kumanesir/ATkana.htm
http://sapporo.cool.ne.jp/kumanesir/
http://wakaba-web.hp.infoseek.co.jp/table/

SVG Viewer

  • パン:Alt キーを押しながら、クリック&ドラッグ
  • ズーム:Ctrl キーを押しながらクリック
  • ズームアウト: Ctrl + Shift キーを押しながらクリック

SVG Zone http://www.adobe.co.jp/svg/

http://download.adobe.com/pub/adobe/magic/svgviewer/win/3.x/3.0/ja/SVGView.exe

  • 現在インストールされているのが、3.0 ビルド 76、最新版だった。

Graphvizの使い方

http://home.so-net.net.tw/oodtsen/wingraphviz/index_en.htm

  • DOT : preprocessor for drawing directed graphs . →dotty
  • NEATO : preprocessor for drawing undirected graphs →lneato?
  • TWOPI : draws graphs using a circular layout . →lefty?

graphvizのコマンド群

dot neato twopi dotty lefty lneato gc acyclic nop ccomps sccmap tred unflatten gvgpr gvcolorize
http://nile.ulis.ac.jp/~masao/software/graphviz-ja/

dotのコマンドラインオプション

    • T でタイプ。

png PNG (Portable Network Graphics) output.
ps PostScript (EPSF) output.
ps2 PostScript (EPSF) output with PDF annotations. It is assumed that this output will be distilled into PDF.
svg SVG output. The alternate form svgz produces compressed SVG.

でかいグラフは枠を設定する。
size="10, 10"
このように。

graphvizのグラフの内部にURLのimgで画像をはりつけることができる?

10

CSS position top left http://www.ne.jp/asahi/minazuki/bakera/html/css/reference

table-less layout http://www.ne.jp/asahi/minazuki/bakera/html/opinion/table

http://www.w3.org/2002/11/homepage

http://www.ifjtokyo.or.jp/culture/musique_j.html#Electroacoustique

http://www.garaxy.com/works.html

「電子音響音楽アトリエコンサート」CCMCコテンポラリーコンピューターミュージックコンサート

2003年2月22日(土曜日)-23日(日曜日), 東京日仏学院エスパス・イマージュ

「コンピュータテクノロジーが切り開くマルチメディアとしての音楽(仮)」

2003年4月5日(土曜日), MeSci/日本科学未来館(お台場)

WTCコンペのレポート(模型写真あり) http://www.japandesign.ne.jp/


  • 『ナチ強制・絶滅収容所』筑摩書房
  • 『ホロコースト全史』創元社
  • Historical Atlas of the Holocaust/United States Holocaust Memorial Museum
  • by Martin Gilbert, Atlas of the Holocaust/Morrow (邦訳『ホロコースト歴史地図』東洋書林?)

http://bbs1.otd.co.jp/183102/bbs_plain

ネグリ「帝国」
トニー・ネグリと「赤い旅団」

〈帝国〉の出現を不可避と考え、国民国家よりはましな(与しやすい?)存在と考えるネグリの発想 世界的に普遍性のある思想として読んでいいのか

なぜJASRAC独占が崩れないのか http://slashdot.jp/article.pl?sid=03/02/22/1318231&topic=52&mode=nested&threshold=-1

http://xtc.bz/

【週刊サイゾー2.0】新法によってJASRAC独占はどうなるか? http://xtc.bz/article/cyzojasrac.html

http://www.ntticc.or.jp/pub/ic_mag/ic026/html/072_073.html

大和郷

http://www2.odn.ne.jp/sugamo-100sen/tokusyu/2002/tokusyu-2002-09.htm
http://www2.odn.ne.jp/sugamo-100sen/bkno-01.htm
http://www.geocities.com/Heartland/Forest/9305/honkoma2.html

SEQUITUR http://sequence.rutgers.edu/sequitur/

  • 順列のある情報から、ヒエラルキーを自動的に抽出してくれるライブラリーである。

新しいHDD

reiserfsprogsを追加しておく。

# fdisk /dev/hdb

  • nで作る。

/etc/fstabに追加

/dev/hdb1 /home/music reiserfs defaults 0 0

# mkfs -t reiserfs /dev/hdb1

  • その後リブートしなくてはいけないらしい。リブートせずにmount -aすると?
#mkfs.reiserfs: Kernel 2.4.18-bf2.4 is running.

# mount -a

http://www.mars.sannet.ne.jp/sci10/move_to_new_hdd.txt
http://cai.cs.shinshu-u.ac.jp/sugsi/Lecture/linux/h_05-04.html

伽藍とバザール http://cruel.org/freeware/cathedral.html

FSF式の伽藍建設型開発モデルの問題点 リーヌスのオープンな開発方針は、伽藍建設の正反対のもの

「FSF式」の開発モデルと「リーヌス」の開発モデルとが対比されている。

「目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない」リーヌスの法則

ダイナミックなタイプ処理をしない C みたいな言語では 賢いデータ構造と間抜けなコードのほうが、その逆よりずっとまし。

古びてきた機能は迷わず捨てること――有効性を下げずに捨てられる場合には。 「完成」(デザイン上の)とは、付け加えるものが何もなくなったときではなく、むしろなにも取り去るものがなくなったとき。

フレッド・ブルックスの「人月の神話」は絶対に読むべき本、つまり古典である。
古典とは単に古い本ではなく、読むごとに新しい発見がある本のことである。

ちなみにブルックスは「人月の神話」の新しい版において、
バザール形式の代表例として「マイクロソフト」を挙げている。

EGCSとgccの比較。ここでもまさにFSFとそれ以外の開発チームとの比較がなされている。
また重要な点は、EGCSの開発は主にシグナスの元で行なわれていたこと。
つまりここではビジネスという動機付けがあった場面での比較なのだ。
ここでは意図的にその記述を落しているように見える。

つまりこの文章はあたかもフリーソフトウェア擁護の文章に見えるが、
実際にはFSF批判の文章なのである。

19世紀ロシアのアナキストであるクロポトキンの『ある革命家の回想』

クロポトキン「SNAFU 原理」 「真のコミュニケーションは対等な者同士の間でしか成立しない。 なぜなら、劣る者は上位者に耳障りのいいウソを語ったほうが、 真実を語るよりも報酬を得る見込みが高いからだ。」

疑問点

現在かかえている疑問はいくつかのレベルにわけられる。

1. Unicodeへの疑問
2. ISO10646への疑問
3. Chaonモデルへの疑問
4. XEmacs CHISEへの疑問

簡単なほうからいく。XEmacs CHISEで、Unicodeをbuiltin characterとして
採用しているのが納得できていないのだが、別にそれがUnicodeである必要はなく、
単に自分で違う実装を作ればいいというだけであることがわかった。

Chaonモデルにおいては、文字に「本名」というのは存在するのか?
ここでカッコつきて扱っている「本名」というのは、メールにあった
言葉としての「本名」とは何を意味するのかという意味。引用を表わしている。

Chaonモデルは文字コードモデルからの本質的な脱却をうたっているが、
XEmacs CHISEでは実際は文字コード間の接続を扱っているように見える。
それは文字コードからの本質的な脱却ではないのではないか。

本質的な脱却がなにを意味するのかわからない。私が考えるところだと、
画像として使う、画像としてのみ使うということだとしか考えられない。

IDSによる文字指定を「本名」として使うというのはありうるのではないかと
今は思っている。

MCSがプライベートでないのがおかしい。MCSは完全にプライベートにして、
表には出てこないようにするか、表にでてきても意味がないようにするべきなのではないか。
例えば出現順に1から順にふるとか、乱数とか、メモリ上のアドレスをそのまま使うとか。

データベースの品質が十分に高くなくてはいけないが、現在データベースに属性が
存在しない文字が結構ある。大漢和、Ext.Bについてはかなり抜けている。
それはつまり単に現在はまだそれらの文字集合は使えないと考えるのがいいようだ。

  • 文字登記簿方式をWeb上に実装するのはどうか?

Unicodeへの疑問はいくつかのレベルがある。

ISO-2022との違いが、文字集合登記簿方式と、文字登記簿方式との違いと説明されるが、
その違いの具体的な基準はどこにあるのか?
具体的には、チェロキー文字は、文字集合登記簿方式なのか? 文字登記簿方式なのか?

