Contents
  1. Richard Stallman講演会
  2. アクセスカウンター
      1. アクセスカウンタ PHP MySQL
      2. http://homepage2.nifty.com/sak/w_sak3/doc/sysbrd/php_k12.htm
      3. http://keiko269.uhyoten.com/modules/xoopsfaq/index.php?cat_id=6
      4. レッツPHP! http://php.s3.to/
      5. php カウンタ fopen
  3. Mac OS X
  4. Mac OS X install後の設定
      1. December July 2002 "Mac OS X" Developer Tools
      2. "December 2002" "July 2002" "Mac OS X" Developer Tools WebObjects
      3. ●●●http://til.info.apple.co.jp/techinfo/72598 →とのことで、新しいのだけいれればいいみたいだ。
      4. ●●http://homepage.mac.com/nojiri/
  5. UPnP
      1. Kyocera UPnP
      2. blobツールの謎
    1. Wikiツールへの不満
    2. WikiとBlogの大統一理論へ
  6. Movable Typeのinstall
      1. VERY IMPORTANT NOTE:
      2. FAILURE TO DELETE mt-load.cgi INTRODUCES A MAJOR SECURITY RISK.
    1. MovableType 日本語
    2. 拆字
    3. MovableType
      1. http://d.hatena.ne.jp/moonstone/keyword/Weblog?kid=1982
      2. http://www.movabletype.org/
    4. WiKi
    5. PukiWiki http://pukiwiki.org/
      1. 必要なものは?
      2. とりあえず問題なさそうなので、php3にしておく。
      3. Apacheのアクセスカウンターモジュールってなかったっけ?
    6. NICAF@有楽町、すんげーつまんなかった。
    7. http://www.fsij.org/wiliki/mito14-gniibe.cgi
      1. http://diary.enbug.org/
      2. http://pure.fan.gr.jp/simm/d/?year=2003;month=1Q;category=URL
      3. ピンポンダッシュ http://www.pin-pon-dash.com/ →必ず使える英会話
      4. 無菌の国のナディア http://ton.2ch.net/hosp/kako/1016/10161/1016126461.html
  7. 取手
  8. OLE View http://www.microsoft.com/com/resources/oleview.asp
      1. JavaScript
    1. http://www.mfj.gr.jp/colloque_200104/prog-j.html
      1. 文字文化の再創造 ― 西洋と極東における文字の視覚的形態 ― 国際シンポジウム 2001年4月6, 7, 8日 日仏会館
      2. http://lists.w3.org/Archives/Public/ietf-charsets/2000AprJun/0000.html
      3. http://www.watersprings.org/pub/id/index-o.html
      4. http://www.watersprings.org/pub/id/draft-ohta-iana-registration-00.txt IANA Registration and the End to End Principle
    2. http://www.watersprings.org/pub/id/draft-ietf-html-relrev-00.txt →rel,revの使い方
    3. http://live.2ch.net/festival/kako/1016/10169/1016952536.html
    4. OpenPlay http://developer.apple.com/darwin/projects/openplay/
    5. 関心空間PRO http://www.kanshin.jp/portal/pro/ →Notifyの仕組みが実装されている。
      1. ノーティファイ
      2. ●●●JavaSpaces http://dictionary.rbbtoday.com/Details/term1561.html
      3. http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0326/xpointer.htm
      4. http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/0628/xlink.htm
      5. XPointer http://www.w3.org/2003/03/xpointer-pressrelease
      6. XML Namespace http://www.w3.org/TR/REC-xml-names/
    6. CGI
      1. CGI/1.1 http://hoohoo.ncsa.uiuc.edu/cgi/overview.html →hoohoo、まだあるなー。
      2. http://archive.ncsa.uiuc.edu/SDG/Software/Mosaic/Docs/fill-out-forms/overview.html→Mosaic for X 2.0 にて導入された規格である。
      3. http://www.w3.org/CGI/ →W3CにおけるCGIの規定
      4. http://cgi-spec.golux.com/cgi-120-00a.html CGI/1.2の策定を試みたが、stallしていると。
      5. http://www.w3.org/OOP/ →Object Technology and the Web
      6. http://www.w3.org/Protocols/HTTP-NG/Activity.html HTTP-NG
      7. http://www.w3.org/Talks/1998/06/HTTPNG-WAP-Comparison/ HTTP-NG & WAP Proxies are Good - Gateways are Bad 6/17/98
    7. WebMUX
      1. ●●http://www2.rosenet.ne.jp/~jigsaw/W3C/HTTP/Overview.html
    8. BEEP
      1. REST
      2. HTTP Asynchronous Client Notifications http://www.clipcode.com/peer/http_async_notif.htm
      3. Clinet Notification model
      4. http://www.linkclub.or.jp/~typelabo/
  9. XP
      1. OLE/COM Viewで、InternetExplorer関連の情報を入手。
  10. 4/5土-9/28日 10:00-21:00 ヒロ・ヤマガタとNASAの世界
  11. WebObjects http://www.apple.co.jp/webobjects/
      1. WebObjects 無償 トライアル版
    1. WebObjectsの説明ビデオをみる。うーん、わかったような、わからないような。
    2. ADC
  12. アーロンチェア ポスチャーフィット
    1. ●●●●http://www.rakuten.co.jp/tels/460843/480861/437275/
      1. http://store.yahoo.co.jp/soho-st/12101402010103.html
      2. http://www.rakuten.ne.jp/gold/soho-st/topics/posturefit/pf_detail_r.html
      3. http://www.e-begin.ne.jp/magazineinfo/issue2/issue2_200305_4.html
      4. http://www.businessseating.com/annai/q_and_a.htm#17
  13. 大岡寛典 http://www.oooka.org/works/project/abc/abc01.html
  14. 重点分野推進戦略専門調査会 情報通信研究開発推進プロジェクト
      1. http://www8.cao.go.jp/cstp/project/infor/14_siryou/dai2kai/8.pdf →セマンティックWebとWebサービスの現状とこれから
    1. http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003917/ e-Lifeイニシアティブ
      1. (2)具体的行動計画
      2. イ 今後、標準として推進されるべき事項   20
      3. ロ.3年後(2005年)までに共通化・標準化を達成すべき最優先事項22
      4. ハ.5年後(2007年)までに共通化・標準化を達成すべき最優先事項26
      5. A行動U:実証試験を通じた普及の促進26
  15. WebObjects
    1. 米国アップル社上級副社長アバディス・テバニアン, Avie Tevanian
      1. http://ascii24.com/news/i/keyp/article/1999/03/25/616095-000.html
      2. http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/jp/TidBITS-jp-584.html
      3. http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/jp/TidBITS-jp-585.html →MacHack大会の記録など
  16. 16
      1. 愛三 http://www.aisan.co.jp/
      2. 通線ワイヤー ケーブルキャッチャー 通線工具
      3. http://kensyu.kai.ed.jp/koukai/net_kiso/lan06.htm
    1. spam対策 spammassassin →bogofilter, procmailと同時に使う。
    2. スカイブレード http://www.aist-nara.ac.jp/~rieken/video/nara-news-022603.mpg
      1. http://www.painintheenglish.com/ →英語の痛み
    3. 秋葉原 妹
  17. Magis, AIR CHAIR by Jasper Morrison
      1. ジャスパー・モリソン プライチェア hi-pad
    1. Cappellini, "Hi Pad" by "Jasper Morrison"
      1. http://www.mossonline.com/asp/productshow.asp?pc_parent_id=20&prd_id=577
      2. http://designscandinavia.com/mobelguide/spisestoler/Cappellini_HI-pad.html
      3. http://www.hermanmiller.com/CDA/product/0,1469,c225-pss4-p24,00.html
    2. "Caper Chair" FLEXNET Seat Jeff Weber
  18. Thunder Birds http://www3.nhk.or.jp/kaigai/thunderbirds/index.html
  19. アレですよ、アレ
    1. XPointer
  20. 4/13日 14:00- E.A.T.が残したもの @ICC
      1. 5/25日 15:00- 16:30- レインフォレストIV @スパイラル
  21. 椅子
      1. INTER-DECOR
      2. http://www.mars.dti.ne.jp/~toyosima/links/banner/cassina/shopinfo.html
      3. http://www.japandesign.ne.jp/HTM/D-SPACE/MAP/ デザイナーマップ
      4. INTER-DECOR HIGH FRAME アームレス
      5. http://www.kagu.ne.jp/kagu/kagu2.html
      6. http://www.axis-inc.co.jp/ds/ds_chr01.html
      7. http://www.albertomeda.com/products/home.html
      8. http://sunsetsettings.com/furniture/furniture_alias_dining.html
      9. http://www.matisse.co.nz/template_P1.phtml?code=879&type=D&posn=1&ccode=D_1000
      10. http://www.m2lcollection.com/loft/loft_chairs.html $395。うーん。
      11. http://www.arkitekturmuseet.se:16080/bus/stolen_idag/stol7.html
      12. http://www.arkitekturmuseet.se:16080/bus/stolen_idag/stol7.html
