ポモドーロ・テクニックのエッセンスのまとめ

ステージ

  • プランニング
  • トラッキング
  • レコーディング
  • プロセッシング
  • ビジュアライズ

3枚の紙

  • ToDo Today
  • Activity Inventory
  • Records

Activity Inventory=アクティビティ在庫シートの記入方法

  • 5分でやることを記述していく。
  • やるべきことではなく、作業が完了したらどのような状態になるかを書く。
  • リスト前半を何回か登場する単語にして、後半をどのような状態に到達したいかを特定するようにすると、簡単にたくさん書き出せる。

ToDo Today=今日のToDoシートを作る

  • 今日コミットメントして完了させるアクティビティのみを書く
  • 今日完成させないものは含めない。

休憩

  • 3〜5分。
  • かならず椅子を離れて2歩以上歩く。

セットブレイク

  • 4ポモドーロで15〜30分の休憩。

レコーディング

  • その日に完了したポモドーロ数を記録する。1行は1日。

外部割り込みがあったときには、

  • ToDoシートに割り込みでリクエストされたアクティビティを追加する。
  • 締め切りと計画外を意味する「u」を左に書く。
  • 現在進行中のアクティビティの横に「-」を書く。

見積り

  • 右側に4とか5とか、ポモドーロ数を書く。
  • 1以下は0とする。
  • 今日のToDoを選択するときに、0を複数まとめて1行に書く。

選択する

  • 今日のToDoシートにアクティビティを転記する。
  • 必要だと見積ったポモドーロ数だけ小さいボックス「□」を書く。
  • ポモドーロが完了するたびに、アクティビティの横に×を書いていく。→「■」にするといいかな。

再見積り

  • 予想していたポモドーロ数を使いきったときには?
  • 再見積りをして、そのポモドーロ数だけ「○」を書く。
  • それが終わったら×を書く。→「●」にしようかな。
  • それも使いきったら、「△」をかく。完了したら「▲」をかく。
  • 3回目の評価でも終わらせることができなかったら、それは失敗。
  • もっと簡単になるようにアクティビティを分割する必要がある。

レコーディング上の見積り

  • 余ったボックス数を+2など、足りなかったボックス数を-2などと書く。
  • 右端に、再見積り数を記入する。●や▲は何行あるか?

ドラム、バッファ、ロープ

  • 1日に9ポモドーロを完了できるとすると、10日分のバッファを持つとすると、
  • アクティビティ在庫シートの全合計はおよそ90になるようにする。
  • もし90を越えていたら、優先順位をつけて、90になるようにする。

適応

  • スタファンは、メールの返信に2ポモドーロを確保している。
  • 朝一番と昼食後1番のポモドーロをメール返信にしている。

優先順位決定戦

  • 面倒だけど効果的。

インボックスゼロ

  • 1. 1番上からはじめる
  • 2. 1回に1つだけ
  • 3. 何かを受信トレイに戻してはいけない。

それぞれのアクション

  • 返信に1分以下しかかからないのなら、即座にする。
    • 委任できるのであれば、すぐに委任する。
  • 時間がかかることがわかったら、アクティビティ在庫シートに追加する。
    • そのメールをアーカイブに移動する。
  • 他人に情報をもらわないとできないアクティビティは、
    • 委任されたアクティビティによく似ている。
    • 情報提供者にリクエストをおくり、アーカイブに移動する。
  • また、常にそのメールから利益を得られるかについて考える。
    • 利益が無いのであれば、即座にメールを削除する。
Last modified: 2011-04-08