文字登記簿方式は、文字に名前をふりそこに番号をわりふるということだと考えていいか?
なぜUnicodeでは、また現在のISO1046では、漢字、Unified Ideographには「名前」が
割り振られていないのか? 16進数による指定を「名前」と考えているのか?

包摂基準の定義、または具体例は? どのような状態であれば包摂基準が示されたと
言うことができるのか?

JIS集合、GB集合とを比較して、包摂基準が一致した文字があれば、それは
一致した文字であると考えられるように思う。
しかし包摂基準が示されていない状態であれば、そもそも一致しているかどうかを
判定する基準がない。その状態であれば、別の文字と判定する以外の方法がないのではないか。

それらの集合を一つの集合にまとめる際に、包摂基準のメッシュを荒くするほうで
まとめるというのは、まとめ方としておかしいのではないか。
チェロキー文字のようなものと整合性がとれないのではないか?

GTフォント

http://www.open-text.com/

GT-K、GT code tableなどはここからダウンロードできる。

GTコード検索アプリ http://argent.shinshu-u.ac.jp/otobe/prog/GTcode.html

http://ms326.ms.u-tokyo.ac.jp/otobe/hobby/files/gtcode2.lzh
http://argent.shinshu-u.ac.jp/lab
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/index_6.html
http://www.dnp.co.jp/cio/nenrin/lab/gt.html

http://www.kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/projects/chise/xemacs/install.debian.ja.html

e漢字 http://texa.human.is.tohoku.ac.jp/aiba/demo/eKanji/

漢字たのしくなる本

1 101の基本漢字。他の部品となる漢字。基本的には物の形を表わした象形文字。
2 128のあわせ漢字。簡単な会意文字。
3 190の部首。それぞれの部首の意味。とくに意味のない部首
4 146の音記号、形声文字。つまり音を指定する部品の話。
5 142の音記号、形声文字2。
6 漢字の単語作り。対象とする範囲から外れる。

東洋文庫 http://www.toyo-bunko.or.jp/

集約

ids-read-file, ids-read-bufferのオプションで、集約するかどうかを示すことができる。
C-u ids-read-fileすると、集約する。
install-idsのids-read-fileにおいてsimplifyをtにしておくと集約する。

ポリシーとして、集約可能は集約するかどうか。
ばらすほうと集約するほうの二つポリシーがありうる。
しかしばらすほうは基本セットが定義できていないので無理。

canonicalize. 二項正規化がいいだろう。
部品のデータベースにバグがあるので、機械的にチェックせずに集約してはいけない。
ids-dumpして、差分をみてみる。あまりに変更点が多い時は、それはあとまわし。

集約ルール

  • 同じCCS内部では集約可能というのはどう?
  • 集約する部品の種類が複数可能性がある場合は集約しない。

そのルールでCNS GBではうまくいくだろう。
しかしJIS、大漢和ではうまくいかない。
JIS、大漢和を構成する部品リストがうまくとじてない。
例えば羽という部品は、3種類? 5種類? ある。


  • IDSの逆引きが複数あるもの。3000弱ある。
  • rubyからの調べだと、846個になる。
  • 個々のCCSから内部的なbulitin characterへの変換は、

src/char-ucs.h
src/mule-charset.c
このへんを見ればいい。

14

  • 駿河台の鶴八
  • 湯島のシンスケ。

http://member.nifty.ne.jp/hamada/000501a.htm#sinsuke
シンスケ(湯島) 文京区湯島3-31-5 03-3832-0469 1700-2200、日祝休

フリーソフトウェア経済

フリーソフトウェア経済というものは、ありうるのか?

フリーソフトウェアは、知的資源は高価であるという現在の経済社会における
常識を破壊しつつある。もちろん知的資源が限られた資源であるという枠組そ
のものが変わることはないだろう。しかしそこで知的生産の結果として生産さ
れたソフトウェアに関しては、高価であるかどうかの経済的判断の対象から外
れようとしている。

例えば一般に、ソフトウェアの制作よりハードウェアの制作のほうがお金がか
かるとされている。しかし現代においてはその関係は逆転している、らしい。
それはソフトウェアに対する人的資源への投資が高価だからだ。
つまりハードウェアに対してソフトウェアのほうが安いとは一般に言えなかった。

しかし実はそれは逆転した現象だった。ソフトウェアのコピーについてはほぼ
完全に無料であるとみなすことができる。ということは結果としてのソフトウェ
アにはメディアとしての料金以上を徴収することができない、というのは
結果としてみれば当たり前のことである。

しかし前の議論より、ハードウェアの制作にかかわる経済よりソフトウェアの
制作にかかわる経済のほうがパイとしては大きかった。しかしその経済規模が、
いま一気にゼロにまで落ちようとしている。そのことが経済全体に与える影響は
ものすごく大きいとみるのが当たり前だと思うのだが、どうなんだろうか。

フリーソフトウェアは、そこで一つの常識を破壊し、その後に何をもたらすのか。
何ももたらさないのか。

Ian Clarke、Freenetを語る http://www.faireal.net/articles/5/21/

http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/1031/cematics.htm

16

オーバーバーン

Nero, ディスク情報

650MB CD-R 使用可能領域: 74:57.73? 653?MB

過去最高記録: ?

700MB CD-R 使用可能領域: 79:57.73 703MB

過去最高記録: 727,318,528 bytes

CD-Rをオーバーバーンで焼くには?

  • 700MBを超えるファイルを焼くには?

720MB程度までなら、一般の80分CDでも焼けることが多い
Neroに代表される、オーバーバーン可能なソフトで試してみる
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/file/spl_mrg/by_trend.html
CDRWIN5 http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1031574244/l50
http://www.landport.co.jp/product/djr2/cdr2.html
http://www.pro-g.co.jp/up/up-nero.html

Matsushita UJDA710 オーバーバーン

http://www.pro-g.co.jp/up/up-nero.html

2001/03/16 nero5 5.0.4.4アップデータbytescreate Panasonic UJDA710

http://homepage2.nifty.com/tamarinn/2001-12.html

フタロシアニン系 シアニン系 アゾ系

http://www.nhk.or.jp/strl/publica/dayori/dayori99-05/kaisetsu2-1-j.html
http://210.150.172.76/mci/quality/story03.htm
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/3728/media.htm
http://www.tdk.co.jp/tjchf01/chf14300.htm

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20010326/dal03.htm

http://www1.plala.or.jp/tsoma/cdrlink.html

音楽CDがつくれない http://www5a.biglobe.ne.jp/~r2-d2/tomato/audio_cd.htm

音楽CDを上手に作成するには http://www.din.or.jp/~shimaden/tips/pc/tip0002.html

CHISE

Ext.Bの符号位置をdecodeして対応する文字オブジェクトを作る方法

  • &U-00029C0F;ではなく、 UCS に対しては &#29C0F; みたいな数値参照を用いる

写像一般

ucs : Unicode 本例示字形に基づく写像(Ext-B は ISO/IEC 10646-2:2001 の例示字形に基づく)
ucs-gb : GB に基づく写像
ucs-jis : JIS に基づく写像(各年版の共通部分)
=ucs-jis-1990 : JIS X 0208:1990 + JIS X 0212:1990 を優先した JIS に基づく写像
=ucs-jis-2000 : JIS X 0213:2000 を優先した JIS に基づく写像
ucs-ks : KS に基づく写像
ucs-cns : CNS 11643 に基づく写像
ucs-big5 : Big5 に基づく写像
以上は、それぞれ対応する => がある。「=foo」は「=>foo かつ <=foo」を意味する。
将来的には、全て =foo スタイルに変わる。また、=ucs-jis-2003が登場する予定。

変換付き継承

ucs-bmp : ucs の 0 群 0 面
ucs-smp : ucs の 0 群 1 面を 0 から番号付けしたもの (ucs - #x10000 但し #x10000 <= ucs <= #x1FFFF)
ucs-sip : ucs の 0 群 2 面を 0 から番号付けしたもの (ucs - #x20000 但し #x20000 <= ucs <= #x2FFFF)

	     ucs{{br}}
	      +----------------------------+          {{br}}
   +---------+-------+------+-------+             |変換付き
   |         |       |      |       |             |継承
ucs-gb    ucs-jis ucs-ks ucs-cns ucs-big5         |
             |                            +-------+-------+
     +-------+------+                     |       |       |
     |              |                  ucs-bmp ucs-smp ucs-sip
=ucs-jis-1990 =ucs-jis-2000