    1. http://www.scandex.co.jp/stokke/products/wing_index.html ストッケ・ウイング。85,000円。いいなぁ。
      1. ストッケ ウイング
      2. http://www.a-w.co.jp/CATALOG/ 椅子のカタログ
      3. アーロン
  22. REST architecture style
      1. Fielding, Roy Thomas. Architectural Styles and the Design of Network-based Software Architectures. Doctoral dissertation, University of California, Irvine, 2000.
      2. Fielding, Roy Thomas. Architectural Styles Design Network-based Software Architectures. Doctoral dissertation, University California, Irvine, 2000.
      3. REST architectural style
      4. RESTwiki
    1. ●●●●http://www.ibm.com/jp/developerworks/xml/020301/j_x-beep.html
      1. XMLの動向を観察する: BEEPの概観
      2. IETFのプロトコル規格Blocks Extensible Exchange Protocolの紹介: 第1回
      3. http://www.ibm.com/jp/developerworks/xml/020531/j_x-beep2.html 2002年3月
    2. RFC 3081
    3. http://beepcore.org/beepcore/docs/beep-design.jsp BEEP Core
    4. ●●HTTP Asynchronous Client Notifications http://www.clipcode.com/peer/http_async_notif.htm
      1. ●●考えてることがすげー近いな。
      2. ●●http://lists.w3.org/Archives/Public/xml-dist-app/2001Apr/0132.html
      3. http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/http/hypermail/1999/0139.html
    5. http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/http/hypermail/1999/0148.html
      1. draft-wolf-vpp-01.txt http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/http/draft-wolf-http-select-00.txt
      2. Experiences with HTTP-SELECT and Asynchronous Updates、draft-wolf-http-select-00.txt、June 1999
      3. http://www.cobrow.com/ →街角で人と出会う。
      4. Klaus H. Wolf http://portal.acm.org/citation.cfm?id=215109&dl=ACM&coll=portal&CFID=11111111&CFTOKEN=2222222
      5. http://groups.yahoo.com/group/rest-discuss/ →ML
      6. http://www.w3.org/TR/WD-proxy →Proxy cacheへのNotification
    6. http://www.ibm.com/jp/developerworks/xml/020531/j_x-beep2.html
    7. ●●http://www.thetwowayweb.com/soapmeetsrss
      1. ●●http://manila.userland.com/
    8. ●●http://www.gonze.com/http-notifications.html
    9. Marshall T. Rose
      1. http://www.oreilly.com/catalog/beep
    10. Hyperthreading http://www.dj.st44.arena.ne.jp/xwin2/mainhtml/kanto/hyprthrdtec.html
  23. ブロードバンドでラーメン屋サイトに意味があるや無しや
    1. 白山ラーメン
      1. http://homepage2.nifty.com/sugamomap/contents/hakusan.html
      2. 気合ラーメン
      3. http://lee1.en.a.u-tokyo.ac.jp/makiyama/mitasen.htm
      4. http://plaza25.mbn.or.jp/~girasolazulado/diary200210.htm
      5. まるきんラーメン
  24. Web Community Chart http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/~toyoda/WWW10/poster/toyoda-poster.html
      1. 豊田 正史 http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/~toyoda/
  25. 25
      1. cnetのRDF http://japan.cnet.com/rss/index.rdf
      2. http://www.yggdrasil.jp/a_count.html
      3. http://www1.edonagasaki.ne.jp/countsmp.html →WWWCountを使用していますよと。
      4. Ruby WiKi
      5. http://c2.com/cgi/wiki?WikiWikiClones
    1. RSS, RDFというフォーマットそれ自体はすでに広まっており、実効性が高いことが感じられる。
      1. http://www1.neweb.ne.jp/wa/yamdas/column/technique/ow_rssj.html →RSSはすばらしいぞと。
      2. the principles of the REST architectural style
      3. Representational State Transfer
      4. http://www.ics.uci.edu/~fielding/pubs/dissertation/conclusions.htm
    2. http://www.ics.uci.edu/~fielding/ →Roy T. Fielding
      1. ●●●●●●●●●http://www.ics.uci.edu/~fielding/pubs/dissertation/top.htm
      2. RESTアーキテクチャってなんなのよ?
    3. Webアプリケーションなど。
      1. http://www.brain-tokyo.jp/research/amrita/rdocs/files/README_ja.html
    4. http://member.nifty.ne.jp/alisato/ndiary/ nDiary
      1. ●とか■とかを使って指定する。
  26. link rel Index Contents Next Prev StyleSheet Appendix Alternate
      1. http://selfhtml-jp.teamone.de/html/kopfdaten/beziehungen.htm
      2. http://east.portland.ne.jp/~sigekazu/css/dom.htm
      3. link rel Index Contents Next Prev StyleSheet Appendix Alternate fontdef
      4. ●●http://www.bauser.com/websnob/html4/relationships.html
      5. ●●http://www.bauser.com/websnob/html4/relationships.html#reply
      6. ●●http://radio.userland.com/radioMacrosHeadLinks
      7. ●RSS http://www.ietf.org/internet-drafts/draft-nottingham-rss-media-type-00.txt
      8. http://www.excite.co.jp/world/url/body?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.w3.org%2FDesignIssues%2FLinkTypes.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=2
      9. Linkがタイプ付けされるべきだろうかという議論に対してのTBLのコメント。
      10. http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/html/draft-ietf-html-relrev-00.txt
      11. Ron "Quinn" Straight http://www.vv.com/~quinn/
      12. ●●http://www.w3.org/Conferences/WWW4/bofs/link-bof.html
      13. http://ksi.cpsc.ucalgary.ca/archives/WWW-TALK/www-talk-1995q3/0049.html →linkについての議論
  27. XMLSocket通信
      1. http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812520746/etocom05-22 白井 義徳「ストーリーでわかる!Flash XML Socket―チャットルーム作成プロジェクト」DAI‐X出版
      2. http://faces.bascule.co.jp/bbs/index.php?offset=10 →Flash Communication Server
      3. ●●http://faces.bascule.co.jp/tutorial/ →XMLSocketの使い方の親切丁寧な説明
      4. メソッド: close, connect, send, // onClose, onConnect, onXML, (onData未公開仕様)
      5. FACEsプロトコル(version 0.1.6)について http://faces.bascule.co.jp/protocol.php
      6. http://www.macromedia.com/jp/devnet/mx/flashcom/articles/bascule.html →マルチプレイヤーだるまさんがころんだ
      7. よく考えたらこういう共有空間物って、たくさんあったねー。
      8. Flashを使うのであれば、こういうFlash Communication Serverが使えると。
      9. Javaを使うのであれば、Java MultiPlayerなんとかだっけ? が使えますよと。
      10. ということで、HTMLでの表示、Webへの融合にこだわらないのであれば、すでにたくさんの共有空間構築環境はでそろっていて、
      11. しかし、それじゃ全然だめなのだ。すんごく全然だめだってことを、私はよく知っているのだ。
      12. ●Macromedia Communication Server http://www.macromedia.com/support/flashcom/ts/documents/presalesfaq.htm
      13. http://pack.soksok.jp/y/.x367/
      14. http://www.kcat.zaq.ne.jp/takao/
      15. http://www.kcat.zaq.ne.jp/takao/diary/diary.200211.html
      16. ●WhiteDog http://untrod.keihanna.ne.jp/whitedog/index.html
      17. ●オブジェクト共有モデル http://untrod.keihanna.ne.jp/whitedog/aspect.html
    1. ●●アスペクト指向ネットワークプログラミング http://untrod.keihanna.ne.jp/whitedog/aspect.html →オブジェクト共有モデル
    2. http://www.absoluteright.net/diary/2002/06/
    3. http://www.microsoft.com/japan/developer/library/default.asp?URL=/japan/developer/library/jpisdk/dhtml/references/objects/objects.htm
      1. イベントモデルは? サーバからのイベント発生は?
      2. ●関連してきそうなもの。
      3. Flash COmmunication Server ●Java Communication Server
      4. ●Microsoft の DHTML Data Binding. ●あとは?
    4. XMLSocket
    5. http://noa.sipeb.aoyama.ac.jp/whiteboard/whiteboard.pdf
      1. インターネット環境での複数ソフトウェア間コミュニ ケーションを実現するための
      2. ●黒板アーキテクチャ