変換処理詳細

  • chise_decode_defined_char はデータベースを引く処理
  • chise_decode_builtin_char は組込み文字を作る処理
  • ucs は system-char-id を identical 継承したものとして実現されているので、

chise_decode_builtin_char は code_point を system-char-id と見倣す

CHISE_CHAR CHISE_DECODE_CHAR (CHISE_CCS ccs, int code_point, bool defined_only)
{

 CHISE_CHAR chao = chise_decode_defined_char (ccs, code_point);
 if (defined_only || !CHISE_CHAR_NILP (chao))
   return chao;
 else
   return chise_decode_builtin_char (ccs, code_point);

}

IDS text fileの詳細

IDSテキストファイルは、それぞれのCCSの符号位置とその字形を表示するための
画像としてのisolated characterを元に、アルバイトがIDSを入力していったもの。
つまりIDSが入力されているものは、その字が存在すると考えてよい。
checkしていないので間違いが含まれている可能性はある。JISは優先してcheckしてある。

対応する属性が定義されていないのは、単においついていないためである。
字形入力に比べて属性定義は専門知識が必要である。
その場合は単にisolated characterとして利用することができる。
属性が無いわけだがその所属する漢字集合を同定することはできる。

本来字が存在するのだから、その字の読み込みをした時点で、
ucsなどのpropertyを勝手につければいいのではないか。

JISとUCS系は違うデータソースが元になっている、入力方法の違い、
字形のゆらぎなどからまったく同一のデータとはなっていない。
JISの入力においてはできるだけ大漢和字典の字形に統一するという
フィルターを一次近似としてかけている。
UCS系の入力方法として使った四角号碼は内部的にCNSのコードを
使用している。字形のゆらぎの判断基準は用意されていなかった。

Unicodeの中には康熈字典のおける部首を漢字そのものとして扱った符号位置と、
部首として扱った符号位置との二つが存在している。つまり二つを違う
スクリプトに属するものとして区別している。
現在データ中にどちらがどの程度採用されているのかはまだわからない。

CCSの符号位置から文字オブジェクトの作り方

あるUCSの値があるとしてそこから文字オブジェクトを作るにはどうしたらい
いか。CHISEデータベースでは字形のゆらぎをUCSの元になった文字集合毎に管
理しているので、UCSから文字オブジェクトの生成には元になった文字集合の
指定が必要である。

例えば元になった文字集合がJISなのであれば、まずucs-jis/system-char-id
を検索する。ここにマッチすれば、そこで文字オブジェクトが生成される。
次にucs/system-char-idを検索する。しかし実はこのデータベースは空である。
これはどういうことかというと、char idとucsとが同一の値である場合はその
データを入れない。つまりデータが無い場合はucsと同一の値であるとみなすという
データの省略形をいれている。これはデータ量削減を目的としている。
つまり、ucs-jisに無ければucsそのものの値、という処理となる。
(ucs-jisに無かったら次にucs-gbを見る、などといった動作は誤りである。)
しかし文字が定義されているというのも重要な情報であるので、
system-char-id/ucs は定義されているべきではないだろうか。

JISX0208-1990の符号位置をどう変換するか。
まずjapanese-jisx0208-1990を参照し、そこに値が無ければ、
=jis-x0208を参照する。後者が親集合で、それを継承していると考える。
ここで名前付けルールが混乱しているように見えるが、後者に統一しようと
作業中であるためで、最終的には後者に統一される予定。

ucs-bmp, ucs-smp, ucs-sipは文字表示のためだけに入っている。
Xでは16bit単位だけでしかフォント指定ができないから。
この三つは空データベース。ucsも空データベース。

  • データ削減のために、system-char-idと同じ値だったら省略するというヒュー

リスティックが入っている。char-definedというpropertyが必要ではないか?
またはto-be-definedというpropertyとか。to-be-checkedというのは考えていた。
define charのデータベースは変化分でとらえているので問題がある…。

  • libchise、builtin characterの判定ルーチンをいれようか?

それぞれの漢字集合の特徴

JIS

  • JISX0208 普通のあれ
  • JISX0212 簡単に言うと印刷屋がつくった集合。大漢和字典にのってそうな漢文系の字が多い。

地名、人名とかには使えない字が多い。

  • JISX0213 日本の地名をみんな書けるように、住民票をコード化するのが目標だった。

高校までの教科書で使う字も収録している。つまり日本の国字が多い。国語指向。
0212,0213は、2、3000字はオーバーラップしている。

Unicode

  • BMP 普通のあれ
  • Ext.A 韓国出典がBMPにはいった。台湾のCNS。漢語大事典。中国の辞書の出典の文字。

朝鮮国字がけっこう入っている。

  • Ext.B それまでCNS11643という台湾の集合が、2面と3面の半分くらいまでしか入ってなかった。

残りを全部いれようとしたもの。また0213でUnicodeになかったものも入っている。
そこから始まって、漢語大事典。大漢和を全部いれようとした。いろいろな出典がごった煮。
説文の文字じゃないような文字も入っている。

Dainkanwa

康煕字典と同じで、つまり漢文をよむための辞書。

漢字集合の歴史

  • シンの始皇帝の文字統一が最初ではないか。小篆をベースにやった。
  • 漢代が隷書ベースで統一。
  • 後漢の時代に説文解字。

すごく時代をへて、

  • シン代に康煕字典、もうそろそろ近代がみえてくる時代

字体が現代のものになる。これが規範となる。

  • 日本で大漢和字典。これにインスパイアされて中国でも作られるようになった。

Ext.B

主にCNSにある文字をUnicodeにいれるために作られた。なのでCNSとの間では
対応がつく。しかし対CNSといっても完全にはマージされていない。漢語大事
典出典の文字が多い。ISO10646-2の規格表に出典のリストがかいてあるのでそ
れを確認すればよい。

  • 漢字庫 ideograph-hanjik-nantoka

大漢和

MH- というのは大漢和補巻を表す番号。
大漢和字典の部首と異体字があったら対応する大漢和番号
ページ番号をうったリストがある。

符号位置からフォントへの変換

文字鏡やGTのフォントには十分な字数があるためこれを利用すればどのような
字も表示可能であるように思えるが、しかしそれぞれの字とフォントの間の対
応関係表は整備されていない。GTについては対応属性が記述されているものも
あるが、ごくわずかである。文字鏡の文字鏡番号については50000以下の値、
つまり大漢和番号に存在する領域については同じであるとすることができると
いうことになっている。つまり大漢和番号が検索できればそこで文字を表示で
きることになる。GT-Kという文字の部品を指定したフォントもあるが、利用方
法はわからない。文字鏡の場合はライセンスが不明解であるが、一般にフリー
に利用するということは不可能である。

  • ideograph-gt-pj-1はjis番号と一緒とすることができる。

大漢和番号との対応は、Unicodeは定義してない。jisx0208、0212、0213は大
漢和との対応が書いてある。0221もかいてある? 規格表としてデータがある
場合は、規格表が電子的に存在しているので、属性も入っている。

大漢和番号との対応は、川端さんと師さんのsourceforgeにある。
それとは別に安岡さんもやってる。
それらのデータもマージされているので、大漢和との対応は結構ある。

使えそうなフォント

ビットマップフォント

  • 昔人文研にいたe漢字の勝村さんによる大漢和字典の24x24フォント。

BDF版、Unicodeの日本字形版もある。

  • CNS集合の40x40ドットフォント、GNU international fontに入っている。

1〜7面まであるので6万字程度。

TrueType

  • Microsfot Proofing Toolsに入っているTrueType font

1万3千字よりもっと。Ext.Bの一部もはいっている。
中国のGB103?のグリフで入っている。Winodws系では一番でかいのではないか。

OpenType

  • Mac OS X付属のヒラギノフォントはAdobe-Japan-1-5に対応しているため、

Proofingと同じくらい? 0213+αくらいはいける。

常用漢字

  • 常用漢字表、550円。官報を売ってるような政府刊行物発売所で扱っている。
  • 東京都千代田区神田錦町1-2 東京カンショ
  • 池袋、芳林堂書店
  • 渋谷、大盛堂書店
  • クサカンムリに方とかいう感じで、すぐに芳が出てきてほしいよなー。

字体が調べられる。本物持ってると人気物になれるとか…。
1945字、常用漢字。
1006字、教育漢字、小学校。

常用漢字表にはその中に、これらの情報も入っている。

  • 旧字との対応表
  • 人名字許容字体
  • 許容通用略字

これらが日常目にする可能性が高い字体であると考えられる。
JISX0213までいくと、だいたいJISにはいっている。

一昨年に国語審議会がだした「生涯漢字表」。
本を見てたりするとであうことがおおい字である。

漢字集合の対象

1006 教育漢字
1945 常用漢字
6900? JISX0208
? JISX0212
? JISX0213
20000? Unicode
? Unicode Ext.A
? Unicode Ext.B
50000? 大漢和字典
? CBETA
? CNS
? GB
? KS
それぞれの集合に意味があり、統計をとることによりその意味のもつ背景が見えてくるはずである。
また統計作業をとりはじめる最初は対象が少ない方がいいので、
教育漢字、常用漢字、JISX0208集合を順に対象とすることを考える。

IDS

Unicodeの仕様におけるIDSの扱いは、文字指定をするような意図は含んでいない。
逆に言うとAとアキュートはその二つで合成文字として扱われ、
元々Aとアキュートがついていた文字と同一の文字として扱われる。
しかしIDSによって合成した文字はそのように扱われるという仕様ではない。
つまり"&#2ff0;木木"という文字(列)は"林"という文字と一緒ではなく、
一緒に扱わなくてはいけないという仕様でもない。

じゃあIDSはなんなんだろうという疑問は残るが、とりあえず単にそのような
組み合わせを指定するための記号ということのようだ。
たしかに逆に字形そのものによって字を指定したとしても、それをそのような
属性によって字を定義したと見做せば、Chaonモデルの枠組で利用できて
当然ということだろう。

IDS text fileの読みこみ

IDS-UCS-Basic.txt 20902 0 0 20393
IDS-UCS-Ext-A.txt 6584 0 0 6500
IDS-UCS-Ext-B-1.txt 8192 0 0 7762
IDS-UCS-Ext-B-2.txt 8192 0 0 7899
IDS-UCS-Ext-B-3.txt 8192 0 0 7998
IDS-UCS-Ext-B-4.txt 8192 0 0 7964
IDS-UCS-Ext-B-5.txt 8192 0 0 8081
IDS-UCS-Ext-B-6.txt 1751 0 0 1730
IDS-JIS-X0208-1990.txt 6398 3460 794 517
IDS-Daikanwa-01.txt 1456 706 212 274
IDS-Daikanwa-02.txt 3244 1930 45 322
IDS-Daikanwa-03.txt 2758 1472 67 143
IDS-Daikanwa-04.txt 4153 1748 801 57
IDS-Daikanwa-05.txt 2916 709 793 48
IDS-Daikanwa-06.txt 3184 995 376 137
IDS-Daikanwa-07.txt 5137 1484 801 258
IDS-Daikanwa-08.txt 5474 1529 608 75
IDS-Daikanwa-09.txt 4761 790 737 127
IDS-Daikanwa-10.txt 5941 1609 486 14
IDS-Daikanwa-11.txt 3581 1066 125 6
IDS-Daikanwa-12.txt 6740 1592 357 18
IDS-Daikanwa-dx.txt 1062 234 88 10
IDS-Daikanwa-ho.txt 35 0 27 1
IDS-CBETA.txt 13363 745 441 341
合計 140400 20069 6758 70675

この順番でファイルを読みこんだ。
すでに出現した文字があった場合は上書きせず元のを残す。
UCS-シリーズにでてくるIDSは、Unicodeの範囲内で表示できる文字が多く、
Meadowで素直に表示されるため都合がよい。
食い違ったものは大体、大漢和番号で指定されているなどの差のようである。

2カラム目がそのファイルに含まれている文字数
3カラム目がそれまでに出現した文字と、まったくIDSが一致した文字の数
4カラム目がそれまでに出現した文字と、IDSが食い違った文字の数
4カラム目が読み込みに成功した字数。IDSが定義されたもの。

最後に合計を示す。
つまりおおよそ14万文字の定義がファイル中にあり、
2万7千文字くらいの文字定義が重複している。
(そのうち7千文字くらいがなんらかの理由で定義が食い違っている。)
無事IDSを定義できた文字数が、7万字ある。
IDSを定義できない文字には、分解できない文字も含まれる。


  • IDS textはどのように入力されたか? UCS-BasicとJISとで、

部品レベルでかなり違うが、この違いはどのように解釈すればいいか?

JISは他のファイルから集めてきたものだが、まず一次近似として
morohashi-filterをかけて、諸橋字形に直し、
その後手でデザイン差を考慮し、手で直している。
UCS-BasicよりはJISのほうが優先してcheckしている。

UCS-Basicは入力システム、つまり四角号碼に依存。
元になったデータで一番多かったのがCNSのデータ。
四角号碼の中に部品がCNSの文字オブジェクトで入っているので、
結果的にCNSのデータではいっている。アルバイトの人が入力した。
あとは台湾中央研究院のデータ。新たに入れたのはUnicode字形。

CNSとは台湾の2022ベースの文字規格。1〜7面がある。
BIG5を2022にしたもの。

部品単位でUCSプロパティを見て直せばいいのでは。
デザイン差の問題、骨格が違うこともありうる。

  • 糸偏、日本:小になってる。中国:3個の点になってる。
  • なべぶた、日本:上みたいな垂直線と水平線。中国:横線二本。

中国、台湾は部品レベルで階層的に均一になっているのだが、
JISは常用漢字の範囲、それ以外の範囲とでかなり違う。
部品レベルで見てみるとかなり不揃い。

ucs-jisのフィルターをかけると日本の文字になる。

  • Unicodeには部首それ自体を漢字として扱っているものと、

部首そのものを表すコードとが分離して扱われている。
CJK Radicals Supplement http://www.unicode.org/charts/PDF/U2E80.pdf
CJK Unified Ideographs http://www.unicode.org/charts/PDF/U4E00.pdf
つまり、漢字と部品が違うscriptと考えられている。

この二つの間で、字形としてはまったく同一のものが別のコードとして
存在しているのだが、では部品を表すものとしてはどちらのコードを使えばいいのか?
現在は方針は決まっていない。混在している。

他に、GT-Kとして部品だけのフォントデータがある。
GTの世界には部品と漢字の区別はない。

  • Unicode規格票

Unicode Standardは本屋で買える。
ISO10646は日本規格協会のWebで買える。
ISOのweb pageを見ると、カタログがあり、星の数で値段が示されている。
日本規格協会で対応するものを見ると値段がわかる。
ISO10646-1は対応するjis0x0221-1が日本語に翻訳されている。JISのほうが安い。
unicodeコンソーシアムに、code chartがPDFでフリーで公開されている。
http://www.unicode.org/charts/

  • IDSの規格とはどのようなものか。

例えば、AとAccuteを組み合わせた合成文字は、
それが元々組み合わさっていた文字と、文字レベルで同一のものと考えられている。
しかし、∫木木のようにIDSで指定された文字は林と文字レベルで同一のものと
考えられているわけではない。表示の際に合成されて表示されることがありうるが、
それは文字指定ではなく、林という文字と同一で扱われることはない。

IDSとは、結合文字とは違い、みんな前進文字。
IDSシーケンスは漢字を表してはいない。
ハングル字母みたいに漢字を拡張する仕様とはいえない。

IDSシーケンスには、
CJK Radicals Supplement http://www.unicode.org/charts/PDF/U2E80.pdf
CJK Unified Ideographs http://www.unicode.org/charts/PDF/U4E00.pdf
Kangxi Radicals http://www.unicode.org/charts/PDF/U2F00.pdf
CJK Compatibility Ideographs http://www.unicode.org/charts/PDF/UF900.pdf
こういったものが部品として使われうるという規格になっている。
つまり部品と漢字とどちらを指定したらよいかは、規格のレベルでは区別されていない。

このようなIDSの使い方そのものはcode chartsにはかいていない。
Unicode standardの前のほうにかいてある。
またはテクニカルレポート(TR)として出ている。
IDSの使い方もTRになっているはず。
http://www.unicode.org/reports/

ISO10646とかJISは、工業規格としての書き方をしているが、
Unicode文献は、工業規格的書き方ではない。
世界の文字のことを技術者に説明している文章という感じ。
なので規格としてはきっちり整合していないことがある。

実用上として考えると。
部品はUnifyされていないのだが、漢字のほうはunifyされてる。
つまり部品ではわかれていて、漢字では統合されている場合がある。
部品レベルでの字形をよりこまかく指定しようと思ったら、部品のほうがいい。

  • CHISEデータベース的にはどう違う?