0304

Richard Stallman講演会

http://www.rieti.go.jp/jp/events/03042101/info.html
これに申し込んでおいたのだが、行けなくなってしまいました。

  • 代りに行っていただける方が見付かりました。

その方の記録を掲載させていただきます。どうもありがとうございます。

* RIETI政策シンポジウム インターネット時代の著作権{{br}}
<http://www.rieti.go.jp/jp/events/03042101/info.html>{{br}}
- RMSがやや遅れて登場。髪を切って印象がよくなっていた{{br}}
  - 「パワポは使わないのか?」と訊かれて「パワポはフリーソフトウェ{{br}}
  アじゃないから使わない。うんぬん」といきなり軽い応酬あり{{br}}
- 開会までの待ち時間に流れていた曲は Pat Metheny のAu Lait かなあ{{br}}
- 前半は RMS の講演を元に議論が行われた{{br}}
  - ゆっくりとしたわかりやすい英語で喋ってくれた{{br}}
  - RMSの主張はシンプルであり、単刀直入そのものの語り口{{br}}
  - 日本ではフリーソフトウェアと呼ばすに「自由なソフトウェア」と呼べ{{br}}
  - フリーソフトウェアのレベル 0 - 4{{br}}
    0-使う, 1-ソース改造, 2-再配布, 3-改造版配布, 4-コミュニティ形成{{br}}
  - フリーソフトウェアはビジネスになるか? -- もちろん!!{{br}}
    - オレなんか 83年から emacs を販売して生計を立てていたし、今は{{br}}
    FSFでプログラマーの社員を雇ってうまくやってる{{br}}
    - cygnus という会社もうまくやってたが、独占ソフトに手を出した{{br}}
    - blender フリーソフトウェアとして生き残らせるために出資集まる{{br}}
  - 優れた開発者は名声を得る。それまでは弟子として学ぶ{{br}}
  - フリーソフトウェアは人類にヒューマンナレッジを提供する{{br}}
    - ノンフリーソフトウェアは制限付きのナレッジである{{br}}
  - 学校がフリーソフトウェアだけを使うべき3つの理由{{br}}
    - 1. コスト節約 (もっとも薄っぺらい動機){{br}}
    - 2. 学習教材として (計算機に興味を持った学生がとことん学べる){{br}}
    - 3. 学校は良いモラルを育てる場である (フリーソフトウェアはよ{{br}}
    いモラルを育む。人を助けることにつながるのだから){{br}}
  - 83年当時はフリーソフトウェアだけで計算機を使うのは大変困難だっ{{br}}
  たが、現在は OS、デスクトップ、オフィス、どれも2つづつある{{br}}
  - 富士通法務の加藤氏のコメントに対し、RMSかみつく{{br}}
    - 「知的財産という言葉を絶対に使ってはいけない。なぜならそれは{{br}}
    著作権、特許権、商標権という3つの違うエリアをひとまとめにして{{br}}
    混乱を招くものであり「財産」という言葉が、それを保護せよという{{br}}
    バイアスを招く」{{br}}
    - 「また、バランス論もしてはいけない。ソフトウェア特許は根絶し{{br}}
    なければいけない」{{br}}
    - 「さらに、非商用での音楽コピーは完全に自由にすべし」{{br}}
  - RMSは合衆国憲法の著作権のあたりを暗記しているらしく、議論の途{{br}}
  中で暗唱で引用していた{{br}}
  - 弁護士の小倉氏のコメント「日本では政府のネットサービスを利用す{{br}}
  るにはワードか一太郎を使わないといけないが、それについてどうか」{{br}}
 「また、日本の著作権法は利用者の権利が狭い世界でも珍しい法律であ{{br}}
 り、そういった中で GPLは適用できないのではないか」{{br}}
    - 「前者はとんでもないことだ。フリーフォーマットにすべし。MSは{{br}}
    独占的なフォーマットの非互換性によって稼いでいる。うんぬん」{{br}}
    - 「後者については私は弁護士ではないがわからないが、大丈夫だと{{br}}
    思う。あとから個人的に連絡をくれ」{{br}}
  - MSの「サービス for Unix」の担当者、楠氏のコメント「自分はemacs{{br}}
  を使っていてフリーソフトウェアが好きだが、企業によるソフトウェア{{br}}
  も大切であり、現に MSは PCの値段を下げたという点で大 きく貢献し{{br}}
  たのではないか」「また、給料が支払われないとプログラマのやる気が{{br}}
  起きないのではないか」{{br}}
    - 「PCの値段が下がったのは人々がインターネットを使いたいと思い{{br}}
    はじめたからであり、MSの手柄ではない。今はパソコン本体より MS{{br}}
    のソフトの方が高くなっている」「後者については、その心配はな{{br}}
    い。現在は50万人ものフリーソフトウェア開発者がいる。その動機づ{{br}}
    けは社会科学者が研究しているので読んでみるとよいだろう」{{br}}
  - RIETIの池田氏「日本は知的財産大綱というものをまとめて、米国を{{br}}
  まねたプロパテント政策をこれから推進していくが、それはどうか」{{br}}
    - 「それは最も愚かなやり方であり、むしろ日本はソフトウェア特許{{br}}
    制度を廃止して、米国が押しつけてくる特許を無視した方が優位に立{{br}}
    てるであろう」「政府は市民をマーケットとして捉えるのをやめなけれ{{br}}
    ばならない。政府がすべきことは市民を人として自由を与えることだ」{{br}}
  - 池田氏「その一方で、政府はオープンソースをバックアップする姿勢{{br}}
  でもあるが、これについてはどうか」{{br}}
    - 「私はオープンソースという言葉を好まない。それはソースを公開{{br}}
    するという技術面だけの理念であって、人々の自由に対する理念では{{br}}
    ないからだ」{{br}}
  - 全体を通して、自由な社会とは何かについて語っていた。思想家である{{br}}
  - RMSは経産省の人や MS の人が Linux という言葉を使うと「GNU/Linux」と{{br}}
  いちいちその場で訂正していた{{br}}
- 後半のセッションはRMSを除いた人々でのパネルディスカッション{{br}}
  - 著作権についての議論  (主に小倉氏と村上氏){{br}}
    - 音楽業界は90年代半ばにミリオンセラーを狙う方向に走りすぎて、{{br}}
    消費者の側からの見方を失った。いわばスポンサー中心指向である。{{br}}
    - 音楽業界が落ち込んでいるのはこの構造である。インターネットを{{br}}
    悪者にするのはスポンサー(株主)への言い訳にすぎない。消費者中心{{br}}
    に音楽を捉え直すことが必要ではないか{{br}}
    - 一橋大の学生の指摘「萌え萌えアニメは消費者に迎合したがため{{br}}
    に、ストーリー性皆無に腐っていった。消費者中心指向がうまくいく{{br}}
    とはかぎらないのではないか」「自分はミュージシャンなどはパトロ{{br}}
    ン制のようなコミュニティファンドで生計を立てるのがいいと思うが、{{br}}
    日本人はときめもファンドのようなコミュニティファンドに投資する{{br}}
    人は少ない。これは教育で意識を高める必要があるのではないか」{{br}}
      - 小倉氏「ファンドに投資するメリットが具体的ではないから投資{{br}}
      しないだけだ。メリットが見えてくれば投資するであろう」{{br}}
    - 楠氏「アスクルはプラスの営業部隊が起こした会社である。元は文{{br}}
    房具から出発したが、今は水やお茶が一番の大きな商品である。これ{{br}}
    は中小企業が欲しい物を代わりに買ってきてやる、という消費者中心{{br}}
    指向の成功例である」{{br}}
  - ソフトウェア特許が科学技術の発展に本当に結び付くかの質問{{br}}
    - 池田氏「あるUnixプログラマいわく、Unixの進歩を止めたのは emacs{{br}}
    があまりにも完成度が高かったからであり、ストールマンが悪玉であ{{br}}
    る。フリーソフトウェアばかりでは産業が発展しないのが実際である」{{br}}
      - 池田氏はプロパテント論者であり、会場にはアンチパテント論者ば{{br}}
      かりを呼んでしまったとこぼしていた{{br}}
    - 小倉氏「権利保有期間の問題がある。特許は20年で切れるからその点{{br}}
    まだましだが、著作権は死後50年か発表後50年まで続く。これほどの{{br}}
    保有期間を必要としないものがほとんどである。たとえばゲームソフ{{br}}
    トなどは保有期間を短くした方がいい場合もあるだろう。」{{br}}
    - 経産省の村上氏「米国ではソフトウェアは最初は特許で守ることに{{br}}
    決めて、途中で著作権に変わって、現在はまた特許に戻っている。時{{br}}
    代によってまたころころ変わるであろう」{{br}}
    - 慶應大の林氏「駆け出しの作家はタダでもいいから読んでもらいたい{{br}}
    と思うが、売れてくると金を払えと言いたくなる。同じ人でも意見が変{{br}}
    わるのだから難しい。ヨーロッパではビジネスモデル特許を認めない{{br}}
    という議論がまだ続いている」{{br}}
    - 加藤氏「オープンと独占の線引きは難しく、現代はそれが特に揺れ{{br}}
    ている時代である。米国追従型のプロパテントではなく、こうした議{{br}}
    論を行うことによって日本が世界に対して見本となるような知的財産{{br}}
    政策を打ち出すことが大切である」{{br}}
      - この方は貫禄があり、もっともらしく力強い一般論に話をまとめ{{br}}
      るのが得意な人であった。ICANNの委員らしい{{br}}
  - DRM (デジタルライトマネジメント) について{{br}}
    - 小倉氏「CCCDは消費者側のメリットゼロの腐ったやり方である」{{br}}
      - この方は JASRACや音楽業界のやり方が大嫌い。CCCDは自分の首{{br}}
      を絞める行為である、うんぬん。率直に意見を述べる人である{{br}}
    - 楠氏「Windows Mediaには DRM 技術が入っている。柔軟に対応」{{br}}
    - 池田氏「MSの人が書いたダークネットという名論文があるから読め」{{br}}
    - RMSはその場にいなかったが、池田氏によると RMSは「DRMは、これ{{br}}
    を根絶すべし」という意見のようだ{{br}}
  - 世界の40%のソフト (中国では90%) は海賊版である問題について{{br}}
    - 来場者のコメント「ソフトウェアに適正な価格がつけられれば海賊版{{br}}
    は減るのではないか」{{br}}
    - 小倉氏「日本も昔は一太郎が10万円くらいした頃は不法コピーが多かっ{{br}}
    たが、現在は適正な価格になってきたため減ってきている。人々はそん{{br}}
    なにせこい悪人ばかりではないから、中国だって彼らの所得水準にあっ{{br}}
    た価格がつけられれば正規版が買われるであろう」{{br}}

アクセスカウンター

http://face.u-aizu.ac.jp/counter/counter.html#howto 無料アクセスカウンター
http://www.cgiboy.com/
http://www.muryo-counter.com/ →PHP+MySQL
http://www.kt.rim.or.jp/~mikio-o/etc/counter.html →アクセスカウンタの作り方

アクセスカウンタ PHP MySQL

http://homepage2.nifty.com/sak/w_sak3/doc/sysbrd/php_k12.htm

http://keiko269.uhyoten.com/modules/xoopsfaq/index.php?cat_id=6

Lodingがでてくる、下線が右にのびるなどの工夫がされている。

レッツPHP! http://php.s3.to/

カウンタを作ろう http://php.s3.to/tt/tt4.php

php カウンタ fopen

http://wan.magical.gr.jp/txt/php_count.htm
Warning: fopen("count.dat", "r+") - Permission denied in /home/eto/www/2003/RTWeb/test3.php on line 20
count.dat ファイルを開けません
Warning: stat failed for count.bak (errno=2 - No such file or directory) in /home/eto/www/2003/RTWeb/test3.php on line 25
Warning: fopen("count.bak", "r") - No such file or directory in /home/eto/www/2003/RTWeb/test3.php on line 26
count.bak ファイルを開けません

Mac OS X

Mac OS X install後の設定

  • ソフトウェアアップデートの実行 →10.2.5へ
  • Developper Toolsのinstall
  • Fink, Safari
  • 192.168.2.52を設定。外部からsshではいれるように。port22, 80をopen. 5222, 5280を設定。
  • WebObjects導入

December July 2002 "Mac OS X" Developer Tools

  • うーん、新しいのだけいれればいいのかなぁ?

http://www.msg.ucsf.edu/local/programs/MacOSX/Drop%20Box/About_Developer_Tools.pdf

"December 2002" "July 2002" "Mac OS X" Developer Tools WebObjects

●●●http://til.info.apple.co.jp/techinfo/72598 →とのことで、新しいのだけいれればいいみたいだ。

http://homepage.mac.com/nojiri/macosx/feedback.html

●●http://homepage.mac.com/nojiri/

http://www.ottimo.co.jp/koike/Laboratory/Labo_text/03_01_24.html
http://developer.apple.com/tools/macosxtools.html

  • とりあえずー、December 2002だけいれてやってみることにした。たぶんいいだろう。

UPnP

http://www.zdnet.co.jp/broadband/0210/18/honda4.html
http://www.zdnet.co.jp/news/0201/10/upnp.html
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/UPnP/
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/techinfo/planning/upnp/default.asp
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/techinfo/planning/upnp/protocol.asp
HTTPU UDPのHTTP、HTTPMU マルチキャストのHTTP

Kyocera UPnP

http://bb.watch.impress.co.jp/news/2002/08/13/meteor.htm
http://www.kyocera.co.jp/METEOR/news/verup.html

blobツールの謎

blogツールをさわってみて感じたことは、blogツールじゃだめだってことだった。

Wikiのすばらしさはフォーマットの柔軟性にある。そのフォーマットにおける各種の指定を、
テキストファイルに埋め込むという統一したインターフェイスにいれこんでいるところにある。
そこに込められている各種の工夫を見ていくべきだろう。

Blogは、例えばエントリーのタイトルを別途指定するとか、カテゴリーをフォームから入力させるとか、
そのようないわゆるデータベース入力的な要素を含みすぎている。
しかもバックエンドがデータベースで、BDB、PG、SQLLiteなどを選べたりするのだが、
単なる日記をデータベースで管理するバカがどこにおる?
そのおかげでいちいちrebuildしなくてはいけなかったりして、面倒この上ない。