部品も漢字としている。
scriptという属性があって、シンボルのリストがあった。
漢字は暗黙のうちにideographというのがついていると。
最初はそれで分類しようとしていたが、現在はそうしていない。

同じ文字コードがそれぞれはいっている。
にくづきはunifyできない。月にunifyするわけにはいかない。
漢字のレベルで違うと思うかどうか。
現在は大漢和字典でにくづきをあらわす番号があったので、それにunifyしている。

まったく一緒で分離されているものは、
from-radicalが定義されていたかも。

radicalとcompornent(parts)は違うものと考えたほうがいいのでは。

造字のときに、形成じゃなて会意のときは、意味部品は漢字である。
音をあらわす部分は、漢字じゃないような。
変形がくわわったときは区別したほうがいいが。
部品にたいするメタデータか?

  • デザインでやるか意味でやるか。

肉付き、月とは別の
デザイン的には月にちかくて、肉にちかい部品とか。

  • フォントを合成するのにちかいstructure
  • 意味のstructure

この二つを用意するのが簡単な回答。

しかしこれだと見かけと意味のstructureの対応関係がついてない。
両者のstructureをあわせもった単一のstructureを作り、
その上で、両方のデータを生成できるとかが理想。
見かけと意味の対応関係をかきたい。
メタデータとして、意味ではこう、形ではこう。

現状では、データを頭から最後まで読んで整合性がとれていればよい。

  • 部品オブジェクトにpropertyをつける?

見かけが似てるものの対応関係。
CBETAのデータで部品がないものは台湾の発音記号をいれたりしてるし。
漢字の起源間で、形が似てるとか。
ひらがな、カタカナも漢字から派生しているから広い意味では漢字といえるし。

  • CCSの名前を=なんちゃらとなおしている。

従来方式はaliasになる。

  • 属性名にたいするディレクトリーサービスが必要ではないか。

ISOの登記簿の番号? 2022のファイナルバイトとか?
JISの規格番号とか? それぞれ文字コードにも属性がある。
それからなんらかの手続きでfindする。coded char setをとりだす。

char-dbにたいして、
char-attribute-dbがある?
属性から名前がひける。

  • CBETAとはなに?

団体名。中華仏典電子化協会。
Chinese Butte.. Text Associaction.
CBETAとは、たいしょうしんしょうだいじょうきょう。
大正時代に日本でまとめたおきょうの。。。
そのときに必要になった外字をあつめたもの。


  • CBETA番号がある一定数以上ないのはなぜ?

CBETA番号は対応関係が記述されていないものがある。
その場合はそれだけビルトインキャラクターとして扱われることになる。

しかしもちろん、他のプラットフォームから見れば、CBETA番号を直接扱える
環境もあるわけなので、それそのものには意味がある。
とりあえず現在対応関係が無いものは省略してもよいかと思われる。

  • Daikanawa番号に抜けがあるのはなぜ?

対応関係が記述されていないものがあるから。
大漢和字典はおおまかに4種類あると考えられる
0 戦前に出た木版版
1 前後に写植ででた、いわゆる初版
2 しゅうてい版
3 しゅうてい第二版。
つまり現在における最新が、3のしゅうてい第二版である。
ideograph-daikanwa/system-char-id が、この3のしゅうてい第二版を指す。
ideograph-daikanwa-2/system-char-id は、2のしゅうてい版を指す。
つまり、なにもついていないideograph-daikanwaが最新である。

大漢和番号には'や"がついている番号がある。その'や"を含めて大漢和番号である。
この'や"を含めた場合の大漢和番号からchar-idへの変換経路は用意されていない。
system-char-id/morohashi-daikanwa
の中身はS式になっている。

1カラム 大漢和番号
2カラム ダッシュの数、つまりだいたいここは0になっている
3カラム 適当につけたvariantsの指定などの値。だいたい0。

9:対応関係がよくわからない 8:対応がかなり遠い{{br}}

4カラム かつて距離の遠さによって定義しようとしていたことがあり、

それで残っているもの。4カラム目はめったに存在しない。{{br}}

ダッシュがついた文字の場合は、ついていない文字があるはず。しかし大漢和
番号は後から同じ字であることがわかった場合など、字を削除することがあり、
つまり欠番がありうるので、それは保証されているわけではない。

大漢和番号は最初に4万9千いくつまでついたのだが、その後にでた巻で、
hoの何番という番号もでてきた。それは(ho 99 0)のような番号がついている。

フォントレンダリングの仕組み

1. まず、変数 default-coded-charset-priority-list で指定した優先順位に

  従って、文字オブジェクトを font-CCS と code-point に分解します。こ
  れは関数 split-char が行っていることと基本的には同じですが、現状の
  X の font の仕組では 16 bit を越える font encoding は使えないので、
  charset-dimension が 3 以上だったらスキップします。

2. font-CCS が 1 だったら XDrawString, 2 だったら XDrawString16 で描画

  します。

実際には連続して同じ font-CCS を用いる文字列をパックして行います。

CCS CES

http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-list/23341
http://imcp.maid.ne.jp/computer/sgml/japanese.html
http://www.d2.dion.ne.jp/~imady/kcode/kcodemame.html
符号化文字集合 : Coded Character Set,Codeset , CCS
Character Encoding Scheme , CES
CCSes ( 1つ以上の CCS ) + CES.バイト列を文字列に変換する方法およびその逆.
一般にいう ISO-2022-JP は, ASCII, JISX0201(ラテン), JISX0208 の3つの CCS と ISO-2022-JP の CES から 構成されるものを指す.

木だけでできている漢字?

(put-char-attribute ?木 'ideographic-structure-depth 1)
(put-char-attribute ?林 'ideographic-structure-depth 2)
(put-char-attribute ?森 'ideographic-structure-depth 3)
(put-char-attribute ?\u234CF 'ideographic-structure-depth 3)
(put-char-attribute ?\u236E7 'ideographic-structure-depth 4)
(put-char-attribute ?\u23855 'ideographic-structure-depth 6)
(put-char-attribute ?\u2387D 'ideographic-structure-depth 16)
U-000234CF ? 林木
U-000236E7 ? 木森
U-00023855 ? 森森
U-0002387D ? 林林林林

【教育漢字】(平成元年改)1006字 http://www.hakusyu.com/dl/kyoiku.htm

ぼくらのフォント http://www.hakusyu.com/bokura/index.html

http://www.hakusyu.com/dl/pandora/dlwin.htm

WinFonts大図鑑 http://ohkadesign.cool.ne.jp/winfonts/

形式文法

http://www.genome.ad.jp/Japanese/lect/14-10.html
正規文法
すなわち有限オートマトンや正規表現が有効
文脈自由文法

ゲーデル賞

http://www.nihon-u.ac.jp/nunews/koho/kh431-03.htm
http://www.uec.ac.jp/uec-80years/toda.html
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0212/pepper.htm

IDSテキストファイルの解析

  • 1カラム目がコードポイントを表し、

2カラム目が文字字体を表してる、ように見えるが、
この2カラム目は字形表示のためだけに使っており、データとしては使うべきでない。

  • 品質としてはJIS、UCS、Daikanwaの順に良い。CBETAの品質は低い。

おおまかにinstall-ids.elに指定されている順番に品質が高い、はず。

もし1カラム目のコードポイントを検索し、結果として他のコードポイントと
同一であるとわかったとする。
その上で、そのそれぞれのデータが示しているIDSが食い違っていたらどうするか。
その場合は簡単には、上記の品質の順にどれか一つをとりあげるしかないだろう。

なぜ食い違っているのか。2ケースある。
まずIDSの作り方として違う場合。同じ部品で違う扱いがなされている場合。
もう一つは、unifyしている場合。違う部品にunifyされている場合がある。
部品にmap to ucs属性がある場合はそれを使える。

  • 部品のunifyは簡単ではない。

ニクヅキ、全の上の部品のように、字源を辿ると分かれるものがあり、
そういったものをどう解釈するかは注意が必要。
字源をさかのぼった際の同一性の解釈にはデータが足りてない。

子という字が部品として使われる場合も、字形が変わらないように見えるが、
真中の横線が右上りになるという変形がなされる。
おそろしいことにそれが常にそうなのではなく、二つの部品が識別されている場合もある。