Wikiだったら先頭に「* 」ではじまっている行がH1になるわけだが、たいていはそれがそのまま
タイトル指定なのだとうけとってよい。また逆に、タイトルが指定できないこともある。
そのような柔軟な構造をうけとるようにするべきである。メッセージにはタイトルがある
というのは自明なことのようだが、まったくそうではない。なんていうタイトルにしようか
迷ったことというのはあるだろう。メッセージの中身があればそれだけでよい、というのを標準にし、
必要であればタイトルをつけられる、それはメッセージに埋め込む形で指定される、というインターフェイスが
一番よいはずである。同様にカテゴリー分けもそのようなもので、カテゴリー指定もメッセージ中に
うめこまれるべきである。

Wikiツールへの不満

Wikiはそのページを見るごとにon demandでテキストファイルからHTMLに変換をかけているのだが、
これはよくない。その生成したHTMLをサーバサイドでキャッシュするべきだろう。
cgiをかますとしても、makeと同じように日付が新しいかを判別して、テキストが新しくなっていたら
それに対応するHTMLを生成するというふうにするべし。

できるだけ空行に意味があるというふうにはしたくない。これは単なる私の趣味だが、
できるだけ空行を減らし縦方向に圧縮したい。そこで、先頭に全角空白があるときは、
それがpのはじまりであると認識する。((処理としては、単に先頭にある全角空白を空行に
置換するだけでよいかもしれない。))

複数のWikiを簡単に設置できる方法というのがほしい。
現在はWikiをCGIなりphpなりで設置したら、それが一つのWikiとなる。
そうではなく一つのCGIなりphpを共有でもちい、複数のWikiを簡単にたちあげられるようにしたい。
ひとつのかたまりとしてのWikiをとらえるとは、最新の更新にでてくるエントリー一覧がひとまとまりの
Wikiであるという意味である。それを元にある一つの情報空間のかたまりを認識している。

複数のページを一気にかたづけたいことがある。また複数のページにまたがって編集したいことがある。
例えばハイフンが70個つづく行がファイルの切れ目で、ある指定でファイル名、というか項目名を指定する
というふうにして、複数のファイルを一気に一つのテキストファイルで指定できるといいのではないか。
またこの場合、それらの間に連携があるわけで、それを全て含んだ一つの項目としてとらえることもありうる。
例えば、InformationSharingToolsというページがあり、このサブ項目として、WiKi,Blog,WebDiaryなどを
順に論じていきたいとする。しかしそれらの間の連関が大きく、一つのテキストファイルとして編集したい。
InformationSharingTools.txtという一つのファイルをeditし、その中が複数項目指定となっており、
InformationSharingTools.WiKi.txt
InformationSharingTools.Blog.txt
InformationSharingTools.WebDirary.txt
のように複数の項目に自動的に分割される。また同時に、それらを通して全部一度に見るというモードも
提供されるといい。

あと、WikiNameに見えるものをWikiNameじゃなくするときに、トリックのような方法で指定しているが、
それは間違いである。ちゃんと、これはWikiNameじゃないよという指定方法を考え、それで指定するように
するべきである。トリックを過信してはならない。

画像をうめこみたいという要求は自然に生じる。そのときに、画像をアップロードして、そのアップロードした
ファイル名を覚えておいて、それをWikiのテキスト中にうめこむという方式もありうる。しかし、おそらく
この方法は手間がかかりすぎる。そうではなく、むしろ逆に、テキスト中に先に画像を指定するのである。
例えばIMG:今日の富士山のように。そうするとそれが画像へのリンクであることがわかる。
そしてここで、そのファイル名に対応する画像ファイルがまだアップロードされていないことがわかるので、
通常のWikiNameと同じように横にハテナがくっつく。そこでそのハテナをクリックすると、通常はeditページが
あらわれるのだが、それとは違い、『「今日の富士山」に対応する画像をアップロードしてください。』という
メッセージがあらわれ、そこで画像をアップロードさせるようにする。そうすると、そこからFORMのアップロード機能で、
自然を画像をアップロードできるようになると。ここでした工夫はほんのちょっとの工夫で、単に画像のファイル名の指定を
先にするか後にするかの違いだけでしかない。しかしこの前後のコントロールという工夫が極めて大事なのだ。
拡張子の問題が生じるが、.gif .jpg .jpeg の三種類のどれか、という簡単な指定はどうだろうか。
同様に、SVG:サーバ・クライアント・グラフ1のようにSVGによる指定をするとか。
同様にFILE:でファイルをアップロードできるようにするとか。

WikiとBlogの大統一理論へ

このような流れを考えてみると、WikiとBlogの方式は、かなり統一できるのではないかと思う。
そしてここでの調査では、Blogのほうが思想的にはモダンであり、その基盤を元に、blog的なものを
自然といれこんでいくというのがいいのではないだろうか。


Movable Typeのinstall

http://eto.com/mt/
http://eto.com/mt/docs/mtinstall.html →無茶苦茶、字小せー。
まず最初にした作業は、style.css, docs/doc-style.cssから、
font-size, line-heightの行を全て削除することだった。もうアホかと。バカかと。
Perlで書かれているというのはまぁいいけど、このstyle sheetは許容不可能。とにかくもうこの時点でバカ決定。
http://eto.com/mt/mt-check.cgi

  • aptitudeでImage::Magickの追加

http://eto.com/mt/mt-load.cgi

VERY IMPORTANT NOTE:

Now that you have run mt-load.cgi, you will never need to run it
again. You should now delete mt-load.cgi from your webserver.

FAILURE TO DELETE mt-load.cgi INTRODUCES A MAJOR SECURITY RISK.

  • なんというかこんなメッセージ出さなくてもフェイルセーフな仕組みにする方法はいくらでもあると思うのだけど。

http://eto.com/mt/mt.cgi
日本語はとおるんだっけ?
How can I?
日本語は全部UTF-8の実体参照埋め込みに変換されてしまった…。鬱。

MovableType 日本語

http://rebecca.ac/milano/mt/archives/000168.html
http://rebecca.ac/milano/mt/mt-ja.2.63.tgz
http://uva.jp/dh/mt/archives/files/mt-ja-2.63/README.ja.txt →この記述の通りにやってみる。
% wget http://rebecca.ac/milano/mt/mt-ja.2.63.tgz
% tax mt-ja.2.63.tgz
% mkdir images/lang-ja
% patch -p1 < MT.euc.patch

  • aptitudeでlibjcode-pm-perlをいれる。
  • その後、Edit ProfileでJapaneseをえらぶと無事日本語表示になる。
1. mt.cfg の PublishCharset を EUC-JP, UTF-8, Shift_JIS などにする
2. mt.cfg の NoHTMLEntities 1 のコメントを外す

これでようやく日本語OK!になったのかなー。
最初の一歩
正直、日本語を通すというレベルで疲れてしまった。
MovableTypeはだめかもしれない。半分挫折気味なり。


http://uva.jp/dh/mt/
http://www.keshi.org/wiliki/wiliki.cgi?%e9%9b%a3%e8%aa%ad%e8%8b%b1%e5%8d%98%e8%aa%9e&l=jp
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/unix/1029976488/2
http://joesaisan.tdiary.net/20030109.html
http://www.layer-8.com/document/opensource/appen_A/appen_A.html

拆字

http://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se049643.html オンライン説文 JIS漢字分解データ
http://www.asahi-net.or.jp/~ez3k-msym/charsets/cangjie.htm

MovableType

http://otsune.s9.xrea.com/mt/
http://pop-space.com/blog/expe/viewertest.htm

http://d.hatena.ne.jp/moonstone/keyword/Weblog?kid=1982

http://www.movabletype.org/

http://www.movabletype.org/cgi-bin/download/download.cgi/1050223155/MT-2.63.tar.gz

WiKi

http://debian.fam.cx/ →Debianスレ

PukiWiki http://pukiwiki.org/

http://touchgraph.sourceforge.net/ →ページ間のリンクのグラフィカルvisualize
http://pukiwiki.sourceforge.jp/pukiwiki1.3.4/
http://pukiwiki.sourceforge.jp/download/pukiwiki1.3.4.tar.gz

必要なものは?

PukiWiki php3
PukiWiki php4
PukiWiki php3 php4 →どっちを使ったらいいのかわからない。
php3 php4
http://haitaka.com/millto/php3/Linux/

とりあえず問題なさそうなので、php3にしておく。

Setting up php3 (3.0.18-23.1woody1) ...
I see you have apache webserver installed and so far you haven't
used the apache module version of php3 in your apache. If you
want to use it, you should reconfigure the apache webserver and
select to load the php module. I can call the apacheconfig script
now for you to do it, or you can insert the following line into
/etc/apache/httpd.conf manually:

LoadModule php3_module /usr/lib/apache/1.3/libphp3.so

Apacheのアクセスカウンターモジュールってなかったっけ?

apt-cache search php

NICAF@有楽町、すんげーつまんなかった。

http://www.fsij.org/wiliki/mito14-gniibe.cgi

http://diary.enbug.org/

http://pure.fan.gr.jp/simm/d/?year=2003;month=1Q;category=URL

ピンポンダッシュ http://www.pin-pon-dash.com/ →必ず使える英会話

藤子不二雄 http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko2/settei/index.html

無菌の国のナディア http://ton.2ch.net/hosp/kako/1016/10161/1016126461.html

http://web.archive.org/web/20011221220303/www.eurus.dti.ne.jp/~yoyoyo/

取手

駒込→日暮里→常磐線快速(取手行)→取手駅(東口)→大利根交通バス→芸大前
JR常磐線 取手駅東口から大利根交通バスで約15分(約5.9km) 東京芸術大学前下車
〒302-0001茨城県取手市小文間5000番地 0297-73-9111(事務室)
http://www.ima.fa.geidai.ac.jp/
http://www.geidai.ac.jp/guid/trafic.html#b

OLE View http://www.microsoft.com/com/resources/oleview.asp

JavaScript

http://www.mfj.gr.jp/colloque_200104/prog-j.html

文字文化の再創造 ― 西洋と極東における文字の視覚的形態 ― 国際シンポジウム 2001年4月6, 7, 8日 日仏会館

こんな面白そうなシンポジウムがあったのか。
draft-ohta-jcs-jis-x-0213-00.txt

http://lists.w3.org/Archives/Public/ietf-charsets/2000AprJun/0000.html

http://www.watersprings.org/pub/id/index-o.html

http://www.watersprings.org/pub/id/draft-ohta-iana-registration-00.txt IANA Registration and the End to End Principle

http://www.watersprings.org/pub/id/draft-ietf-html-relrev-00.txt →rel,revの使い方

http://live.2ch.net/festival/kako/1016/10169/1016952536.html

http://light-we.miraikan.jst.go.jp/

OpenPlay http://developer.apple.com/darwin/projects/openplay/

http://www.zdnet.co.jp/macwire/0005/25/n_opengame.html うーん、でも生き残ってないみたいだね。
OpenPlay NetSprocket

関心空間PRO http://www.kanshin.jp/portal/pro/ →Notifyの仕組みが実装されている。

ノーティファイ

●●●JavaSpaces http://dictionary.rbbtoday.com/Details/term1561.html

  • 分散アプリケーションで「オブジェクトの交換」を行うための仕組み
  • JavaSpacesでやり取りされるオブジェクトは、エントリー(Entry)と呼ばれます。

 (1)notify登録
 (2)Write(書き込み)
 (3)notify(通知)
 (4)read(読み出し)
 (5)take(読み出し)

  • サーバ側での情報共有の仕組みとしては、このようなLinda的な構造を背景としたシステムを使用するのが一番いいと思うわけだ

http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0326/xpointer.htm

http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/0628/xlink.htm

XPointer http://www.w3.org/2003/03/xpointer-pressrelease

  • XML文書の任意の位置を指し示す仕様「XML Pointer Language」を勧告した。
  • XPointerは、「XPointer Framework」、「XPointer element() Scheme」および「XPointer xmlns() Scheme」から構成される。

このXPointer, XLinkを使用することにより、文章中にidなどの指定がなくても、
文章中の一部分を外部から指定することができると。
この指定方法を用いると、文章中のどの部分をかきかえるのか、などの指定において、
このXPointerを用いることができるかもしれないぞと。


Semantic Webなどの取組み。
XML関連規格にていろいろな規格がある。
XPointerとして、XML文章中の任意の一部分を指すことができる。
DOMの拡張仕様としてのXPathを使うと、いままでのDOMをさらに洗練させ、拡張された仕様が使えるようになる。
このような規格が標準として策定されればそれに対処することを検討する。
この場合は対象がXML文章一般に対して摘要可能になるという特徴がうまれるため、
たとえばSVG文章のうちのある一部分に対して動的更新を行うなどの操作が可能となるはずである。

  • しかし、現時点での目標としては、あくまでも現在仕様が策定され、利用可能となっている技術を仕様して、現実的な実装を作りあげることに目標を置く。

現在策定が続いているXMLの規定などの将来の仕様に過度にこだわれば、結果的に現在の実用をとりこぼすことになるからである。
しかし当然、将来的にそれらの規格が一般化することを想定し、現時点での仕様を決めることになる。


http://www.w3.org/TR/2003/CR-DOM-Level-3-XPath-20030331/
http://www.w3.org/TR/2003/CR-DOM-Level-3-XPath-20030331/DOM3-XPath.pdf
http://www.w3.org/TR/1999/REC-xpath-19991116

XML Namespace http://www.w3.org/TR/REC-xml-names/

XMLのタグやattributeなどの名前をどのように衝突がおきないように部分部分を管理するかを規定する枠組を規定している。
rdf: などではじまるタグなどが、それを利用しているのではないかと思われる。

  • IEにおける、innerText, innerHTMLなどの属性名は、現在のところはW3Cで規定された標準ではない。

CGI

http://www.muryo-counter.com/ →PHP+MySQLの高速カウンター

CGI/1.1 http://hoohoo.ncsa.uiuc.edu/cgi/overview.html →hoohoo、まだあるなー。

http://archive.ncsa.uiuc.edu/SDG/Software/Mosaic/Docs/fill-out-forms/overview.html→Mosaic for X 2.0 にて導入された規格である。

PlexusというPerlのhttpdがあった。httpdがスクリプトでかかれているので、
その場合はサーバを比較的簡単にかきかえることができた。
CGI登場以前は、Plexusを用いてサーバ上の動的プログラム実行の実験を行っていた。

http://www.w3.org/CGI/ →W3CにおけるCGIの規定

http://cgi-spec.golux.com/cgi-120-00a.html CGI/1.2の策定を試みたが、stallしていると。

http://www.w3.org/OOP/ →Object Technology and the Web

http://www.w3.org/Protocols/HTTP-NG/Activity.html HTTP-NG

http://www.w3.org/Talks/1998/06/HTTPNG-WAP-Comparison/ HTTP-NG & WAP Proxies are Good - Gateways are Bad 6/17/98

http://www.w3.org/Talks/1998/04/WWW7-HTTP-NG/
http://www.w3.org/OOP/

WebMUX

●●http://www2.rosenet.ne.jp/~jigsaw/W3C/HTTP/Overview.html

http://www.nishimoto-site.net/archiver/ML/php-ML/199901/msg00021.html

BEEP

  • この関連プロジェクトがもっとも本プロジェクトへ関係が深いものである。

HTTPへの再検討。HTTPの再実装ではなく、その良い部分を保持したまま複数の要求をみたすプロトコルを可能とする枠組(フレームワーク)の提示を行っている。
SMTP, FTP, HTTPなどにおいて、接続、メッセージの交換、要求/返答モデル、認証などが、それぞれまったく異なる方式を用いている。
それらにおける様々に異なった要求を、一つのシンプルな枠組で行えるようなシステムを提唱している。

REST

Roy Fieldingの提唱したモデル。非常に重要である。

HTTP Asynchronous Client Notifications http://www.clipcode.com/peer/http_async_notif.htm

describes how HTTP can handle client notifications (i.e. the server is
the initiator of a message exchange). HTTP does not directly support
such a concept, but there are workarounds, which are discussed
here. Each involves compromises, use of additional resources or other
issues. In contrast, as BEEP is peer-to-peer, either peer can initiate
a message exchange as a natural part of BEEP.

Clinet Notification model

実際にBEEPを元に、Clientへのnotificationを検討する。人がいる。


http://slashdot.jp/comments.pl?sid=86863

#と思ったら、高林さんと増井さんがいない???


http://www.kazuipress.com/doitu-nikki/doitu-fr.html

文字は白い紙の上に黒く印刷されるものですが、二人とも黒い部分はほとんど 見ていません。白い部分の形の善し悪しで判断しているのがよくわかる。

http://www.adobe.com/type/browser/P/P_041.jhtml Stone Sans, by Sumner Stone
http://www.myfonts.com/browse/person/stone/sumner/ ITC Stone Sans
http://www.apple.co.jp/macosx/features/font.html

  • どっちもMatthew Carter

AXISフォントは、欧文のフォントがよくできている。その欧文と日本語文字との
バランスが始めから計算されているため、非常につかいやすい。

http://www.linkclub.or.jp/~typelabo/

http://www.linkclub.or.jp/~typelabo/randomwaku.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4079242603/etocom05-22 じょうずなワニのつかまえ方
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594026346/etocom05-22 じょうずなワニのつかまえ方文庫本

XP

以前、Kent Beckの話を聞いて、始めて気付いたことがある。
偉い管理者がいて、その下にプログラマーがいる。管理者の言う無理難題をプログラマーが聞かなくちゃいけない。
これが一般的だと思う。しかしカルフォルニアにはこの逆のモデルもある。なんでもできるスーパープログラマーがいて、
その人を頼りにプロジェクトが進められる。なので管理者はそのスーパープログラマーの言うことを聞かないとけない。
とはいえそのスーパープログラマーは技術的にはすごいかもしれないが、顧客が何を望んでいるかはわからない。
そのようなことを聞かないで、技術的にはすぐれたものという観点からつっぱしってしまう。
(そして実際のところ、Kent Beck自身は、そのスーパープログラマーに相当する人物だったと。)
この両者のどちらも不幸な状況であることは明かだろう。そこでXPを導入しようと。

しかし、私はその後者の状況がありうるということを、Kent Beckの話を聞いて始めて知った。
私の知っている限り、日本には前者の状況しかないんじゃないだろうか。
カルフォルニアの状況の場合は、管理者が偉い場合もありうるし、プログラマーが偉い場合もありうる。
なので双方が歩みよりをすることによって、双方にとってより良い選択肢を選ぶことができる。
しかし日本の現状の場合、プログラマーのほうが偉い状況というのがほとんどまったく無い。
そのような状況では、そもそも歩みよりをしようという意志は存在しない。その前提条件が無いのだ。
なので、XPを導入するということは、管理者からしてみれば管理権限を手放すことにしかならない。
そのような状況でXPを導入するということは、そもそも可能なのだろうか?

OLE/COM Viewで、InternetExplorer関連の情報を入手。

→Object Classes→All Objects→Internet Explorer(Ver 1.0)

ここに必要な情報がある。

  • CLSID 0002DF01-0000-0000-C000-000000000046
LocalServer32 = "C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe"
ProgID = InternetExplorer.Application.1
VersionIndependentProgID = InternetExplorer.Application
  • TypeLib
1.1 = Microsoft Internet Controls
win32 = C:\WINDOWS\System32\shdocvw.dll
FLAGS = 0
HELPDIR = C:\WINDOWS\System32
  • Interfaces

IClientSecurity
IConnectionPointContainer
IDispatch
IHinkFrame
IMarshal
IMultiQI
IOleCommandTarget
IServiceProvider
ITargetFrame
ITargetFrame2
ITargetFramePriv
ITargetNotify
IUnknown
IUrlHistoryNotify
IWebBrowser
IWebBrowser2
IWebBrowserApp

  • Interfaces→IWebBrowser (他、IWebBrowser2, IWebBrowserApp)

ole2disp.dll
oleaut32.dll
shdocvw.dll

4/5土-9/28日 10:00-21:00 ヒロ・ヤマガタとNASAの世界

@【第一会場】大さん橋国際客船ターミナル 大さん橋ホール
@【第二会場】みなとみらい21新港地区3街区 象の鼻パーク予定地
http://www.art-and-space.com/
http://omolo.com/news/
http://homepage.mac.com/tokyo_ouja/index.html#20030414


http://www2.ocn.ne.jp/~g-compri/
http://club.pep.ne.jp/~takemuras/seigaifu/japanese.htm
http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/~yamamoto/Hasumi/hasumi.html 蓮実フィルター。中途半端。
http://www.gihyo.co.jp/book/2003/234071/support/CSSdesign/samples/109.css CSSでデザインしてみよう。