  • char-represented-of-daikanwa でdaikanawaにおける対応番号を調べる。

morohashi-daikanwa, ideograph-daikanawaなどを順に調べる。

ideograpic-structure-convert-to-ucs
ideograpic-structure-convert-to-daikanwa
この関数で、IDSをできるだけUCSまたはDaikanwaにunifyした形に変換してくれる。
ids-utilに存在している。

  • ids/IDS-UCS-Ext-B-1.txt

U21CB7 →この行だけコードポイントが変。

  • 部品はGT-Kが網羅的なのでここに集約させるのがいいだろう。

しかし実際に必要な属性が揃っているのかどうかは疑問。

subversion

  • ukai「subversion 不徹底入門」Deぶan BNU/Linux 不徹底入門 2002 年 冬 号

file:///D:/work/DEBUAN2002_WINTER/CH10.HTML
単純にWebDAVを使うCVSという感じで、インターフェイスは同じにしてある。
画期的に新しくなっているわけではない。

Pro-G問題

インターウェア LAME
http://www3.plala.or.jp/initialT/lame/kougi.txt
http://www.interware.co.jp/
http://www.itrc.net/sympo/itrc_meet9/file/omote.pdf
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/20001215/iware.htm
結局、ティアリングサーガ事件とはなんだったのか? http://tatuya.d51.net/copyright/column/03.html
結局、ティアリングサーガ事件とはなんだったのか? 注釈 http://tatuya.d51.net/copyright/column/03note.html


draft-2ch-ybbop-00.txt/RFC4478
"YBBOP: Yoshinoya Beef Bowl Ordering Protocol specification",
2ch members, 01-APR-03. (222 bytes)

吉野家牛丼注文プロトコル http://simple.s5.xrea.com/YBBOP/draft-2ch-ybbop1-001.html

WinnySisters http://sisters.winny.info/

岩井克人

岩井克人

http://www.ntticc.or.jp/pub/ic_mag/ic013/capitalism/capitalism_j.html
[1995年4月19日,東京大学経済学部岩井研究室にて]

  • コピーレフトについて語っている。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~bonobo/thema20.htm
http://members.aol.com/lachette/Moonlight/review_iwai.htm
『二十一世紀の資本主義論』 (筑摩書房)ISBN4-480-86324-9 C0033 \2200E / 2000.03.03 / 2,200円 + 税
http://www.yk.rim.or.jp/~mitsunob/Comt/COMT13/comtC13.html
(1)『ヴェニスの商人の資本論』岩井克人 筑摩書房 1985年1月10日
(2)『貨幣論』岩井克人 筑摩書房 1993年3月25日
(3)『岩井克人資本主義を語る』 講談社 1994年9月30日
(4)『二十一世紀の資本主義論』岩井克人 筑摩書房 2000年3月3日
(5)日本経済学会連合 創立50周年記念講演会講演録 『21世紀の資本主義論』岩井克人 2000年5月25日


『二十一世紀の資本主義論』 (筑摩書房)ISBN4-480-86324-9 C0033 \2200E / 2000.03.03 / 2,200円 + 税
このあたりが参考になりそう。


http://www.ntticc.or.jp/pub/ic_mag/ic013/digicash/digicash_j.html
渡辺保史「デジタル・キャッシュから「超流通」経済へ」

リアルタイムストリーミングサーバ

Windows Media, QuickTimeなどはフリーであると思ったが、本当か?

Revolution OS http://www.revolution-os.com/

予告編 http://origin.ifilm.com/ifilm/product/film_multimedia/0,4470,2419320,00.html 最初の8分間


http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20010202203.html J・T・S・ムーア氏

  • チャールトン・ヘストンはちょっと違うでしょ…。

http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20010205207.html
http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20020905205.html
レボリューションOS


ストールマン氏
リーナス・トーバルズ氏
エリック・レイモンド氏(『伽藍とバザール』の作者)
ブルース・ペレンズ氏(『オープンソースの定義』の中心的起草者)
ブライアン・ベーレンドーフ氏(『アパッチ』ウェブサーバー・プロジェクトのリーダー)
マイケル・ティーマン氏(世界初のオープンソース企業の創立者)
ラリー・オーガスティン氏(米VAリナックス・システムズ社の創立者)


http://slashdot.jp/article.pl?sid=02/09/07/1345239&mode=thread
http://search.luky.org/linux-users.8/msg00571.html Fri, 23 Feb 2001 15:34:06 +0900

http://pc.2ch.net/test/read.cgi/linux/1031424437/l50

http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo46.html

UTF-8って、なんぞや。

U+00000000〜U+0000007F 1 00〜7F 0xxxxxxx ^@〜DEL
U+00000080〜U+000007FF 2 C2〜DF 110yyyxx M-B〜M-_

			80〜BF	10xxxxxx	M-^@〜M-?{{br}}

U+00000800〜U+0000FFFF 3 E0〜EF 1110yyyy M-`〜M-o

			80〜BF	10yyyyxx	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10xxxxxx	M-^@〜M-?{{br}}

U+00010000〜U+001FFFFF 4 F0〜F7 11110zzz M-p〜M-w

			80〜BF	10zzyyyy	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10yyyyxx	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10xxxxxx	M-^@〜M-?{{br}}

U+00200000〜U+03FFFFF 5 F8〜FB 111110ww M-x〜M-nosuch plugin | {br

			80〜BF	10zzzzzz	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10zzyyyy	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10yyyyxx	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10xxxxxx	M-^@〜M-?{{br}}

U+04000000〜U+7FFFFFFF 6 FC〜FD 1111110w M-|〜M-}{{br}}

			80〜BF	10wwwwww	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10zzzzzz	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10xxyyyy	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10yyyyxx	M-^@〜M-?{{br}}
			80〜BF	10xxxxxx	M-^@〜M-?{{br}}

文字コード問題

文字コードをどうするか。
いろいろな歴史的事情がつみかさなっていて、もうこの混乱した糸をときほぐすことは
できなくなっているかのように思う。


文字コードを問題をどのように解決するかという点において、歴史的な流れを先に説明するのは
間違っているのではないかと思うようになった。つまりこのような流れがあって、現状が
このようにこんがらがっているのですよと言うのは実はおかしい。
単にこんがらがっているのだとした上で、ではどのようにすればいいのかという意味での
本当に正しい処方箋を提示すればいいのではないだろうか。

私は、文字を文字オブジェクトとして扱うことだけが解を与えるのではないかと思っている。
つまり、現在は文字を文字符号化集合におけるコードに還元して扱っている。
つまりそれを数値として扱っている。
しかしいわゆるオブジェクト指向言語におけるオブジェクトは、実際にはメモリ上のアドレスへの
ポインターとして存在しているのが普通であるが、しかしオブジェクトを操作するときに
そのポインターが数値として何番であるかを考えることは普通はない。
それと同じように、文字を数値ではなく、その文字をどのように操作するかの知識がすでに
オブジェクトである文字に内在していて、その文字を操作するにはそのメソッドだけから
操作できるようにするべきだと思う。
(これはCHISE projectのChaonモデルを元に考えている。)

もちろんここで文字と書いたが、実際には文字列だろう。文字と文字列とをどのように
区別できるのか、私は今はわからない。実際に合成文字のように文字列としてしか存在しえない
文字もある。

実際のところ私の立場としては、合成文字なんて存在させるという考えそのものが
間違っていると思っているのだが、ここでの大きな立場からするとそのように
考えてしまってはいけなくて、それが合成文字だろうとそうでない文字であろうと、
そのどちらをもシームレスに使えればそれでいいのだと。

しかしもちろん話はそう簡単でもなく、それは結局のところ、コード問題をオブジェクト指向における
設計問題に還元しているだけであって、そのオブジェクトをどう設計するのがいいのかは
まだこれからの議論として残されているだけである。とりわけそれを過去の符号化文字集合との
連続性においてとらえる限りにおいては、その議論はどう簡単におさまるものではない。


常識というものをどのようにとらえるかの問題ということにもなる。
例えば森鴎外は、自分の名前を原稿用紙に手書きで書いている場合においては、
鴎という字を区鳥で書いていた。しかしそれを受けとった印刷業者は、それが區鳥の意味であると
当たり前のこととして解釈し、それを區鳥で印刷した。
つまりここでは区鳥が區鳥と意味であるという常識が存在していて、それが情報のやりとりの
見えない土台となっていたわけだ。