WebObjects http://www.apple.co.jp/webobjects/

http://developer.apple.com/ja/webobjects/

WebObjects 無償 トライアル版

https://www.event21.ne.jp/apple/webobjects.html
Power Mac G4 + Apple Studio Display、Mac OS X + WebObjects 5.2 + OpenBase 7
http://developer.apple.com/ja/membership/online.html →Online無償登録

WebObjectsの説明ビデオをみる。うーん、わかったような、わからないような。

  • EOF(Enterprise Objects Framework) と WOF(WebObjects Framework)
  • Business Logic, (Customer, Products), (Project, Task) と Application Logic
  • つまり、SQLとHTMLの間をきれいにつなげるぞと。両方ともレガシーだよなー。
  • Project Builder、EO Modeler、WebObjects Builder
  • Scalability、Managing Complex Deployment、などなど

ADC

ADC Premier Membership US$3,500
Worldwide Developers Conference 2003 Getting Started Bundle US$1,695
ADC Select Membership US$500
ADC Student Membership Gift Certificate US$99

重点分野推進戦略専門調査会 情報通信研究開発推進プロジェクト

http://www8.cao.go.jp/cstp/project/infor/index.htm
http://www8.cao.go.jp/cstp/project/infor/members_14.htm
池上 徹彦         会津大学学長

ソフトウェアは芸術大学方式にやらないと人が育たないのではないか、

http://www8.cao.go.jp/cstp/project/infor/14_siryou/dai2kai/8.pdf →セマンティックWebとWebサービスの現状とこれから

http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003917/ e-Lifeイニシアティブ

(2)具体的行動計画

  • 行動T:技術の共通化・標準化の推進                  19

政府と民間が一体となって、機器間の相互接続性や運用性の共通化・標準化を推進

イ 今後、標準として推進されるべき事項   20

(a)家庭内における情報家電の基本構造(情報家電システムの通信方式、データ形式)
(b)情報家電のプラットフォーム

  • 特定のCPUに依存しないオープンな組込OS(Linux、TRON等)が有意な選択肢
  • APIのオープン化やミドルウェアの共通化を推進

ロ.3年後(2005年)までに共通化・標準化を達成すべき最優先事項22

  • 共通化・標準化すべき28項目のなかで特に、最優先で共通化・標準化を進めるべき

課題として、ユーザの認証方式、課金決済方法、セキュリティ、著作権管理等9項目
をリストアップ

ハ.5年後(2007年)までに共通化・標準化を達成すべき最優先事項26

A行動U:実証試験を通じた普及の促進26

社会的慣行や制度的問題等から容易に普及が見込めない利用形態につき有効性を実証
イ.柔軟な職務環境、コミュニティ参加 ロ.コンテンツサービス
ハ.健康・医療            ニ.無線タグを用いた製品情報提供
ホ.ユーザインターフェイス
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003929/ 「情報セキュリティプロフェッショナル育成」について
http://www.meti.go.jp/report/data/g30411aj.html 〜e-Lifeイニシアティブ〜
http://www.meti.go.jp/information/data/c30410cj.html コンテンツ産業の国際展開等に係る外部効果に関する調査

WebObjects

米国アップル社上級副社長アバディス・テバニアン, Avie Tevanian

http://www.microsoft.com/japan/presspass/trial/102998_doj_partial_response.htm
http://www.geocities.com/SiliconValley/Grid/1257/0005/000515_wwdc-keynote.html

http://ascii24.com/news/i/keyp/article/1999/03/25/616095-000.html

  • 分散オブジェクトに対する懐疑を唱えている。

http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/jp/TidBITS-jp-584.html

http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/jp/TidBITS-jp-585.html →MacHack大会の記録など

WebObjects に関する Jonathan Rentzsch 氏の概観。礼讃である。

Thunder Birds http://www3.nhk.or.jp/kaigai/thunderbirds/index.html

教育テレビ・毎週日曜日 午後7:00〜7:25
4月13日(日)後7:00   第1話 SOS原子旅客機(TRAPPED IN THE SKY)<前編>
4月20日(日)後7:00   第2話 SOS原子旅客機(TRAPPED IN THE SKY)<後編>
4月27日(日)後7:00  第3話 ジェット“モグラ号”の活躍(PIT OF PERIL)<前編>
5月 4日(日)後7:00  第4話 ジェット“モグラ号”の活躍(PIT OF PERIL)<後編>

アレですよ、アレ

XPointer

http://www.doraneko.org/xml/xpointer/WD980303.html

  • XPointerはXML文章中の任意の位置を指定することができる形式である。

もっとも頑強なロケータは,たいていはIDのみを用いたものであり, IDを実際にもっている直近の包含側エレメントを指し示し,そこから childロケーションタームを用いてエレメント樹を下っていくロケータが,好まれるロケータである。

http://www.atmarkit.co.jp/fxml/index.html
http://www.w3.org/TR/2003/WD-webarch-20030326/
Architecture of the World Wide Web, W3C Working Draft 26 March 2003
http://www.atmarkit.co.jp/fxml/column/w3c200112/200112.html
Annotea: An Open RDF Infrastructure for Shared Web Annotations


RSS http://www.net.intap.or.jp/INTAP/s-web/data/TR/1-2.html
http://www.w3.org/Metadata/Activity

<RDF xmlns="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"

    xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">

<Description about="http://www.w3.org/Press/99Folio.pdf">
<dc:title>The W3C Folio 1999</dc:title>
<dc:creator>W3C Communications Team</dc:creator>
<dc:date>1999-03-10</dc:date>
<dc:subject>Web development, World Wide Web
Consortium, Interoperability of the Web</dc:subject>
</Description>
</RDF>

http://dublincore.org/
http://purl.org/dc
http://purl.org/

http://www.net.intap.or.jp/INTAP/s-web/data/TR/rdf-survey.pdf
RDFはあまり使われていないことがわかったと。もうアホかと。バカかと。
http://www.net.intap.or.jp/INTAP/s-web/data/TR/foaf.pdf
これって4月1日に公開された文章なんですか?

http://www.net.intap.or.jp/INTAP/s-web/data/13-semanticweb-report.pdf
この中で、第一世代Webという言葉を使っているが、
私の分類とはまったく意味が異なっている。
ここでは、第一世代Webが現在のWebで、第二世代WebがセマンティックWebであるという区分である。

リソースを公開する人が、それにメタデータを付与する努力をする必要がある。
しかしその努力の見返りに、その人はどんな利益を受けられるのだろうか。
この質問に答えられなければ、メタデータをつけようとする人がいないことは自明である。

例えばAmazonのページには、書名、著者名、金額がかいてある。そのそれぞれの要素は
テキストとして記述されているのみであるから、そのテキストが書名なのか著者名なのかは
機械可読な方法で認識することができない。たしかにそれが機械可読な方式になると、
それはそれでうれしいだろう。しかし、だれにとって?
そこにメタデータを付与するのはだれが行うの?
あきらかに、作業を行う人と、受益者とがずれている。

Amazonは、そのページを人間が読んで、その結果その本を買ってくれるとうれしいのである。
しかし機械可読にすればそれを読むのは機械なのであるが、機械は本を買わない。
おおまかにここで複数の本屋が機械可読なメタデータを付与するとしたとするとどうなるのかというと、
おそらく複数の本屋においてその本がいくらかというデータが集められるのだろう。
そしてその中で一番安い本屋が選ばれ、そこで発注されるのだろう。

しかし一体なんだってこんなことするんだい?
わざわざ値段を機械可読な状態にしたばっかりに、他の本屋と自動的に比較されるようになっちゃって、
そしてほんの少しでも安いほうが選ばれてしまう。サービスの質なんか関係なく。
機械はページのデザインなんか気にしないし、新しい本をおすすめされても無視してしまう。
本屋にしてみれば、そこでなんとなく雰囲気でその本を買ってくれたりとか、
その本だけじゃなくてついでに他の本も買ってくれたりしてくれるとうれしいわけである。
機械にはそんな機微はあったもんじゃない。

セマンティックWebという名前でひとくくりにされているいくつもの取組みのかなりの部分は、
まったくもって前提条件が間違っているのである。
技術とはなにか、技術の生命力はどこからやってくるのか、それをまったく理解できていない。
その技術によってうれしくなる人がいて、それがその技術に生命力を与えているのである。
ここで与えようとしている価値はいったいなんなのか。
それがはっきりとわからなければ、絶対に離陸しない。

4/13日 14:00- E.A.T.が残したもの @ICC

5/25日 15:00- 16:30- レインフォレストIV @スパイラル

椅子

  • INTER-DECOR社の HIGH FRAME アームレス ¥49、000
  • 白のメッシュでなくて、黒メッシュのほうが引き締まるかも

INTER-DECOR

http://www.mars.dti.ne.jp/~toyosima/links/banner/cassina/shopinfo.html

http://www.japandesign.ne.jp/HTM/D-SPACE/MAP/ デザイナーマップ

INTER-DECOR HIGH FRAME アームレス

http://www.kagu.ne.jp/kagu/kagu2.html

http://www.axis-inc.co.jp/ds/ds_chr01.html

Alberto Meda HIGH FRAME
INTER-DECOR

http://www.albertomeda.com/products/home.html

http://www.designzine.com/2000_07_16/html/articles/articleFrameFrame.html
Floating frame designed by Alberto Meda

http://sunsetsettings.com/furniture/furniture_alias_dining.html

http://www.matisse.co.nz/template_P1.phtml?code=879&type=D&posn=1&ccode=D_1000

"Big frame" alias

http://www.m2lcollection.com/loft/loft_chairs.html $395。うーん。

"Alberto Meda" "Big frame"
http://www.euromobilia.net/disenadores.shtml
http://www.design-conscious.co.uk/mall/designconscious/topic/topic-15067-1.stm

http://www.arkitekturmuseet.se:16080/bus/stolen_idag/stol7.html

http://www.area.progetto-ed.it/ar35/l/l1.htm
"Alberto Meda" frame
http://www.kantoff.be/producten/alias/alias1.html
http://www.eye-ear.com/eealia01.htm
http://www.ambiencedore.com/collection/collection_vitra_seating.html

http://www.arkitekturmuseet.se:16080/bus/stolen_idag/stol7.html

http://www.eye-ear.com/eealia01.htm

http://www.scandex.co.jp/stokke/products/wing_index.html ストッケ・ウイング。85,000円。いいなぁ。

http://www.scandex.co.jp/stokke/products/move_index.html

ストッケ ウイング

http://www.a-w.co.jp/CATALOG/ 椅子のカタログ

アーロン

http://www.furniture-direct.co.jp/aeron.html
http://www.furniture-direct.co.jp/vess/index.html VESS Chair
http://www.businessseating.com/

REST architecture style

Fielding, Roy Thomas. Architectural Styles and the Design of Network-based Software Architectures. Doctoral dissertation, University of California, Irvine, 2000.

Fielding, Roy Thomas. Architectural Styles Design Network-based Software Architectures. Doctoral dissertation, University California, Irvine, 2000.

http://www.ebuilt.com/fielding/
http://internet.conveyor.com/RESTwiki/moin.cgi

REST architectural style

RESTwiki

http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-dev/19055
http://webservices.xml.com/pub/a/ws/2002/02/20/rest.html
http://www.atransia.co.jp/home/ZenKai/Members/kafka/News/1035964370/view

●●●●http://www.ibm.com/jp/developerworks/xml/020301/j_x-beep.html

XMLの動向を観察する: BEEPの概観

IETFのプロトコル規格Blocks Extensible Exchange Protocolの紹介: 第1回

Edd Dumbill (edd@xml.com) Editor and publisher, xmlhack.com 2001年12月
BEEP -- Blocks Extensible Exchange Protocol --

  • HTTPを分散アプリケーション接続のために再利用する方法。

CORBA/IIOP, SOAP, XML-RPCなどと、どこが違うのか?
競合するものではなく補完するものである。

  • まずクライアント・サーバモデルではない。ピア・ツー・ピアモデルである。

通信を始めようというリクエストを出したものを、イニシエイター、
その通信を受け取るものをリスナーと呼ぶ。

  • そのイニシエイター、リスナー間では最初にどのような通信が可能かの

プロファイル交換を行う。そのプロファイルはXMLのDTDにより定義されている。

  • REST BEEP XML

http://www.ibm.com/jp/developerworks/xml/020531/j_x-beep2.html 2002年3月

RFC 3081

http://www.w3.org/protocols/http/Issues/http-wg.html
http://www.dais.is.tohoku.ac.jp/logs/agentgripes.html
http://www.beepcore.org/ beepcore.org framework for building new protocols
http://www.knownow.com/ knownow.com two-way version of HTTP
2002年 3月1日に、Microsoft社がXMLのセキュリティ・プロトコルとして提唱
RFC3080 RFC3081 DIME(Direct Internet Message Encapsulation)01
http://www.ietf.org/internet-drafts/draft-nielsen-dime-01.txt
http://www.faqs.org/rfcs/rfc3080.html
http://www.faqs.org/rfcs/rfc3081.html
http://rfc-jp.nic.ad.jp/oldtopics/200103.html
http://www.faqs.org/ftp/rfc/pdf/rfc3080.txt.pdf RFC3080 The Blocks Extensible Exchange Protocol Core
http://www.faqs.org/ftp/rfc/pdf/rfc3081.txt.pdf RFC3081 Mapping the BEEP Core onto TCP
http://sourceforge.net/projects/beepcore-java Java BEEP Core
http://tmasada1.hp.infoseek.co.jp/xml/JxtaProtocols06.html JXTA protocol翻訳
http://www.sourceforge.net/projects/beepcore-ruby BEEP Core Ruby

http://beepcore.org/beepcore/docs/beep-design.jsp BEEP Core

  • BEEP Desinについての考えがのべられている。非常に参考になる。
  • IPPを例にとる。プリンターからクライアントへ印刷が終ったという状態をどう渡すのか?

IPPは基盤としてHTTPを使っているため、クライアントから聞かれない限り、クライアントへサーバの状態を通知できない。


beepcore-ruby

●●HTTP Asynchronous Client Notifications http://www.clipcode.com/peer/http_async_notif.htm

●●考えてることがすげー近いな。

●●http://lists.w3.org/Archives/Public/xml-dist-app/2001Apr/0132.html

  • このメーリングリストで様々な議論がなされている。ちょっとフレームっぽくなっている。

http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/http/hypermail/1999/0139.html

  • ここでもまったく同じような疑問をもち、議論をはじめようとしている人がいたようである。

http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/http/hypermail/1999/0148.html

  • 近いメカニズムを提案した人がいる。

Klaus H. Wolf (wolf@informatik.uni-ulm.de) Tue, 22 Jun 1999 17:56:57 +0200
I am working in the Internet Presence and Instant Messages field. As you know, presence needs asynchonous notifications as well.
We are using a protocol for 2 years now which does:
1) subscriptions from client to server
2) notifications from server to client w/o open connection
3) if 2) is not possible, it uses a Unix-select-like mechanism thru HTTP

  with open connection. Notifications travel from server to client while 
  TCP connections are established from client to sever. 

draft-wolf-vpp-01.txt http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/http/draft-wolf-http-select-00.txt

Experiences with HTTP-SELECT and Asynchronous Updates、draft-wolf-http-select-00.txt、June 1999

Search for NOTIFY and SELECT.
University of Ulm Cobrow: http://www.cobrow.com/
89069 Ulm, Germany Live: http://www.cobrow.com/pages/people/wolf.html

http://www.cobrow.com/ →街角で人と出会う。

実際にアプリをフリーでくばっていた。しかし、別ウィンドウで情報がひらくというのは欠点である。

Klaus H. Wolf http://portal.acm.org/citation.cfm?id=215109&dl=ACM&coll=portal&CFID=11111111&CFTOKEN=2222222

  • 結果としてはだめっぽいのであった。

http://www.gonze.com/http-notifications.html


http://www.oreillynet.com/pub/wlg/3005
REST vs. SOAP at Amazon、Tim O'Reilly、Apr. 03, 2003 05:44 PM

http://groups.yahoo.com/group/rest-discuss/ →ML

http://www.w3.org/TR/WD-proxy →Proxy cacheへのNotification

http://www.ibm.com/jp/developerworks/xml/020531/j_x-beep2.html

●●http://www.thetwowayweb.com/soapmeetsrss

●●http://manila.userland.com/

  • グループウェアで、Notificationを行うものがあるのか?

http://www1.neweb.ne.jp/wa/yamdas/column/technique/sensor2.html →IPv6を待ちながら。
http://djbdns.qmail.jp/djbdns/ipv6mess.html →djbによるIPv6批判。
http://www.csl.sony.co.jp/~kjc/papers/e2e_and_ipv6.html

●●http://www.gonze.com/http-notifications.html

Marshall T. Rose

http://www.ia.inf.shizuoka.ac.jp/~sugi/mmsys/ppt/session/mmsys_pre1.ppt
http://www.oreillynet.com/cs/catalog/view/au/831

http://www.oreilly.com/catalog/beep

Hyperthreading http://www.dj.st44.arena.ne.jp/xwin2/mainhtml/kanto/hyprthrdtec.html

  • PAUSEという命令を新設。OS側での対処が必要である。

ブロードバンドでラーメン屋サイトに意味があるや無しや

Webページではラーメン情報というのは人気である。
その人気に乗じてかどうかは知らないが、ブロードバンドでラーメンサイトをやろうとしている。
しかしそれがブロードバンドである意味があるのか無いのか。
そもそもラーメン屋のWebページを見ていてそれなりに面白そうと思えるのは、
もしかしたら行くかもしれない圏内のラーメン屋の情報である。
おおまかには自分の行動範囲、自分が住むところ、職場、その中間、よく遊びにいく街、
あともしかしたら行くかもしれない地方、である。

例えばあなたが東京に住んでいたとして、福岡のラーメン屋さん情報のWebページを真剣に見るか?
もし福岡に出張に行く直前であれば見るだろう。それ以外では見ない。
もしかしたら行く可能性があるからこそ、新宿や渋谷や青山やそういったところの情報を
真剣に見るのである。つまり、どこに行くかという選択を成す上での情報を入手するためである。

さてブロードバンドだとこの構造が変わるか。変わるわけがない。
ラーメンの画像が美しくなることに意味があるか。あるわけがない。
食べてなんぼのものに対して見た目の情報量がいくら増えたところで意味がない。
もしかしたら行くかもしれないいくつかの場所のうちの、どこに行くのかを決定するための
情報を求めているのである。それには見た目ではなく、少しでも多くの、実際に食べた人の
忌憚の無い意見を求めているのである。
スポンサーのついたWebサイトは否定的意見が書けないという意味で、価値があろうはずがない。
http://www.zdnet.co.jp/broadband/0304/07/lp08.html
http://www.ramen-nippon.net/
って、なんでそんなに怒ってるの?

白山ラーメン

http://www1.ttcn.ne.jp/~xxx/ramen26.htm
東京都文京区白山4-37-26 都営地下鉄三田線「千石駅」駅歩5分
21:00〜28:00 定休日 日・祝日 090-3337-9044 店主 市邨 純 開店 1985年
http://www3.airnet.ne.jp/gori/noodle/shop/032_hakusan.htm
http://homepage2.nifty.com/natural2/hakusan.htm

http://homepage2.nifty.com/sugamomap/contents/hakusan.html

  • ダメという人もあり。

千石自慢ラーメン 気合ラーメン のほうがよい。
http://homepage2.nifty.com/sugamomap/contents/kiai.html

気合ラーメン

http://lee1.en.a.u-tokyo.ac.jp/makiyama/mitasen.htm

http://www.tmcreate.com/so-tasty/tantan/tanshop/sengoku.html#kiai
http://www.hyasynth.com/diary.htm →最近おいしくなったらしい。

http://plaza25.mbn.or.jp/~girasolazulado/diary200210.htm

「千石自慢ラーメン」「白山ラーメン」「気合ラーメン」
西片交差点の「まるきんラーメン」「ネギいっぱいラーメン」(750円)

まるきんラーメン

Web Community Chart http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/~toyoda/WWW10/poster/toyoda-poster.html

豊田 正史 http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/~toyoda/

  • slの作者。

http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/~toyoda/memo.html →ズムズムズームの感想、二つの塔の感想など。

25

cnetのRDF http://japan.cnet.com/rss/index.rdf


http://home2.highway.ne.jp/mutoh/tools/index_ja.html
http://www.blue.sky.or.jp/atelier/
http://www.rsch.tuis.ac.jp/~ohmi/ruby/cgi2.html 例題としてのアクセスカウンタ

http://www.yggdrasil.jp/a_count.html

http://www.yggdrasil.jp/ →たしかにここのアクセスカウンタはいいかんじにアップしていく。

http://www1.edonagasaki.ne.jp/countsmp.html →WWWCountを使用していますよと。

うーむ。うげーって感じだなぁ。

Ruby WiKi

http://c2.com/cgi/wiki?WikiWikiClones

http://divip.sourceforge.jp/ →WebとMessangerの接続。
TiKi http://www.todo.org/
WiLiKi http://shiro.dreamhost.com/scheme/wiliki/wiliki.cgi