逆にもしそれがデータ入稿になって、そこで区鳥と區鳥とが区別できる状態があるとすると、
区鳥で入稿したデータはおそらくそのままあっさりと区鳥で印刷されてしまうのだろう。
そうではないと區鳥で入稿したつもりだったのにJIS83だったから…、とかいう悲劇が生じて
しまうわけだ。

前提条件。鴎外の鴎という字は文字コード問題の典型とされることがよくあって、
古い元の鴎の字を出すのに様々な問題がある。そこでその古い鴎の字をここでは區鳥と
二文字で表示している。

二文字で表示できればそれでいいのか? という問題ももちろんある。


文字コード問題は奥が深いというよりも、底が存在しない。つまり底無しなのである。

またそれよりも重要なこととして、この問題は非常に手間がかかる割には見返りが少ない。
当然であるが、この問題は日本国内でしか評価されないだろう。
アルファベット圏内で考えれば、その意味が理解されることも少ない。
中国や韓国でなら評価されるのかもと思っていたが、実はそうでもない。
実は中国には漢字に対する愛というものがあんまり存在しないのだ。簡体字の歴史のように。

私はいわゆる文字コード問題、漢字コード問題にはできればかかわらないようにしようと思っていた。
漢字を扱うプロジェクトだとしても、できるだけ漢字コード問題の領域からは離れていようと思っていた。
しかしそれは不可能だった。いやおうなく突き付けられる問いのように、それぞれの個々の問題については、
対処せざるをえなくなるのだった。
それは例えば、文字の同一性をどのように解決するかという問題。
漢字の部品レベルでの微妙な字形のゆらぎをどう解釈するかという問題。

例えば、土という漢字と土偏という部品は同じか? これは一見同じに見える。
しかしよく見れば、当たり前だが横方向に圧縮されている。
それ以外にも、三画目の横線が右肩上りに変わっている。
しかもそれは単に右肩上りになっているだけでなく、
トメがハライになっている。そのような微妙な字形の変化を、私達は普通に
読みとり、かつ無視することができる。しかしそのような字形の変化そのものも
具体的に扱うことができるプラットフォームでは、単に違うとか単に同じとかいう
単純な枠組で扱うことはできなくなってしまっている。


文字コード問題? そんなのほとんど存在しないじゃん。そう思う人も多いだろう。
結局のところ、この漢字廃止論者がいままで手掛けてきたことが、実に効果的に働き、
その結果、実質的に漢字廃止論が現実のものとなってしまった、そのようなことではないかと思う。

漢字が廃止されているようには見えない? それはそうかもしれない。
それは、すでに出なくなってしまった漢字についてはそのようには認識できないということである。
すでに見えなくなってしまったものは、あらかじめ存在していなかったように見える。
つまりこの今の現状だけを見ていれば、元々漢字を巡る世界はこうであるかの見えるということである。

最初のJISを策定した委員会の委員長、そしてあの悪名高いJIS83の委員長が、漢字廃止論者であった。
私はそのことが、このJISの漢字コードの扱いに大きな影響を与えていると思う。
もちろん個人として漢字廃止論者であることと、実際に委員会の委員長の仕事としての立場は別であり、
その立場においては、工業標準としての漢字コードをどのようにするべきかという本来の仕事に
対しての立場しかない、という弁明も考えられうるだろう。しかし私はそうは思えない。
やはり個人としての立場において、漢字廃止論者であった人が、工業標準を決める際の
責任者であったということの二つが切り離して考えられるとは思えない。

ジョンQ

この映画は大変よく出来ている。
普通はこの映画をカサヴェテスの遺影として見るだろう。
たしかにそれはわかる。しかしそのような文脈を離れてみたとしてもとてもいいと思う。
逆に言えば、カサヴェテスの伝説、神話のようなものはすでに失われてしまったのだ。
そしてそれはもう復活したりするものではないのだということが、わかってしまったような気がする。


脳死問題。
私は臓器提供カードを持つつもりはない。それは私が医者の倫理というものを
自明のものとしては考えていないからだ。
例えばある人が、一生懸命救おうとしなければ脳死状態になってしまうような
状態で病院にかつぎこまれたとする。そしてもしそのときその患者が、
臓器提供カードを持っていたとする。そのとき医者は、その患者に対して全面的に
命を救う、つまり脳死状態にならないように全力を尽すということを期待できるだろうか?

私はそうは思わない。もちろん医師の倫理として、命を救える可能性がある人間に対しては
命を救うことに全力を尽すということが、職業としての当たり前の前提になっていると
よく言われている。ヒポクラテスの倫理だっけ?
しかし残念ながら私はそれが自明のことだとは思っていない。
もし医者が治療を始める前の時点で、臓器提供の可能性がありうることを知ってしまった場合、
その知ってしまった知識が無かったときの状態をまったく同じ前提に立てるかと言えば、
それは無いのと私は思う。

つまり、臓器提供カードを保持しているかどうか、その意思はどうであるかが、
事前に医師および周りの人にわかってしまうような方法で意思表明するということは、
システムとしての致命的な欠陥である。

全ての患者が臓器提供カードを持っている可能性があるということを前提として扱い、
そして脳死であることを判定した後に、その可能性が事実かどうかを判定し、
それによって始めて臓器提供を可能である患者として扱い始めるという手順が、
絶対に必要である。そのような最低必要な手順が保証されていない現状での扱いは、
最悪、医師の倫理を望みとは逆の方向へ変えてしまうだけの制度にしかならない。
(と思うのだが、もしかしたら現場の方法では、事前に医師が事実をが知ってしまったり
することが無いように、なんらかの運用策がねられていたりするのだろうか?)

そしてカードそのものの質にも大きな疑問がある。
当たり前だが簡単に偽造可能であるようなカードには意味がない。
そのカードが有効であるような時点では、すでにその人の意思を確認する方法が
失われているのだから、そのカードが本物ですかと尋ねる方法はない。
そうであるのに、後から簡単に偽造できてしまうようなクオリティーのカードで
意思を判定するというのは、どう考えても間違っている。

池袋ジュンク堂

araiさんのblogで絶賛されていたので行ってみた。たしかにすごい。
要するに図書館のような感じで、あれがそのまま書店になっているような感じだ。
しかし単に売場面積が大きいからではなく、それぞれの分野においてセレクションを
しっかりさせていて、ある分野の必要な書籍については古いものもきちんと網羅的に
揃えるという姿勢をしっかりさせているからのように見えた。
古いだけで意味がない本も並んでいる、ということではない。

例えば文字コード問題でいろいろな本を一度横断的に見てみたいなと思っていたが、
それがようやく実現できたように思う。必要な書籍がだいたいならんでいて、
それを端から順に立ち読みしていった。いや、椅子が用意されているので、
座って読むこともできる。そうして必要な本だけ買って帰ればいいと。

それ以外にも、例えば「ハッカーズ」というかつての名著が平積み、いや本は全て縦に
並んでいるので平積みは無いのだけど、表紙が目に入る状態で何冊も並んでいた。
これは絶版になってかなりたつので普通には入手できないはずだが、
そういう本が最近のLinux文化本などをおしのけて置かれているのを見ると、見識を感じる。
ヒネマン(だっけ?)の書いてるLinux文化本を見てみたりしたが、ひどかった。
Hacker文化というのはこんな底の浅いもんじゃないんだよと小一時間(以下省略)。

  • 「ハッカーズ」は絶版になっていると勘違いしていたが、現在は普通に売られている。

一時期絶版になっていたということだろうか。売れるから再版したということか。

レッシグ「コード」「コモンズ」

このような本を見ると、これ以上なにを言えばいいんだという気分になる。
様々な事例を元に分析して、それを一つの主張にまとめあげ、それが一つの実践的な流れを作り、
そして現実にそう行動しているのを見ると、ただそれを称賛していたい気分になる。
でもそれでいいんだろうか。

「コード」の中で、LambdaMOOとその中で起った事件について、かなりの長さで扱われている。
「コード」という本について語られていることがよくあるが、例えばこの事件について、
具体的にどのようなものであったかきちんとみんな理解しているのだろうか。
LambaMOOにアクセスしたことがあるのか? それともMOOそのものにアクセスしたことがあるのか?
そういった経験があるのかどうかは、もう当然不問のものとなってしまったのだろうか。

実際のところ、ここで法律で制限するべきであると語っているところの対象のうちの最も大き部分は、
MicrosoftのHailstormであるだろう。ここで制限しようと計画されていることの全体像は
まだよく見えていない。しかし例えば署名による個人認証などが取り入れられているわけだが、
そういったことに対する、フリーソフトウェア側からのカウンターパートはどのように成されるのか?
まだ、認証なんていらないという単純な認識の状態に留まっているように見えるが、
それは決定的にまずいことになるような気がする。

バラハシ「新ネットワーク思考」

たしかに面白い。様々な知見を元にネットワーク的な思考の面白さ、重要性について語っている。
しかしこれのどこが「新」なのかと小一時間(以下略)。
本書の感想を一言でいえば、「僕も昔は面白いと思っていた」となるだろうか。

例えば文中でAOLとタイムワーナーの合併について語っているが、今のこの合併後の惨状、
どう考えてもあの合併は失敗だったとわかるような現状においてみれば、そこで書かれていることは
ある種の皮肉のようにも見える。しかし実際のところ、あの合併があったその直後であろうと
その後に起ることはおおまかに予言できたはずだ。それを手放しに「ネットワーク」の
勝利と考えるのであれば、それは単に言葉を抽象的にとらえて、自分にとって都合のよいものの
立場に対して「ネットワーク」という称号を与えるということにしかなっていない。
実際のところAOLほどネットワークという言葉が似合わない企業はない。AOLはまさに
単なる中央集権そのものである。タイムワーナーとの合併の失敗は当然起る事象であった。
その後に起る悲劇に対してなんの手も打てないのであれば、そこで文章を書くことになんの意味があるのか?

「ネットワーク」という言葉をある種の比喩的にとらえてそれを自分に都合にいい意味で
とらえるのであれば、そこではなんとでも言える。
例えば金持ちがより金持ちになるという現象をネットワークという言葉で語っていると。
とうてい認めることはできない。それでは横の繋がりによる連帯は、
「新ネットワーク思考」からはどのように解釈されうるのか?

それでも様々な知見が横につながって表現されているところを見ると、新しい発見がある。
例えば、メールというシステムは、ファイル転送プロトコルの実験から始まっていた。
ファイル転送のシステムを作っていた人が、これをこう改造すれば、メールを届けられるじゃんと。

冷静に考えてみると、そう考えれば今起きている混乱も理解できる。
要するに、メールサーバとはだれでも書き込み可能なファイルサーバだったのだ。
だれでも書き込み可能なファイルサーバが公開されていれば、それが混乱を招くのは
はじめからすぐにわかることだろう。
現状のメールサーバは、メールサーバにはなっていないのである。

だれでも書き込み可能なファイルサーバという形態から脱却して、本当に意味で
きちんとだれそれのメッセージを届けるというメカニズムを実現するにはどうしたらいいのか。
実はまだほとんど考えられていないといっていいのではないか。

科学と芸術の間

私がやっていることは、科学と芸術との間で揺れ動いている。
外部からの評価として、私がしている仕事がどのような文脈で評価されるのか、
いつも疑問に思っていた。

例えば私が作っているようなものを、インターフェイス研究という分野で
評価されうるのかもしれないと思っていた。しかし、実際のところ、それはなかった。

インターフェイス研究という分野はコンピュータサイエンスという科学に
含まれる分野の中でも、表現やデザインに近い分野に見える。
実際そのような観点からの研究も多数されている。
そこだけ切り取ってみれば、まるでデザインや表現も研究として
受け入れられ、評価されているように見える。
しかし実際のところは、それが評価されている枠組は、
科学の領域を一歩もふみだしていなかった。

もしかしたら、単にまだその分野のことをまだよく知らないだけで、
その分野の中でもっとがんばれば、評価されるのかもしれないと思っていた。
しかし実はそうではなかった。がんばるという方向の軸が、まったく直交していたのだった。

研究だと、とりあえず論文にするという方法でなんとか先にすすめる。
芸術なら、とりあえず作品にするという方法で、先にすすめる。
それぞれの領域では軸が決まっていて、その軸の中においてできるだけ先に
進めようとするので、ちょっとづつ前にすすんでいけばいつかどこかに到達できる。

しかし芸術と科学は、評価の軸というのはまったく異なっている。
これは例えて言えば、比較的近くに立っている二つの大きな木のようなものだ。
それぞれの木から枝が延びていて、その枝がその分野の進歩の様子を表している。
枝で例えていることからわかる通り、ある地点まで到達しているといっても、
その枝で示されている領域全てがうまっているわけではない。
枝と枝の間は空白だらけなのだ。一番先まで延びている枝を見てみると、
たしかにすごく先まで枝は到達しているように見える。
しかしその周辺は空白だらけである。

中谷宇吉郎「科学の方法」岩波書店,1958.
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004160502/etocom05-22/

そして芸術と科学の間は、そのちょっと離れて立つ二本の巨木の延びていった枝が、
たまたまどこかで触れあった、そのような関係性なのだ。
科学であり芸術であるという地点は無いわけではない。
しかしそれは非常に稀なケースである。

しかもその上に、それはある一つの交差点において成り立つのみであって、
それをそのままどこかに向かって発展させるということはできない。
しかも枝は常に揺れているから、すぐに離れてしまう。別のところがくっつく。

もしここで科学と芸術とが同一の地点を指していることを至上の価値とするのならば、
その二つの枝をくっついたままの状態を保とうとするならば、
そしてその上でさらに先を目指したいのならば、
その枝の交差点から交差点へとジャンブするという離れ業を使わなくてはならない。

実際それは不可能である。
枝が常にくっついた状態を保つというのも普通は無理だ。
枝は常にゆれているので、くっついたと思ってもすぐに離れてしまう。
そしてある枝の交差点を見付けたとしても、そこからまたさらに
次の交差点に移動したかったら、そこから次へはジャンプして飛び移るしかない。
そうでなければ、枝をつたって移動するが、
そのときは一旦交差点から離れ、科学か芸術か、どちらかの枝をつたって
移動しなくてはならない。

そして更に、枝の延びる方向は実はそれぞれ逆に向かって延びているので、
両方の「先に」進もうと思ったら、実はここで体は引き裂かれるしかない。
そうでなければ、どちらか片方の「先に」を選んで、
どちらかの尺度から見れば後退しているように見える道を進むしかない。
評価軸は直交しているとは言え、完全に直交しているわけではない。
あるあいまいな角度を持って交わっている。

ここで交差点をどちらかに進むとしたら、どの方向かが問題になる。
先にすすむか、後に戻るか。その両方において、どの道を取るのか、つまり、
科学、先に進む、
芸術、先に進む、
科学、元に戻る、
芸術、元に戻る、
この四つの選択肢が出てくる。

戻る方は簡単そうに思える。もともと枝をつたってきたのだから、
元に戻れば別の枝の分かれ目まで戻れる。
しかしそこからは、別の道を探るためには別の枝を先に進まなくてはならない。
そしてその枝を行ったとしても、その先に交差点があるとは限らない。

先に行くのはもちろんそれ単体でも十分に難しい。
また、先に行くことによって交差点につきあたる可能性はさらに少ない。
すでに交差点は通過してしまったのだから、その先に交差点が本当にあるのかどうか。
そして更に、すでに枝の先端同士の交差点を通過してしまっているのだから、
その枝を先に延していったところには、別の分野としては後退しているところの
枝と交差している可能性がある。
つまり、どの道を進むかは、ここから先は常にトレードオフになる。

実を言えばさらに話はややこしい。
カントの真善美の三区分において考えれば、実はさらにもう一本の巨木がある。
その巨木とのかかわりも、常に問題となる。


なんだか思ったのだが、
「お前は本当に、自分がやっていることが、芸術だとか科学だとか思ってるのか?」
という反論がありうるなと思った。

もちろんそんなことではない。
自分でやっていることが、本当にそのような意味があるかということを考えているわけではない。

そうではなく、私が自分でやっていると思っていることと、
それが外との関係において、どのようにとらえられるのだろうかということとが、
どのように絡みあっているのだろうかということを、一旦外からの視点で見てみると
こういう風に見えるのではないだろうかということを、内からの視点で見ているわけである。

木の枝を伝って歩く毛虫がその枝の交差点で立ち止まっていて、
そしてそれが外から見えるとどうなんだろうかと思い描いている。
そんな感じである。

経験主義と理論主義との違い。数学が絶対地平を当然の前提とすることについて…。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400336256X/etocom05-22/
カント「実践理性批判」岩波書店,1979.

Last modified: 2006-09-05