RSS, RDFというフォーマットそれ自体はすでに広まっており、実効性が高いことが感じられる。

http://www1.neweb.ne.jp/wa/yamdas/column/technique/ow_rssj.html →RSSはすばらしいぞと。

http://www.oreillynet.com/pub/wlg/2360 →Webサービスについて →eBay, PayPal, FedEx, MapQuest, Yahoo, RSS

  • RSS フィードはウェブが土台とする REST アーキテクチャスタイルの原理に特に適している。
  • REST アーキテクチャスタイルの原理ってなんぞや?

http://www.oreillynet.com/pub/wlg/2967

the principles of the REST architectural style

Representational State Transfer

http://www.ics.uci.edu/~fielding/pubs/dissertation/conclusions.htm

制約を、コネクターセマンティクスに置くことが重要。他のスタイルは、コンポーネントセマンティクスに焦点をあてている。
RESTだと、キャッシュできる、インタラクションを再利用できる、コンポーネントの動的置き換えが可能、
解釈による行動の処理が可能、インターネットスケールでの分散ハイパーメディアが可能となる。
The following contributions to the field of Information and Computer Science have been made as part of this dissertation

http://www.ics.uci.edu/~fielding/ →Roy T. Fielding

●●●●●●●●●http://www.ics.uci.edu/~fielding/pubs/dissertation/top.htm

  • Apache, libwwwの作者による、URI, HTTPなどの構成について書いた文章。
  • 極めて重要な論文である。HTTP/1.0, HTTP1.1の仕様策定を行った人物による論文。

clinet serverモデルというもっとも基本的な接続から、client proxy server,
client server server, client cache server, などなどの個別の接続について議論、
また event based interfaceなど、分析の舞台にのぼっている。

RESTアーキテクチャってなんなのよ?

  • Stateless
  • Cache
  • Uniform Interface
  • Layerd System
  • Code on Demand

Webアプリケーションなど。

http://rwiki.jin.gr.jp/cgi-bin/rw-cgi.rb?cmd=view;name=Web%A5%A2%A5%D7%A5%EA%A5%B1%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A5%D5%A5%EC%A1%BC%A5%E0%A5%EF%A1%BC%A5%AF
http://beta4.com/iowa/ →htmlのidを使う
http://www.webrick.org/
http://raa.ruby-lang.org/list.rhtml?name=timeoutx


http://rwiki.jin.gr.jp/cgi-bin/rw-cgi.rb?cmd=view;name=%C6%FC%CB%DC%C8%AF%A4%CE+wiki+%A5%AF%A5%ED%A1%BC%A5%F3%A5%EA%A5%B9%A5%C8 日本発の wiki クローンリスト


http://www1.neweb.ne.jp/wa/yamdas/column/technique/clonelist2.html
http://www.brain-tokyo.jp/research/amrita/index_ja.html amrita →html/xmlテンプレートライブラリ

http://www.brain-tokyo.jp/research/amrita/rdocs/files/README_ja.html

  • idを用いて指定する。

http://member.nifty.ne.jp/alisato/ndiary/ nDiary

http://member.nifty.ne.jp/alisato/ndiary/s1_diary/s1_index.htm

●とか■とかを使って指定する。


http://mytown.asahi.com/tokyo/kikaku_itiran.asp 松葉一清のTokyoエッジ →建築


http://www.basicmagazine.net/ ベーマガ。お疲れ様でした。


http://www.asahi.com/special/sars/
http://www.san-m.co.jp/ サンエムパッケージ。マスク。
http://www.nonwovens.co.jp/


http://www.daionet.gr.jp/~masa/rthdribl/index.html きらきらレンダリング。
http://www.codeguru.com/opengl/opengl_pick.html ピッキング
http://tip.shadowpenguin.org/tcpip/ ネットワーク初心者のためのTCP/IP入門

link rel Index Contents Next Prev StyleSheet Appendix Alternate

http://selfhtml-jp.teamone.de/html/kopfdaten/beziehungen.htm

<link rel="fontdef" src="http://www.meine.com/fonts/chianti.pfr">
これで chianti.pfr という名前のフォントを組み込みます。このテーマに関しては ダウンロードできる文字という章に詳しいことが載っています。

http://east.portland.ne.jp/~sigekazu/css/dom.htm

link rel Index Contents Next Prev StyleSheet Appendix Alternate fontdef

●●http://www.bauser.com/websnob/html4/relationships.html

●●http://www.bauser.com/websnob/html4/relationships.html#reply

●●http://radio.userland.com/radioMacrosHeadLinks

<%radio.macros.headLinks ()%>
とかいれると、そのマクロを展開してくれますと。
blogroll
<link rel="blogroll" type="text/x-opml" title="Blogroll" href="http://radio.weblogs.com/gems/blogroll.xml">

●RSS http://www.ietf.org/internet-drafts/draft-nottingham-rss-media-type-00.txt

http://www.excite.co.jp/world/url/body?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.w3.org%2FDesignIssues%2FLinkTypes.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=2

Linkがタイプ付けされるべきだろうかという議論に対してのTBLのコメント。

Stylesheet P3Pv1

http://ftp.ics.uci.edu/pub/ietf/html/draft-ietf-html-relrev-00.txt

  • まったくもってどうしょうもなくていいかんじだ。

つまり、rel revとかの指定する方法をいろいろ拡張できるよね、という提案なのだが、
実際のところの現実性とはまったく遊離して、意味がなくなっている。

fontdef Stylesheet annotation

Murray Maloney Quinn Ron "Quinn" Straight
"Murray Maloney" Ron Quinn Straight
Murray Maloney and Liam Quinn

Ron "Quinn" Straight http://www.vv.com/~quinn/

LambdaMOO: telnet://lambda.moo.mud.org:7777/
Ghostwheel: http://fazigu.org/~quinn/ghost/
Netsville MOO: http://netsville.com/moo/

●●http://www.w3.org/Conferences/WWW4/bofs/link-bof.html

WWW4 BOF Link Relationship Model and Syntax

  • なーるほどね。つまりそこではちゃんと議論されてたってわけだ。

http://ksi.cpsc.ucalgary.ca/archives/WWW-TALK/www-talk-1995q3/0049.html →linkについての議論

XMLSocket通信

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812520746/etocom05-22 白井 義徳「ストーリーでわかる!Flash XML Socket―チャットルーム作成プロジェクト」DAI‐X出版

http://faces.bascule.co.jp/bbs/index.php?offset=10 →Flash Communication Server

●●http://faces.bascule.co.jp/tutorial/ →XMLSocketの使い方の親切丁寧な説明

  • C:\faces>java jp.faces.FacesServer 8080
  • mySocket.connect("localhost", 8080);
  • XMLメッセージは、全二重TCP/IPストリームソケット接続を介して送られます。
  • 各XMLメッセージは、ゼロバイトで終了された完全なXMLドキュメントです。
  • 無数のXMLメッセージは、1つのXMLSocket接続を介して送受信することができます。

メソッド: close, connect, send, // onClose, onConnect, onXML, (onData未公開仕様)

FACEsプロトコル(version 0.1.6)について http://faces.bascule.co.jp/protocol.php

<CHAT message="aaaaa"/>
というだけのメッセージでも、ちゃんとしたXML文章なのですよと。ふむふむ。

クライアントからサーバに送るもの--QN,QR,QE,QF,QS,QT,QER サーバからクライアントに送るもの--N,R,SERVERMSG,S,T,ER,D save,key,self,to

http://www.macromedia.com/jp/devnet/mx/flashcom/articles/bascule.html →マルチプレイヤーだるまさんがころんだ

よく考えたらこういう共有空間物って、たくさんあったねー。

Flashを使うのであれば、こういうFlash Communication Serverが使えると。

Javaを使うのであれば、Java MultiPlayerなんとかだっけ? が使えますよと。

ということで、HTMLでの表示、Webへの融合にこだわらないのであれば、すでにたくさんの共有空間構築環境はでそろっていて、

Flash, Java, VRML?, Web3D? などの環境を使って世界を作れますよと。

しかし、それじゃ全然だめなのだ。すんごく全然だめだってことを、私はよく知っているのだ。

●Macromedia Communication Server http://www.macromedia.com/support/flashcom/ts/documents/presalesfaq.htm

  • ヴィデオchatができるようになった。HTTPトンネリングを定義したので、firewall, proxyを通過するようになった。

http://pack.soksok.jp/y/.x367/

This is project page for the AMF - PHP project, aka Flash Remoting for PHP.

http://www.kcat.zaq.ne.jp/takao/

http://www.kcat.zaq.ne.jp/takao/diary/diary.200211.html

●WhiteDog http://untrod.keihanna.ne.jp/whitedog/index.html

●オブジェクト共有モデル http://untrod.keihanna.ne.jp/whitedog/aspect.html

●●アスペクト指向ネットワークプログラミング http://untrod.keihanna.ne.jp/whitedog/aspect.html →オブジェクト共有モデル

ソケット処理、スレッド処理、捉えた操作のエンコーディングと送信、メッセージの受信とデコーディング、ディスパッチを行います。 オブジェクト共有システムでは、これらの処理を自動化します。

http://www.absoluteright.net/diary/2002/06/

http://www.microsoft.com/japan/developer/library/default.asp?URL=/japan/developer/library/jpisdk/dhtml/references/objects/objects.htm

innerHTML innerText outerHTML outerText

イベントモデルは? サーバからのイベント発生は?

●関連してきそうなもの。

Flash COmmunication Server ●Java Communication Server

●Microsoft の DHTML Data Binding. ●あとは?

http://www.microsoft.com/japan/developer/library/jpisdk/dhtml/references/events/ondataavailable.htm
http://www.microsoft.com/japan/developer/library/jpisdk/dhtml/doc_object/xframe_scripting_security.htm#dom_security フレーム間のスクリプト記述とセキュリティ
http://www.microsoft.com/japan/developer/library/jpisdk/scriptlets/scrlt.htm スクリプトレット

XMLSocket

http://noa.sipeb.aoyama.ac.jp/whiteboard/whiteboard.pdf

インターネット環境での複数ソフトウェア間コミュニ ケーションを実現するための

枠組みに関する研究 1 国際政治経済学研究科国際コミュニケーション専攻 五十嵐浩隆 2000 ...
noa.sipeb.aoyama.ac.jp/whiteboard/whiteboard.pdf - Similar pages

●黒板アーキテクチャ

マルチエージェントシステムの枠組。Lindaみたいなもの?

Last modified: 2006-09-05